株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

フィンテック関連復活の狼煙
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

フィンテック関連復活の狼煙

 昨日のNY株式市場は中古住宅指標などが好調に推移した点はプラス材料ではあったものの、原油価格の値下がりが嫌気され、下落して取引を終えました。

 本日の日本の株式市場ではこうした影響や為替が朝方からさらに円高に振れたこともあって大幅に下落をして取引を開始しましたが、前引けに賭けては為替が多少円安に戻したこともあって小幅ながら持ち直して前引けを迎えました。

 為替が円高傾向にあるがゆえに主力大型株への物色はなかなか積極的になれない中で、今朝の日経新聞1面に掲載されたビットコインをはじめとした仮想通貨を「貨幣」として認定する方針を固めたとの材料は個別材料株・テーマ株にとっては大きなプラス材料になったと考えられます。

 以前よりフィンテック関連銘柄についての解説で、通貨の多様性についての解説を行っていました。

 参考記事→「フィンテック関連銘柄、通貨の多様性」

 当時のブログでも述べていた通り、仮想通貨に対して、その存在が大きくなった、つまり人々に円やドルと同じような決済通貨としての認識が広がった以上はこのような動きとなるのは至極当然であると言えます。

 資金洗浄(マネーロンダリング)にも用いられる可能性が高くなれば、それを規制するのと引き換えに一定の地位を仮想通貨に認めていくことになるのです。

 以前からフィンテック関連銘柄については何かしらフィンテック全体に影響を及ぼすようなきっかけが何かしら必要であるということはブログで解説をしてきました。

 今回このニュースフローをきっかけに、「貨幣」として認められるビットコインを始めとした仮想通貨とは何なのか、そしてそれをどう活用すべきなのか、日本の貨幣に対する概念はどの方向に向かうのか、今一度株式市場内ではテーマとして活発化していく可能性があるでしょう。

 そうした考え方の下で、今朝方のブログでは4銘柄をご紹介し、そのうち【8732】マネーパートナーズ【3691】リアルワールドがストップ高、また【6172】メタップスも寄付き後も値を飛ばしています。

 さらにブログランキングページに掲載した銘柄についても寄付きから大幅高で高値圏もみ合いとなっています。

 同銘柄は、ビットコインの販売・取引所を運営するベンチャーと多く資本・提携関係を持ち、またブロックチェーン技術を有するOrbとも資本関係にあります。

 こうした点からも他銘柄よりも注目が集まる可能性が高いものとしてご紹介した次第です。

 そして今回は直接株価に影響を及ぼすようなビットコインの関連銘柄を取り上げたわけですが、今後これに留まらずフィンテック関連銘柄についても好影響を及ぼしていく可能性も出てくるでしょう。

 ブロックチェーン技術に関するニュースフローが矢継ぎ早に出た【3778】さくらインターネットをはじめ、邪道銘柄の【3853】インフォテリアなど、まさに数珠つなぎに物色されていくことも期待できます。

 またフィンテック関連銘柄かつ、来期業績期待も高い【8704】トレイダーズHDなどにもまた物色の矛先が向かっていくことと思います。

 市場全体があまり激しいアップダウンがなければ、という前提条件も必要な部分があるものの、今回の仮想通貨に関する話題は再びフィンテック関連銘柄が市場で活性化する1つのきっかけにもなると考えています。

株式王道会 主宰
株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



スポンサーサイト

2016/02/24(水)フィンテック関連銘柄コメント

テーマ性の高い銘柄の値動き
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

テーマ性の高い銘柄の値動き

株式王道会のメルマガは全て無料です。 ⇒ ⇒ ⇒ 無料メルマガの登録はこちら!

今日の注目銘柄は・・・? ⇒ ⇒ ⇒ 株式王道会のランキングをチェック!

昨日のNY株式市場は3連休明けとはなったものの、引き続き小動きの展開でした。

本日の日本の株式市場はこの動きを受けてやはり小動き、売買代金も膨らまない中でマザーズ指数をはじめとして中小型株・新興株がしっかりとした展開となり、やはり閑散相場では個別株がにぎわう展開となっている印象を受けます。

このまま株式市場全体としては大きく動くことなく大納会・大発会を迎える可能性が高いですが、引き続き個別材料株は個人投資家主導で激しく動くこととは思います。

このところフィンテック関連銘柄について解説を行っていましたが、自動運転関連銘柄もしかり、来年以降テーマとなり得る可能性の高いものは、今後それに関連するニュースフローで大きく動く可能性が常にあると思っておいた方がよいでしょう。

昨日の【3690】ロックオンの話題もそうですが、フィンテック関連のニュースがあれば関連銘柄が上がるといった構図があると考えておきつつ、何も材料がなく株価が大きく下落している局面で拾っておきながらその銘柄に限らず関連のニュースフローがあって上昇した時に売却するといったことも視野に入れて対応をしていくべきであろうと思います。

直近でメルマガ限定でご紹介した邪道銘柄についてですが、年末の節税対策売りなどをこなしながら、ようやくご紹介時の株価まで戻ってきました。

引き続き中長期目線で注目しつつ、まずは1月4日に買収に関するプレスリリースを待ちたいところです。

その後の値動きについてはまた詳細をメルマガにて解説を行う予定ですのでそれを参考にしていただきながらご自身で売買判断を行っていただければ幸いです。

今年も残り1日半の取引となりましたが気を引き締めて、2015年の相場を乗り切りましょう。

株式王道会 主宰

株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目銘柄
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2015/12/29(火)フィンテック関連銘柄コメント

フィンテック関連銘柄が反転上昇
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

フィンテック関連銘柄が反転上昇

株式王道会のメルマガは全て無料です。 ⇒ ⇒ ⇒ 無料メルマガの登録はこちら!

今日の注目銘柄は・・・? ⇒ ⇒ ⇒ 株式王道会のランキングをチェック!

先週末のNY株式市場、また欧州株式市場共にクリスマスにより休場で、日本の株式市場も特別大きな手掛かり材料もなく大納会まで残り3日を迎えた形となっています。

しかしながら、日本の株式市場特有のイベントである、先週末の年度内権利付最終売買日を迎えたことで節税対策による株式の売却も峠を越し、本日は幅広い銘柄に買いが入っている状況となっています。

特に売りが集中して下げ過ぎた銘柄の反発が著しい印象で、ひとまずはこれで市場にも安心感が出てきたといったところであろうかと思います。

そうした中で、特別目新しい材料もなく、また主力大型株の売買が盛んにはなりづらい環境が続いているため、マザーズをはじめとした個別の材料株が非常に活況を呈しています。

このところ調整から持ち直してきた自動運転関連銘柄が再び脚光を集め、また一部で頭をもたげていたフィンテック関連銘柄も追随する形で上昇しています。

特にフィンテック関連銘柄は、前場に【3690】ロックオンが中規模ECサイト向けにブロックチェーンの実証実験を年明けからテックビューロと開始するという発表があり、ロックオンを含めて多くのフィンテック関連銘柄が上昇しました。

注目している【8704】トレイダーズHDや、【3031】アークン【6172】メタップスなどもこの流れに乗り、またテックビューロとの関連性が深い【3853】インフォテリアがストップ高するといった形でフィンテック関連銘柄に再び資金が集まり始めているといったところです。

トレイダーズHDについては5日線どころを意識しながらの対応と先週末のブログでは解説を行っていましたが、5日線を割り込むことなく反転したというのは非常に力強い動きであると言えるでしょう。

いずれにせよロックオンが新たにフィンテック関連銘柄として名を連ねたことで、また1つ来年に向けた大きなテーマとして「フィンテック」に注目していくべきであろうかと思うところです。

他の個別銘柄ですが、株式王道会でご紹介している銘柄群も全般的に力強く反発をしているといった印象です。

戻り売りなどにも押される可能性はあるものの、先述のように売られる可能性のあったヤマ場は今週に入って越えたと言えるので、来年に繋がる銘柄群として引き続き注目をしていきたいと思う次第です。

株式王道会 主宰

株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目銘柄
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2015/12/28(月)フィンテック関連銘柄コメント

【8704】トレイダーズHDが大幅高
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

【8704】トレイダーズHDが大幅高

株式王道会のメルマガは全て無料です。 ⇒ ⇒ ⇒ 無料メルマガの登録はこちら!

今日の注目銘柄は・・・? ⇒ ⇒ ⇒ 株式王道会のランキングをチェック!

昨日のNY株式市場はクリスマス前で半日取引となり、また翌日に休場を控えていることから終日小動きとなりました。

一方で、日本の株式市場は昨日に下落していたこともあって全般小動き、為替はドル円で120円を割り込んだ場面もあってこれが若干の不安要素ではあるもののやはり様子見と言ったところであろうかと思います。

本日まで日本固有の動きとして挙げられるのは税金の対策で、これが解消される来週以降には株価も持ち直すものと思います。

本日は年内の権利付最終売買日で、年内の株式取引で利益が出ている場合に、仮に含み損が出ている株式を持っていればそれを売却することによって先払いしていた税金が還付されるといったメリットがあるために特に損が出ている株式は売却しておくという動きがあります。

その動きも本日には完了し、来週からは実質新年度相場入りとなります。下げ過ぎた銘柄にはまた見直し買いも入る可能性が高いと思いますし、そうした見切り売りも残り2時間半、既に完了していると見て良いものと思うところです。

さて、昨日のブログにて詳細に解説した【8704】トレイダーズHDが大幅に値を上げ、既に前引け段階で4000万株を越える商いとなっています。

日経新聞の報道で、伊藤忠商事がLiquidの第三者割当増資を引き受けたという点が材料視されました。

LiquidはトレイダーズHDと合弁会社を設立し、出資比率は8:2と少ないながらもLiquidと早くから提携関係を持っています。

指紋認証による決済を可能とした新たな決済インフラの構築は将来的にも非常に有望なものになることが、今回の伊藤忠による出資でより明らかとなった格好です。

現状はハウステンボスでの会員向けの決済手段として実証実験を行っていますが、今後さらに利用範囲を拡大させ、3年後に年間500億円を目指すという非常に大きなスケールで書かれているように感じます。

この指紋認証決済のポイントは、日本で既に普及しているSuicaなどの電子マネー、おサイフケータイといるために本当に普及するのは恐らくは新興国をはじめとしたグローバルなインフラの構築であると私自身は考えています。

勿論指1本で決済できるということは電子マネー、携帯、クレジットカード、現金といった「通貨」をなくすことは一切ないわけですから利便性は非常に高いと言えるものの、Liquidは日本での普及を越えた全世界での普及を視野に入れているということは頭の中に入れておいて良いと言えます。

こうした材料が出たことでまた1つ、トレイダーズHDがフィンテック関連銘柄として市場で注目を集める形となり、前引けで出来高4000万株という大商いに繋がったと言えるでしょう。

「フィンテック」という株式市場のテーマはまだまだ続くという考え方のもとで引き続き同社を注目していきますが、ここから先、買うのであれば割切りで、5日線を意識しながらリスク管理を徹底すべきであると思います。

今後も同社について、またその他のフィンテック関連銘柄については積極的にブログで触れていきたいと考えていますので、ブログを日々ご参照いただければと思う次第です。

株式王道会 主宰

株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目銘柄
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2015/12/25(金)フィンテック関連銘柄コメント

フィンテック関連銘柄の中核となり得る可能性
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

フィンテック関連銘柄の中核となり得る可能性

株式王道会のメルマガは全て無料です。 ⇒ ⇒ ⇒ 無料メルマガの登録はこちら!

今日の注目銘柄は・・・? ⇒ ⇒ ⇒ 株式王道会のランキングをチェック!

昨日のNY株式市場は原油価格が低水準とはいえ大幅に値上がりしたことを好感し、NYダウ・NASDAQともに大幅高となって取引を終えました。

ただ為替が若干ドル安に傾いた部分もあって本日の日本の株式市場にはこの上昇が与える影響も限定的で、寄り付きこそ19000円を日経平均が上回って推移したものの、前引けにかけては上げ幅を縮める展開となっています。

一方でマザーズ指数は下落し、新興株も非常に力ない相場が続いていますが、それでもなお個別の材料株・テーマに則した銘柄群は商いが活発となっている印象です。

フィンテック関連銘柄として挙げている銘柄群も、休日前には持越しを嫌気して売りが出てはいたものの、ふったび本日は息を吹き返している銘柄も散見されます。

特に【8704】トレイダーズHDは再び200円台を回復し、出来高も前場だけでここ数日の商いに到達するほど活況を呈しています。

トレイダーズHDはもともとNextop Asia、ZEエナジーを完全子会社化することで業容が大きく変化する点を指摘して兼ねてから解説を行っていました。

http://oudoukai.blog.fc2.com/blog-entry-1704.html

同社はこの完全子会社化した2社とは別に氷温による低コストでの輸送を可能にした技術や指紋認証による決済を実現する技術など数多くの材料を内包してはいるものの、前述の完全子会社化した2社を含めて株式市場で材料視され、値を飛ばすというような展開はこれまで皆無と言って良いほどありませんでした。

テレビで氷温輸送の内容が放映された時に多少値上がりした場面はあったものの、今ほどの相場となって活況を呈したわけでもありません。

要するにこれまで蓄積してきた数々の材料が、今回の上昇によって改めて材料視されたことになり、それが思惑を呼んで現在の株価形成に至ったのであるということが言えます。

例えて言うならば、【6504】富士電機を長い間王道銘柄としてご紹介しているのと同じで、材料の宝庫である点が相場が過熱してくるとこれまでの材料が蒸し返されて相場を突き動かすということが言えるものだろうと思います。

トレイダーズHDの内包している材料は非常に多岐にわたるので改めてそれをまとめておくと、

①本業のFX事業は為替の値動きに応じて業績が変化する。為替の動きが大きい時には買われる傾向がある。

②Nextop Asiaの完全子会社化でFXをはじめとするシステム構築も内製化できた。今後このシステム・インフラはフィンテックとも深い関わりが出てくる可能性がある。

③ZEエナジーの完全子会社化によって木質バイオマス発電事業が来期からフル寄与し、これが目先的な業績を牽引する。

④マーズカンパニーとの合弁(マーズマーケティング)が物流の革命として今後注目される可能性がある。

⑤Liquid社との合弁で、指紋認証による決済の一元化が今後注目を浴びる可能性がある。目先的にはハウステンボスでの実証実験、その後グローバルでの採用も視野。

⑥持分法適用会社のトレイダーズLABに取締役として朝山氏の名。ブロックチェーン技術に強みを持つテックビューロの取締役を兼任。


いずれにしても直近で材料視されているのは⑤と⑥が主ではあるのでしょうが、トレイダーズ側から何かしら積極的にプレスリリースを行っているということもなく、現在は思惑だけでここまで上昇してきたと言っても良いものと思います。

今後どのような動きがあるか、それを予測することは大変難しいものの、フィンテック関連銘柄として中核となりうる可能性を秘め、何かしらの変化でも株価は大きく上昇する素地があるのではないかと見ています。

フィンテック関連銘柄の相場は今後さらに大きなテーマとなる期待が高い中で、同社の値動きに関しては今後も注目していくべきであろうと考えています。

そして、今朝方ブログでも解説した邪道銘柄【6879】イマジカロボットホールディングスがストップ高をつけました。大型買収の負担が大きく株価は下げ基調が続いていましたが、既存の翻訳事業との相乗効果は非常に高いと思いますので、今回のストップ高以降株価の落ち着きを待ちながらまた再度注目していっても良いかもしれません。

一昨日ブログのランキングページでご紹介した短期注目銘柄は、今後ヘッドアップディスプレイ関連銘柄として市場でも注目が集まっていくものと思います。

ミネベアとミツミ電機の統合に絡んだ話題は今後も多く出てくることと思いますので、その関連銘柄として引き続き注目をしていくこととします。

株式王道会 主宰

株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目銘柄
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2015/12/24(木)フィンテック関連銘柄コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。