株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

新規王道銘柄がストップ高!リニアがいよいよ始動
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

王道会のブログを初めて読まれる方はまずこちらをお読みください。

初めて株式王道会へ訪れてくれた方へ



※携帯・PC、どちらのメールアドレスでもご登録頂けます。
※ドメイン指定をされている場合はoudoukai.netからのメールを受信設定して下さい。

※設定方法に関してはこちらをお読みください

ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

   

ブログへのたくさんのアクセスありがとうございます。みなさんの応援クリックが励みになります。一日一回、下のバナーのクリックをお願いします。


株式 ブログランキングへ

新規王道銘柄がストップ高!リニアがいよいよ始動

<全体の相場観>

昨日のNY株式市場は緩和縮小が見送られたことによって大幅高となり、為替が円高に大きく振れました。

このままいけば間違いなく緩和縮小は行われるわけですから、見送ったとしても再びその懸念が台頭してくるとは思いますが、これによってまたしばらくは良い地合いが続くことになります。

日本の株式市場においては円高で株高ということで主力の輸出株を買うこともなかなかできず、朝指摘した通り、案の定オリンピック関連として買われていた建設関連株に買戻しの動きが見られます。

先月、某証券会社の著名テクニカルアナリストと会う機会があり、その時には日本株の高値更新の条件として以下の2つを挙げていました。

1つはオリンピック開催地が東京に決定すること、そしてもう1つは9月のFOMCで量的緩和の縮小が見送られることです。

この2つの条件が揃えば9月は非常に強い動きとなり、5月23日につけた日経平均の年初来高値15942円を更新するかもしれないという話でありました。

実際に2つの条件が揃ってはいるのですが、日経平均16000円に到達するまでには、また緩和縮小懸念が台頭することで上値を押さえつけられる可能性がありますし、さらに為替の水準も少なくとも100円を越えなければここから日経平均が1300円上昇するには厳しいのではないかと思います。

緩和縮小すれば長期に渡る円安トレンドに入ることが確定すると思いますし、そうなった段階で米国の経済指標がしっかりとした形で推移していけば、高値を塗り替えるのではないかと考えています。

要するに2つの条件にさらにもう2つ、為替動向と米国の経済指標を条件として加えて相場を見て行きたいと思う次第です。

<リニア新幹線関連銘柄について>

昨日はリニア新幹線の詳細なルートが決定しました。東京~名古屋間においてはその85%が地下・トンネルを通るということもあってトンネル関連の建設株が軒並み暴騰しています。

リニア新幹線関連銘柄として火曜日に挙げた銘柄で、歴史的にもトンネル工事が強い企業を3社指摘しました。【1561】熊谷組、【1805】飛島建設、【1719】安藤ハザマがそれで、本日は大幅に上昇しています。

詳しくは一昨日更新の以下のブログをご参照ください。

→ → → 「リニア新幹線関連銘柄」

さらに、リニア新幹線の工事で業績が一変する可能性を指摘し、新規王道銘柄として無料メルマガでご紹介した銘柄が本日ストップ高しています。

メルマガをよくお読みいただき、銘柄について納得した上で、昨日に買っておられた読者様にとってはとても効率の良い投資になったことと思います。おめでとうございます。

目標株価まではあと70円ほどで、明日にでも到達するかもしれません。市場の評価がどれだけ高いか見定めなければならないところですが、目標株価到達後はいつものように「惰性」でお願いします。

年初来高値を更新すればさらに上を目指す可能性もあり、1000円突破も考えられるとは思いますが、少し売りを出しておきながら下げても構わないくらいの比率にして上値を狙っていけば良いと考えています。

銘柄名とその材料・中身についてはメルマガ読者様以外の皆様には、目標株価到達後にブログにアップしたいと思います。

なお、今からでも先日配信した無料メルマガを再送しますので、ご希望の方は無料メルマガにご登録いただき、その際に送られてくるメールアドレスに直接返信する形で本文に「第15回無料メルマガ再送希望」と書いていただければ個別に対応致します。

<今朝ブログ掲載の短期注目銘柄について>

今朝含み資産関連銘柄として【8025】ツカモトコーポレーションを掲載しました。オリンピックなどからは関連として少し離れてはいますが、「大風吹けば桶屋が儲かる」の一角として、また含み資産関連銘柄としては高い評価ができる銘柄です。

細かい話ですが、日本橋近辺の昭和通り沿いに土地を持ち、首都高速道路の高架に面したとても暗い場所にあります。

日本橋の再開発、特に首都高速を地下に埋めて日本橋界隈を明るくしようという動きがありますが、現時点ではこの計画は前進してはいません。

これが前進するとなれば折に触れて同社に物色の矛先が向かうということをまず基礎知識として頭に入れておいてください。

オリンピックに関連して、首都高速の補修工事が急務になっており、その流れで日本橋再開発の計画も起こり得る可能性があります。

これらを踏まえた上で、短期割切り注目として今朝のブログに掲載した次第です。ある程度割り切りで、押し目を少し拾ってみるのもいいかもしれません。

皆様の応援クリック1つ1つが日々の活動の原動力となっています。このブログがためになった、役に立ったと思われたら是非とも以下のバナーのクリックをお願いいたします。

10位以内ランキング定着で新たな銘柄をご紹介したいと思います。

株式王道会 主宰


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

NEW 注目銘柄ランキングはこちらから

注目銘柄
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



スポンサーサイト

2013/09/19(木)リニア新幹線関連銘柄コメント

リニア新幹線関連銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

王道会のブログを初めて読まれる方はまずこちらをお読みください。

初めて株式王道会へ訪れてくれた方へ



※携帯・PC、どちらのメールアドレスでもご登録頂けます。
※ドメイン指定をされている場合はoudoukai.netからのメールを受信設定して下さい。

※設定方法に関してはこちらをお読みください

ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

   

ブログへのたくさんのアクセスありがとうございます。みなさんの応援クリックが励みになります。一日一回、下のバナーのクリックをお願いします。


株式 ブログランキングへ

リニア新幹線関連銘柄

本日は夜8時頃に新規王道銘柄をメルマガにて配信致します。ブログにこの銘柄を掲載するのはしばらく後になると思いますので、先にお知りになりたい読者様は是非無料メルマガにご登録ください。

連休明けの日本の株式市場はNY株式市場が大幅高となったことを受け為替が円高になっているものの、比較的しっかりとした展開となっています。

オリンピックが東京開催に決定してから1週間余りが経過しても引き続きオリンピック関連銘柄が活況を呈しています。【1822】大豊建設や【1815】鉄建、【1821】三井住友建設などを中心とした建設関連、さらに含み資産の【6362】石井鐵工所など、このブログで書いてきた銘柄が異常とも言えるほどの上昇を見せています。

先週のブログでも指摘した通り、オリンピックというイベントがこれだけ投資家達を熱くさせる1つの大きなテーマであるということを忘れてはならず、また「大風が吹けば桶屋が儲かる」という流れが続いていくということもしっかりと認識しなければなりません。

重箱の隅をつつくような形で様々な含み資産の低位株まで大幅に上昇していることからもこのような流れがあることがお分かりいただけると思います。

株式王道会ではこれからもオリンピックに沿った銘柄を発掘していきながら、随時タイミングを見てご紹介していく所存です。

本日のブログではオリンピックの話は置いておいて、オリンピックよりもさらに先に待ち受ける未来としてリニア新幹線について書きたいと思います。

リニア新幹線は「リニア中央新幹線」「中央リニア新幹線」「リニア中央エクスプレス」など様々な呼び方があり一概に呼称が定まっていないのですが、今回はひとまずリニア新幹線と最も短い呼称で扱いをしていきたいと思います。

リニア新幹線は1990年から実験を開始し、その進捗はゆっくりではあったものの確かな手ごたえを得ながら20年以上の月日が流れました。

1964年に完成した東海道新幹線は、東京オリンピック開催の目玉として当時国家プロジェクトとして何が何でも間に合わせるという強い意気込みの下で数年間の突貫工事で開通させました。

しかし今回はJR東海自身の負担で開通させなければならないために、そのリスクは大変大きなものであります。そのため悩みに悩み、採算性を繰り返し計算した上で、ようやく着工を決意しました。

なぜ着工を決意するに至ったか、それは国内リニアが採算のとれる事業であると踏んだこと以上に、リニア新幹線の海外輸出が将来可能であるという点だと思います。

東京・名古屋・大阪間を1時間程度で結ぶという超高速な新幹線の優位性は単純な話、距離が長ければ長いほど活かされるわけです。例えば大袈裟な話ユーラシア大陸を横断するリニア新幹線、南北アメリカを縦断するリニア新幹線などができてもおかしくはないという発想すらできると思います。

そのような未来が現実になるのであれば、日本のリニア新幹線の技術が東京・大阪間での開通を皮切りに世界へと羽ばたく可能性もあるという考え方もできます。

とても長期に渡る話で、今このようなことを語るのは現実的ではないのかもしれませんが、この「もしかしたら」ということを頭の片隅にでも入れておくことが重要であると思います。

ではリニア新幹線の特徴についてこれから関連銘柄を交えて書いていきたいと思います。

<トンネル・インフラ整備などの関連銘柄>

【1812】 鹿島建設(実験線受注額ナンバーワン)

【1861】 熊谷組(トンネル)

【1805】 飛島建設(トンネル)

【1719】 安藤ハザマ(トンネル)

【1815】 鉄建(インフラ)

【1835】 東鉄工業(インフラ)

【1926】 ライト工業(トンネル、法面工事)

【1938】 日本リーテック(電気設備等)

【1950】 日本電設工業(電気設備等)

【6・・・】 新規王道銘柄

リニア新幹線の特徴としては東京・名古屋間を直線距離で結ぶために南アルプスを貫通して通らなければならず、トンネル工事が非常に多くなるということが挙げられます。

トンネルといえば、10年ほど前に会社更生法の適用申請をし、上場廃止に至った佐藤工業が有名であり、これを掲載せずにはいられないところなのですが、現在は非上場であるためにその波及効果を求めた銘柄をいくつか挙げました。

熊谷、飛島や安藤ハザマがそれであり、歴史的にトンネル土木に強い銘柄です。ライト工業もトンネル内部の崩落を防ぐための接着剤を扱ったことが成長の礎になりました。

また1990年から行っている実験線およびその延伸線で最も受注を取っていたのは【1812】鹿島建設であり、受注額ベースでは最も恩恵を受けると思いますが、業績・株価に与えるインパクトや受注するタイミングなどを考えればもっと効率の良い銘柄があると思います。

それを今回新規王道銘柄としてご紹介することにしたので、夜のメルマガ配信までお待ちください。

<車両・システム等>

【7102】 日本車輌製造(車両)

【6741】 日本信号(信号・システム)

【6742】 京三製作所(信号・システム)

リニア新幹線を正確に運行させるにあたって【6741】日本信号や【6742】京三製作所の技術が必要になります。また駅に設置するホームドアなども手掛けており様々な面で鉄道と絡んでいる2社には注目できます。

また、【7102】日本車輌製造はかねてからJR東海とリニア新幹線の共同開発を行っていることもあって、数年前にJR東海がTOBを行って子会社化したという流れがあり、鉄道車両についての受注の多くが同社に入ると考えています。

リニア開通までの最終段階にならないと車両そのものは作られないわけですから、売上・利益も2026年あたりから発生するために株価の期待値が今の時点でどれくらいあるものなのかは少し算定しづらいかもしれません。

ただし、リニア新幹線の関連で今夜配信の王道銘柄以外で1つだけ挙げるとするならば、日本車輌製造であると個人的には思っています。

<総括>

リニア新幹線は2027年開通を目指して来年から着工が開始されます。残念ながらオリンピックにはさすがに間に合わないとはいえ、開発中の段階でもオリンピック開催時に海外メディアを通じて日本の技術力をアピールできると思いますし、今後の展開次第ではもう少し早く開通する可能性もあります。

今回リニア新幹線をご紹介したのは、明日の18日にJR東海が詳細な計画を発表する予定となっており、リニア新幹線に絡む関連銘柄が物色される可能性があります。

オリンピックに絡むこともあって既に上昇している銘柄が殆どではありますが、もう一段の上昇がリニア新幹線という材料によって見込める可能性があると考えています。

勿論長期的に業績が良くなるであろう銘柄をピックアップしたつもりです。長い年月に渡って株式投資を行ううえでテーマは必ずチェックし、それを忘れずに覚えておく、という作業を繰り返す必要性はこれまで何度も書いてきました。

人間は常に忘れる生き物ですから、今回書いたことは株式王道会を続けていく限りにおいては半永久的に残しておきますので、またリニア新幹線が気になった時にはこのページに戻ってきて、銘柄を再確認するという作業をしていただければと思います。

皆様の応援クリック1つ1つが日々の活動の原動力となっています。今回の記事が役に立った、ためになったと感じたら是非応援クリックをお願いいたします。

株式王道会 主宰


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

NEW 注目銘柄ランキングはこちらから

注目銘柄
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2013/09/17(火)リニア新幹線関連銘柄コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。