株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

カジノ関連銘柄の行方
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

2016-12-02 (金)

カジノ関連銘柄の行方

 今夜の米国雇用統計を控えて、株式市場は全般的に様子見、利益確定の売りが出やすい環境でした。引けにかけては為替が円安に振れたことや、日銀のETF買いなどがあった可能性もあり、下げ幅を縮めて取引を終えたものの、全般的に強い、とは言えなかったように思います。

 従前から申し上げているように雇用統計が利上げできないほどの悪い数字にならなければ良いわけで、今の状況で悪材料視して売られるということもなかなか考えづらく、週明けにももとの材料株相場には戻るものと思います。

 その期待も兼ねて、新たな銘柄を週明けにもプレミアムサイトでご紹介をして参ります。来年の大きなテーマの1つとして注目ができる銘柄です。

 すでにそのテーマの一角をプレミアムサイトでご紹介していますが、もう1つ、低位株からご紹介をする予定ですので楽しみにお待ちいただければと思います。

 本日気になった話題としてはカジノ法案(正式名称は統合型リゾート(IR)推進法)が衆議院内閣委員会で可決された、という内容です。

 6日に衆院本会議で可決、14日には参議院でも可決され、法案成立となる見通しです。これでいよいよ日本でもカジノが解禁となることになります。

 カジノを日本でも運営することで、外貨の獲得・景気浮揚に大きなプラス影響をもたらすものと思います。その意味では非常に有意義である法案成立であると考えられます。

 しかしながらカジノ関連株、と言われる銘柄については今後は多少厳しい目を持って見ていくべきであろうと株式王道会では考えています。

 まず、もはや何年にも渡って期待があっては消え、を繰り返してきたことが理由として挙げられます。勿論将来に対する期待は高いのですが、実際にカジノが国内数か所で運営を開始した時に上場企業のどこが最も恩恵を受けるかということを考えればおのずと答えは出てきます。

 マシンなどの設置台数や紙幣識別機やチップの取扱いなどのボリュームは非常に少ないと言わざるを得ず、結局恩恵を受けるのはカジノの「運営」を任された企業に限られるのではないかと思います。

 そういう意味では「運営」を任される可能性の高い企業が最も本命に近いわけで、【6418】日本金銭機械【6428】オーイズミ、【7836】アビックスなどは今後カジノが現実化する中ではそれほど注目銘柄として挙がって来なくなる可能性もあります。

 では「運営」を任されるのはどこかということになるのですが、まだ法案が決まるメドが立ったばかり少なくとも1から2年ほどかけて決まっていくものと考えられるために時間をかけて精査をしていくべきであるものと思います。

 運営の候補に挙がっているのは

【6460】 セガサミーホールディングス

【6425】 ユニバーサルエンターテインメント(旧邪道銘柄)

 などでありますが、これもまたフルリセットで考えていくべきであるでしょう。穴株のような形で、【4712】アドアーズなども挙がっていたりもしますが、色々と再考する時間は十分にあると思います。

 ちなみに、以前は【6425】ユニバーサルエンターテインメントについては邪道銘柄として、数年前に取り上げたことがあります。

 参考記事→http://oudoukai.blog.fc2.com/blog-entry-501.html

 この記事は当時の情報などを元に書いているため、現在の情報・情勢とは全く異なっている可能性もありますので、参考程度にお読みいただければ幸いです。

 いずれにしてもカジノ関連銘柄は法案成立で出尽くし、理想買いから現実買いへと移行する過渡期となっていくのではないか、と思っています。

株式王道会 主宰

2016-12-02 (金)

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



スポンサーサイト

2016/12/02(金)カジノ関連銘柄コメント

株式王道会的カジノ関連銘柄の考え方
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会的カジノ関連銘柄の考え方

近日、【2928】健康コーポレーションに続く新規王道銘柄配信予定!

無料メルマガ配信のご登録はこちらから

先週末のNY株式市場はアマゾンやビザの決算が振るわなかったことなどを受けて総じて軟調な展開となりました。

しかしながら週明けの日本の株式市場は一頃続いた円高局面も一服し、出来高が大して膨らまないまでも日経平均15500円の節目を突破し、非常に力強い展開となっています。

ただ全体相場が上昇しているのに比べればファナックやファーストリテイリングなど指数寄与度の高い銘柄の上昇が目立っているために、あらゆる銘柄が上昇しているとは言い難い状態にあります。

<<< ランキングを見る

近日、【2928】健康コーポレーションに続く新規王道銘柄配信予定!

無料メルマガ配信のご登録はこちらから

ファナックの好決算を引き続き好感するなど、決算発表の銘柄が選別されていく中、まだ材料株物色の色彩も色濃く、本日は先週土曜日の日経新聞一面には、カジノ法案が秋の臨時国会で成立する可能性が高まってきた点、大阪・沖縄など3箇所でまず実施される点などが掲載されたことをきっかけとしてカジノ関連銘柄が物色されています。

カジノ関連銘柄として株式王道会では【6425】ユニバーサルエンターテインメントを邪道銘柄としてご紹介しています。今回のニュースフローによっても寄り付きから上昇をしましたが、他の関連銘柄に比べてしまうと上昇は限定的となっています。

それはなぜかということを今回はお話ししたいところなのですが、その前にまずユニバーサルエンターテインメントに注目している理由については以下の記事をご参照ください。

「カジノ関連銘柄として【6425】ユニバーサルに注目!」

当時お話ししたことと、同社に期待する根拠は基本的に変わっていないのですが、現在の市場全体の「カジノ」に関連する銘柄は【6418】日本金銭機械や【6457】グローリー工業、あるいは本日値上がり率トップの【1847】イチケンなど、どちらかと言えばカジノの設備投資に関する銘柄がフォーカスされている傾向が強いために、なかなかカジノの「運営」に関わるところまで波及が起こっていないように見受けられます。

ユニバーサルの本社は台場にあり、東京都でカジノ運営をする場合には台場が候補に挙がっていることから言っても運営を受託する可能性は比較的高いと予想をしています。またセガサミー・三井不動産・鹿島建設やフジテレビなどがカジノを台場で行うという話もあり、これらも含めて実際にどの企業が運営を行うかという点についての思惑が浮上するのは実際にカジノの法案が成立した後、ということになるかもしれません。

今回のニュースフローで評価すべき点は、いよいよ秋にもカジノ法案が成立する可能性が出てきたということです。これまではいわゆるカジノ議連のメンバーを中心に議論がされてきたところから、実際政府が主導してカジノ法案を通していくような形に変わってきていると言えるのではないでしょうか。

<<< ランキングを見る

そうした意味から言っても、トヨタが燃料電池車を年度内に発売する、と発表したことに類似しています。非常に長い間、究極のエコカーと言われ続けながらも実用化のメドが立たずいつ燃料電池車が発売されるのか、その間何度も燃料電池車関連銘柄が上昇しては下落するということを繰り返してきました。

それがいよいよ発売というニュースフローを皮切りにようやく関連銘柄が大幅に上昇したと言えるわけで、カジノに関してもいよいよ法案成立というニュースフローにも同様のことが言えるのではないかと思う次第です。

つまりはカジノ法案成立に向けて今後多くのカジノに関連するニュースが出てくる可能性が高いということが言えるわけで、下値を切り上げながらそれらのニュースが出るたびに上値を試していく、といったような展開が望めるのではないかと考えています。

<<< ランキングを見る

これまでもMVNOや燃料電池車などのテーマについても同様のことを言い続けて、実際に何度も取り上げられてそのたびに高値を更新し続けてきました。

今回も「カジノ」に関して同様の展開となると思いますので、現在上昇している銘柄群の押し目を拾うなどして再び関連するニュースが出るのを待つというスタンスでいくのが良いのではないかと思う次第です。

本日カジノ関連銘柄として最も上昇している【1847】イチケンや【6428】オーイズミなどをマークして、押し目買いを行っていくのが1つの手法ではないでしょうか。特に決算発表後に売られた局面などに注目していきたいと考えています。

個別銘柄についてですが、【6989】北陸電気工業、【9895】コンセック、【7624】NaITOの調整一巡からの反発に注目しています。いずれの銘柄も同日に高値をつけており、日柄調整のタイミングもほぼ同時であると思っています。

<<< ランキングを見る

北陸電気工業は長期目的ですので目標株価は特に設定しませんが、反発狙いでの短期売買であれば目標株価185円、コンセックは短期300円奪還、NaITOは以前と同様150円~155円を期待しています。

株式王道会 主宰

近日、【2928】健康コーポレーションに続く新規王道銘柄配信予定!

無料メルマガ配信のご登録はこちらから


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

こちらのランキングもチェック!

注目銘柄
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2014/07/28(月)カジノ関連銘柄コメント

カジノ関連銘柄として【6425】ユニバーサルに注目!
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

王道会のブログを初めて読まれる方はまずこちらをお読みください。

初めて株式王道会へ訪れてくれた方へ



※携帯・PC、どちらのメールアドレスでもご登録頂けます。
※ドメイン指定をされている場合はoudoukai.netからのメールを受信設定して下さい。

※設定方法に関してはこちらをお読みください

ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

   

ブログへのたくさんのアクセスありがとうございます。みなさんの応援クリックが励みになります。一日一回、下のバナーのクリックをお願いします。


株式 ブログランキングへ

カジノ関連銘柄として【6425】ユニバーサルに注目!

足元で米国議会の予算審議が長引いているために、直近の動きは非常に読みづらいのですが、ひとまずここからの議会に起因するパニック売りというのはなく、それよりも米国の実体経済がどのように推移するのかの方が重要であると考えています。

もう少し様子を見ながら、全体については言及していくとして、今の段階ではテーマ性の高いものを1つずつ研究していく時間に充てていくことにします。

<カジノ関連銘柄の位置づけ>

昨日のブログではカジノ関連について少し触れました。カジノの見方については色々と分かれるところがあるために強く書くことはできない部分もあるのですが、私なりに個人的に考えていることを述べます。

カジノは日本の成長産業としての最後の砦、などと言われますが、そんなことはないと思います。日進月歩で技術が進化し、常にイノベーションが創出されていることを無視した発言であると思いますが、カジノに寄せる期待が大きいことは確かです。

オリンピック東京開催が決定し、外国人の訪日者数の伸びが期待できる中で、さらにその伸びを加速させるべく「2020年までに」カジノ運営を開始させる動きとなっていることも想像できます。

カジノは証券界の中でもアベノミクスの第5の矢(第4の矢はオリンピックとして)と見られ、秋の臨時国会でカジノ議連が法案を提出し、可決に至るのではないかという見方が出ています。

可決に至ることを前提として、どのような銘柄がフォーカスされるかを考えるに当たってまず日本国内に既にあるパチンコ業界について考えなければなりません。

<パチンコ業界について>

パチンコの遊技機メーカーと言うと何があるでしょうか。

【6417】SANKYO、【6417】平和、【6460】セガサミー、【6425】ユニバーサルエンターテインメントなどが挙げられると思います。

これらの企業の営業利益率を見ると、各々がコンスタントに2割ほどの営業利益率を確保できていることがわかると思います。

他の製造業、特に機械セクターなどと比べると利益率が突出しています。

それはなぜか。

パチンコ業界そのものが法的に是か否かとか、その利益の行方など、別の議論でありここでは触れませんが、過去からパチンコのホールからは税収の取りづらい産業であると言われています。

パチンコホール自体が売上・利益の計上に歴史的に透明性が薄いということが否定できないからです。

税収を確保するためにどこに利益を落としていくか、その答えがパチンコの遊技機メーカーです。

1台あたりの価格が予め決定されており、それに合わせた形で遊技機を開発・製造しているために高い利益率が確保されていると考えて良いと思います。

メーカーに利益が落ち、そこから税収を確保するという手段が歴史的に取られてきたということです。

今はホールの透明性も大きく高まっており、そういったことが必ずしも言い切れない部分もありますが、業界全体の過去からの仕組みが残っていると考えられます。勿論新台がヒットするかどうかにもよって利益の上下動も起こります。

では高い利益率がメーカーに保証されるということがカジノにも同様に適用されるかというとそれはない、と考えています。

カジノ自体の規模が小さいこともありますから台数が伸びないということもありますし、透明性を大きく高めるためにメーカーではなく運営企業から税収を求める形式に変わると思っているからです。

私自身がカジノに関わる機械そのものにあまり注目していない理由がお分かりいただけたかと思います。

<カジノの仕組みを予測して銘柄に落とし込む>

カジノはラスベガスやマカオなどが有名で、巨大なリゾートビジネスであることは周知のことです。

しかしカジノの運営企業は非常に高い透明性が求められるためにカジノ業者は非常に少なく、参入障壁の高い寡占市場となっています。

日本でこれから始まるカジノでも、運営そのものに高い透明性を確保すべきであるという見地から言っても、運営企業自体に利益が落ち、さらにそこから税収を確保する仕組みに切り替わるのではないかと考えています。

運営企業は海外のカジノ大手も日本の市場を狙っており、参入の可能性があると思われますが、日本国内で得た利益の一部が税収として入ったとしても残りが海外企業に吸い上げられるのはあまり喜ばしいことではありません。

ですから、カジノの運営そのものは日本の企業に行わせる方向で調整していくと予想します。

それを踏まえた上でカジノの運営を行う可能性のある日本の企業はどこかということを考えると、【6425】ユニバーサルエンターテインメントが浮上します。

【6425】ユニバーサルエンターテインメントはパチンコの遊技機メーカーでありますが、10年ほど前に米国のカジノ大手ウィン社が経営難に陥った時に救済をした経緯があります。

カジノの運営ノウハウをある程度持ち、それを日本に移植する企業としては申し分ないと考えられるでしょう。

その後ウィン社が立ち直ったわけですが、フィリピンのカジノリゾート建設・運営をユニバーサルが単独で行うことにウィン社自体が快く思わず、現在では犬猿の仲となり、ユニバーサルの贈賄疑惑までウィン社が主張し、FBIが捜査に乗り出している始末です。

これらの行方によってはユニバーサルにとって大きな痛手となる可能性もあり、どちらに転ぶかは現時点ではわかりません。これは1つのリスク要素として考えておかなければなりません。

材料としてもう1つ、カジノリゾートの建設予定地でもお台場が現在最有力候補で、ユニバーサルの本社自体がお台場にあることも1つの注目点です。【4676】フジメディアなどとともにお台場へのカジノ誘致を行い、着々と外堀を埋めているといったところだと思います。

オールジャパンでカジノを成功させる中で【6425】ユニバーサルが中心的な存在となり得るということを期待して、ひとまず秋の臨時国会開催(10月15日)を目指して注目していきます。

目標株価は年初来高値更新から3000円、ロスカットラインは1900円、としておきたいと思います。

全ては個人的な考えで、理詰めに書いてはいますが、仮定から結論に至るまですべてが予測であることをご承知おきください。

皆様の応援クリック1つ1つが日々の活動の原動力となっています。ためになった、参考になったと思われたら是非応援クリックをお願いいたします。

株式王道会 主宰

※2014年7月28日追記

株式王道会的カジノ関連銘柄の考え方


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

NEW 注目銘柄ランキングはこちらから

注目銘柄
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2013/10/01(火)カジノ関連銘柄コメント

カジノ関連銘柄から新規邪道銘柄を選定!
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

王道会のブログを初めて読まれる方はまずこちらをお読みください。

初めて株式王道会へ訪れてくれた方へ



※携帯・PC、どちらのメールアドレスでもご登録頂けます。
※ドメイン指定をされている場合はoudoukai.netからのメールを受信設定して下さい。

※設定方法に関してはこちらをお読みください

ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

   

ブログへのたくさんのアクセスありがとうございます。みなさんの応援クリックが励みになります。一日一回、下のバナーのクリックをお願いします。


株式 ブログランキングへ

カジノ関連銘柄から新規邪道銘柄を選定!

先週末のNY株式市場は続落した上に、予算案の行方が定まらないために全体的にリスクオフの動きとなり、為替も円高に振れているために本日の日本の株式市場は大幅に下落して始まっています。

年初から米国議会の行方で右往左往する場面が何度も見られましたが、結局は何とか打開策を見出して前に進むという形がとられてきました。

今回も同じように、議会が紛糾したとはいえ落としどころを決めていければ問題なく元の相場に戻るものと考えています。

今週は日銀金融政策決定会合や米国雇用統計の発表などイベントが目白押しですので多少の警戒は必要ですが、それらをクリアしながら遅くとも週明け中盤くらいには落ち着きを取り戻していくのではないかと思っています。

さすがに大型株に買いが入るような流れにはなっていませんが、オリンピックや除染に絡んだ建設株といった低位のテーマ株などへの物色はそれなりに続いているように見受けられます。

株式王道会では様々なテーマに沿って銘柄を書いてきましたが、今回また新しいテーマとしてカジノ関連について書きたいと思います。

カジノについては相当程度既に物色された感がありますが、カジノが実現するということが公になればさらに一段高するという期待が持てます。

ただ、カジノが実現するとしてどこが本命になるのか、というと少し疑問符がつくためにこれまで株式王道会では積極的に取り上げるのをやめてきました。

例えば今の段階で既に値を飛ばしている【6418】日本金銭機械ですが、カジノが乱立するようなイメージがあれば同社にとっては絶大なるフォローの風が吹くと思います。

しかしながら、カジノの開業場所は3か所あるいは5か所と限定的にならざるを得ないことなどを鑑みると、販売数量が伸びない可能性がありそこまで日本金銭機械に恩恵があるとは思えません。

あくまで個人的な考え方であって、実際に企業が大儲けしなくとも株の世界では夢を追いかけたり思惑で動くものですから、否定的なことはこれ以上言いません。

否定的なあらさがしをするよりは、もっと面白いもの、カジノで評価が一変しそうなものを探していくことにします。

そこで株式王道会ではカジノ関連銘柄として過去に挙げた2銘柄のうち、1銘柄を新規邪道銘柄としてご紹介することにしました。

現在同社の将来を大きく左右するかもしれない重大な問題を抱えていますが、これがクリアできれば株価は大きく上がると考えている企業です。

詳細については明日のブログで書きますので、それを読んでからご自身で投資判断を行っていただければと思います。

地合いも悪いので今すぐに、というわけではありませんが、様子を見ながらコメントを随時加えていきます。

取り急ぎ銘柄名についてはランキングページに掲載したので応援ついでにご確認いただければ嬉しいです。

株式王道会 主宰


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

NEW 注目銘柄ランキングはこちらから

注目銘柄
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2013/09/30(月)カジノ関連銘柄コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。