株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

輸出関連株の投資タイ​ミング
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!

無料登録は⇒こちらから!

まずは応援クリック←お願いします!


輸出関連株の投資タイ​ミング


本日で11月も終了し、2012年も残すところあと1ヶ月となりました。

株式王道会を今年の8月1日に立ち上げてから、4ヶ月が経過し、その間応援してくださった皆様に心から御礼申し上げます。

これからも株式投資の王道を踏み外すことなく、様々な形で相場観や銘柄の考え方をご紹介させていただきたく思います。

今後とも株式王道会をよろしくお願い致します。

さて、年末に向けて一大イベントである衆議院議員選挙が控えています。この場では何度もお話をしており、今のところその路線にも変更がありませんのでこれ以上何も言うことはありません。

ただ、毎年年末にかけて個別材料株が動いてくる中で、今年は選挙が絡んでいるために少し違った動きになっていると近頃感じています。

例年は方向感がない場合にその年のテーマとなっていた銘柄が蒸し返されることが多いのですが、選挙以降の来年を見据えた動きの方がより顕著になってきています。

昨日には【1813】不動テトラが7000万株を越える大商いを演じるなど、自民党の国土強靭化に絡んだ銘柄の上昇が非常に目立ちます。数年に一度のビッグイベントが優先される地合いとなってしまっています。

この流れは新しい日本の将来を織り込む形であり、株式市場にとっては非常にポジティブな出来事であると思っています。

自民党政権が誕生した時にテーマとなるのは国土強靭化による建設・土木関連株と円安による輸出関連株です。この2つとも、一旦は材料出尽しで調整局面を迎えるでしょう。

しかしながら、輸出関連株に関しては、最大のヤマ場は来年の3月~4月に行われる日銀総裁の交代だと思っていますので、年末から年明けにかけての押し目は積極的に拾っていくチャンスと捉えた方が良いでしょう。日銀総裁人事に関する過去の記事についてはこちらをご参照ください。

年末から年明けにかけて具体的にどのような銘柄へと拾っていけばよいかについては、選挙後に様子を見ながらタイミングを見てまたお話させていただく所存です。

個別銘柄に関してのコメントとしては、【6924】岩崎電気が昨日180円をつける場面もあり、堅調に推移しています。170円台で少しずつ拾いながら一段高に備えていきたいと思います。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事
スポンサーサイト

2012/11/30(金)相場雑感コメント

円安トレンドが導く日​本の未来
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!

無料登録は⇒こちらから!

まずは応援クリック←お願いします!


円安トレンドが導く日​本の未来


本日の東京の株式市場は、昨日のNY市場が大幅反発したことを受けて、プラスで推移しています。

依然として為替に非常に強く連動した相場環境が続いており、円安になれば日経平均が上昇し、円高になれば日経平均が下落するという状態です。

円安トレンド入りしたという見方が大勢を占めてきていますのでこれ以上の円高はないと見ながらも、今後はどのように推移するかについてはあまり触れていないコメントが多いように見えます。

今日は円安トレンドに入ったことで今後どのように日本経済が変わっていくかについて、私なりに解説してみたいと思います。

円安トレンドに入ったということの最大の要因は自民党総裁が衆議院議員選挙を見据えて、日銀への金融緩和要請を積極的に行うと発言したことであることは周知のことです。

デフレを克服するために、消費者物価を2014年までに1%引き上げるという日銀の目標をさらに引き上げ、2%や3%を達成するために無制限金融緩和を実施するよう要請するとのことでした。

一部ではこのことについて、日本の国債金利が急上昇し、日本の経済に大打撃を与えるという論調が多くあります。これは間違いで、そもそも1%引き上げることも難しく、金融緩和をチマチマとやっているだけでは到底達成できないわけなので、無制限に金融緩和を行わなければ少なくとも1%を達成することはできないということなのだと考えています。

要するに、この政策の落としどころと言うのは2~3%の上昇を目指した金融緩和を行うことで、1%の物価上昇を達成するということなのです。その都度金融緩和を柔軟に行うという前提にたちながら、金額そのものは以前よりも多くすることによってデフレ克服を実現するわけです。

ここで重要なのは2%3%という数字なのではなく、大胆な金融緩和によって確実にデフレを克服すること、そしてこれまで輸出企業に打撃を与え続けてきた円高に歯止めをかけ、再び「日本株式会社」を復活させることにあるのです。

自民党が政権をとり、日銀総裁人事が来年3月頃に決まった後、実際金融緩和が行われていくことになれば、円安進行が加速しドル円で90円を突破していくと思います。米国の景気動向次第で、「強いアメリカ」が復活してくるようなことになれば100円も来年末に見えてくるかもしれません。

円安になれば日本の多くの企業がその恩恵を受けて息を吹き返します。日本の国内の事情でいえばもう1つ解決しなければならないことがあります。日本の貿易収支がこのところマイナスに転じている原因になっている、エネルギーの問題です。

日本の現在の電力事情は原発の稼動を停止し、ガスや石油等の火力発電に頼っており、輸入量が急激に増えたことによって貿易収支に悪影響を与えているのです。電気料金の相次ぐ値上げで国内の製造業にも深い影を落としているのは間違いなく、これから円安が進んでいくと更なるマイナス影響が予想されます。

自民党が政権をとった暁には原発の再稼動を行い、電力料金を引き下げる方向へと導く可能性が高くなります。こういった部分でも日本株にとって自民党政権が誕生したことによるプラス要素があると考えています。

さらには遠い将来を見据えて考えれば、円安がさらに進行していけば、世界に設備投資をしてきた工場が日本に戻ることも視野に入ります。日本の雇用を生み出すことにことにも繋がっていきます。その時に依然原発が停止していて、異常に高い電力料金となっていては投資意欲は減退してしまうことでしょう。

今回の選挙をきっかけに日本経済にとって全てが好循環となって進み始める、起点に我々は今いるのだと考えています。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/29(木)相場雑感コメント

大化け株の夜明け
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!

無料登録は⇒こちらから!

まずは応援クリック←お願いします!


大化け株の夜明け


一昨日に書かせていただいた通り、マーケット全体は少し調整しながらも、直近で評価されたあと足元で下落してきた銘柄に再びフォーカスされる地合いになっています。

【3360】シップHDや【6678】テクノメディカなど、内需の好業績銘柄が堅調に値を上げています。

特に邪道銘柄としてご紹介していた【6678】テクノメディカは目標株価としていた50万円を昨日上回りました。

9月28日にご紹介した(詳しくはこちら)時価から3割程度上昇し、一旦は邪道銘柄の中から外すこととします。今後は株価や業績の推移を見ながら機会がありましたら追加的に情報を発信していきたいと思います。

また、11月19日の急騰後、押し目狙いとしていた【6924】岩崎電気ですがその後147円から173円までさらに急伸し、揉み合う展開が続いています。

選挙の隠れた関連銘柄として引き続き話題の尽きない銘柄だと考えていますので、さらなる高みを目指して今後上値を追うと予想しています。足元の業績が悪い分、信用の売り残も随分溜まってきており、踏み上げの展開となれば第一段階として200円突破も視野に入ってくると思っています。

このところ選挙後の自民党政権誕生を睨み、建設株が少し動いてきているようです。確かに自民党の掲げる国土強靭化の関連銘柄のど真ん中にあるとは思います。しかし、建設株の中で土木関連の銘柄だけでもかなりの数がありますからそれらが全部フォーカスされるとなると、マーケット参加者が買うパワーが分散されてしまい、あまり大きなパフォーマンスは望めません。

そもそもなぜ岩崎電気が選挙の関連銘柄として株式王道会が以前から注目していたかというと、理由は以下の3つに集約されます。

①土木・インフラ関連銘柄の中で道路灯に特化していること

②道路灯がLEDに置き換わる時代がくること

③競合するLEDの企業がないこと

①については土木などを強みとした企業は大手ゼネコンから中小建設まで数多くあります。それに対して、高度経済成長期から大量に作られた日本の道路に設置されている道路灯の概ね半分は岩崎電気が手掛けたものです。

首都高速に至っては全量が岩崎電気の道路灯になっています。国土強靭化でどれくらいの金額が道路灯に回るかは今のところわかりませんが、膨大な恩恵を受けることは想像できます

そんな中で②のように百数十年続いてきたエジソンが発明した白熱灯の時代が終わりを告げ、省エネで長寿命のLEDがこれから普及していくという革命的な出来事が目の前で起こっています。

現在の原発再稼動問題を見ても、電力需給が逼迫しているのは明らかであり、国土交通省が払う電気代も大きく削減できるために、どの方面から見てもメリットしか見つかりません。さらにはLED市場全体で見て価格が下がってきているので、道路灯のLED採用にも拍車がかかります。今後国を挙げて優先事項として予算編成がなされるものと考えています。

そして、LEDの関連企業の中では現在住み分けができているため、他のLED関連企業との競合も殆どありません。例えば先日大証一部に指定替えを発表した【6932】遠藤照明は店舗や商業施設などのLED照明に強みを持ち、【6889】オーデリックは家庭用のLED照明の大手です。すなわち岩崎電気自体は他の企業とバッティングせずに、国土強靭化の恩恵をフルに享受できるのです。

LEDは元々直進性が強くまた明るさ(輝度)に難点があるために、歩行者や車の安全を守るための道路灯には適さないものでした。そのLEDをこれまでの数年間で、高輝度化・発散性を高めて道路灯に適したLEDを岩崎電気は開発してきました。他社は家庭用などに特化しているわけですから、そのような開発もしてきていません。

岩崎電気が数千億という規模の道路灯マーケットを席巻するときが今まさに始まろうとしています。

以上のことから【6924】岩崎電気を注目していたわけです。

ここまで詳しく株式王道会の考え方を見せてしまっていいものかどうかと正直悩みましたが、皆様の投資に役立つモノの考え方、思考過程をより広げていただく一助になれば幸いと思い、ここに書かせていただきました。

1つの銘柄について広い視野に立ち、分析することは非常に重要です。色々なファクターを照らし合わせて、非の打ち所がない状況にまで煮詰めていけた先には大相場が待っていることでしょう。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/28(水)相場雑感コメント

出遅れ銘柄を拾う時
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!

無料登録は⇒こちらから!


出遅れ銘柄を拾う時


先ほど第二回株式王道会無料メルマガを配信致しました。メルマガの内容については12月1日(土)に本ブログにアップさせていただきます。

本日の東京の株式市場は、連日の上昇から一服し、高安まちまちの展開となっています。

この連日の上昇で値を上げてきた銘柄には利食い売り優勢となっており、逆にこの連日の上昇前に値をあげ、ここ数日調整をしてきた銘柄が見直されている状況となっております。

例えば【4763】クリークアンドリバ―や【6678】テクノメディカ、そして昨日ご紹介した【3360】シップヘルスケアなどがしっかりとした展開を示しています。

ここまでの全体相場の上昇は、騰落レシオで見ると105%台と全く過熱感がありません。

騰落レシオがわからない方のために解説させていただきますと、概ね25日平均で値上がり銘柄数を値下がり銘柄数で割った値を%で取る数字のことで、値上がり銘柄数が多ければ100%より上に、値下がり銘柄数が多ければ100%より下になります。

よく言われているのは120%を越えると警戒感、130%を越えれば過熱感が出るとのことで、急激な相場上昇の際に天井・底を見極める指標として使われるのが一般的です。

この数字が105%ということは過熱感がないということなのですが、もう少し深く分析をすると、値上がっている銘柄と値下がっている銘柄の2極化が起こっているということが言えます。

「強いものは強い」という話を今までこの場で何度も申し上げてきたことが数値にも表れているということがわかります。銘柄の一部に過熱感が出ていて指数を押し上げていて、上がらない銘柄はなかなか上がらないということが言えてしまいます。

ただ、これ以上値上がり銘柄が増え続けずに一極集中で相場が展開する可能性はあまり高いとは思えません。捻じ曲がっている相場も9500円を一旦つけたことで、これまでの流れからは少し変わってくるということを頭に入れていかなければならないと思っています。

為替の状況などを総合的に考えて、今後は出遅れている銘柄が脚光を浴びるタイミングがくることでしょう。相場の環境が良くなってきている今、株式市場は来期・再来期といったように先を織り込む展開が始まります。

そういった中で王道銘柄として取り上げてきました【6801】東光などがそれで、スマートフォンやタブレットPCが今後さらに盛り上がりを見せる中で同じ王道銘柄である【5809】タツタ電線のように大相場になる可能性が徐々に高まってきています。

足元での業績も着実に改善してきており、それに為替動向もプラスされているために買われるタイミングが近づいてきているように思います。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/27(火)相場雑感コメント

【3360】シップH​D
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ




株式王道会よりお知らせ

11月27日(火曜日)朝に第二回無料メルマガにて、先行して【6636】シスウェーブHDの追加情報を配信いたします。メルマガの内容のブログへの掲載は12月1日(金曜日)を予定しています。

この機会に是非、株式王道会無料メルマガにご登録ください。

ご登録は⇒こちらから!

また『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!

人気ブログランキングへ





【3360】シップH​D


東京の株式市場は先週のNY株式市場の大幅高を受けて、寄り付きこそ大幅高で始まりましたが、その後は売りに押されてじりじりと下げる展開が続いています。

この1週間そこそこで日経平均で一気に9500円ほどまで上昇してきたわけですから、多少の調整を挟むのもやむを得ないところではあります。

12月16日の総選挙までまだ時間がありますし、その中でもう少し戦局を見極めなければならないと思いますので9200円から9700円くらいのレンジで推移すると考えています。

米国での消費も活発で、クリスマス商戦の発射台となるブラックフライデーも前年比9%超と過去最高を更新したようですし、財政の崖の問題も結局は解決するという見方が大勢を占めてきたので、米国株のこれ以上の大幅安も可能性は低くなってきています。

このような時にはある程度しっかりした上昇トレンドを描いている銘柄の中で、業績が好調でかつ足元で少し株価が下げてきているものを選んで押し目を拾っていくという方法が奏功すると考えます。

例えば

【3360】シップヘルスケアHD

などがいいかもしれません。

医療設備のTPS(トータルパックシステム)が主力事業で、病院のリモデルの需要を順調に獲得しています。リモデルをすることによって病院の経営コストが下がるというメリットがあり、ここにきてその普及が広まってきています。

中長期的な成長も見込まれるとともにその成長性はまだ株価には織り込みきれていない状況です。

1度決算の発表を行ったときに高値2818円をつけてから利益確定の売りに押されました。円安相場に伴って内需関連株から、輸出関連株へとシフトが起こったのも原因の1つと考えています。

為替相場がある程度落ち着いた段階で再びシップHDが再評価され、2818円の高値を更新するでしょう。

まずは目標株価を3000円とし、短期的に値幅をとっていける銘柄として期待しておきたいと思います。

人気ブログランキングへ




いつも株式王道会のブログを読んで頂き、ありがとうございます。

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします。

        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

当ブログを応援してくださる方へこの場をお借り致しましてお礼申し上げます。

本日も、ありがとうございました。

株式王道会 主宰
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/26(月)相場雑感コメント

王道銘柄・邪道銘柄一​覧
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ




株式王道会よりお知らせ

11月27日(火曜日)朝に第二回無料メルマガにて、先行して【6636】シスウェーブHDの追加情報を配信いたします。メルマガの内容のブログへの掲載は12月1日(金曜日)を予定しています。

この機会に是非、株式王道会無料メルマガにご登録ください。

ご登録は⇒こちらから!

また『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!

人気ブログランキングへ





王道銘柄・邪道銘柄一​覧


☆王道銘柄一覧☆

【8002】 丸紅 紹介日:8月14日 紹介日終値:532円 紹介後高値:546円 直近終値:542円

◆食糧危機関連として紹介。売上高に占める資源の割合が少なく、今期の業績も安定的。過去最高益更新も射程圏。来年から買収した米国ガビロンの業績が寄与する。利益押し上げは1割ほどだが、今後市況上昇とシナジー追及でさらなる増益へ。

【6326】 クボタ 紹介日:8月14日 紹介日終値:757円 紹介後高値:843円 直近終値:870円

◆食糧危機関連として紹介。足元でも受注減速などは聞こえてこない。世界一のコメ生産国であるタイは依然として機械化が進まず。今後も増益余地を残す。機械セクターのディフェンシブ銘柄としての見方も直近で浮上。

【4996】 クミアイ化学 紹介日:8月14日 紹介日終値:401円 紹介後高値:420円 直近終値:373円

◆食糧危機関連。新剤の発売で今後は世界の農薬メーカーへ飛躍。数年間で売上300億円アップも現実に。

【6324】 ハーモニック・ドライブ・システムズ 紹介日:8月20日 紹介日終値:1584円 紹介後高値:1699円 直近終値:1500円

◆オンリーワン・ナンバーワン関連として紹介。納入先であるファナックや安川電機と連動。足元の受注は弱含んではいるが、株価水準はそれを織り込み済み。

【2056】 日本配合飼料 紹介日:8月21日 紹介日終値:113円 紹介後高値:123円 直近終値:98円

◆マグロ完全養殖関連として紹介。足元の穀物価格上昇を受けて配合飼料を値上げ。穀物価格の上昇局面では好マージン。業績には好影響も。穀物価格の動向に目先は注意。

【2286】 林兼産業 紹介日:8月21日 紹介日終値:69円 紹介後高値:71円 直近終値:70円

◆マグロ完全養殖関連として紹介。マグロの規制関連のニュースに感応度高いがそのニュースフローだけでは続かない。赤字事業を縮小し、マグロの配合飼料へ軸足。増産ペース加速すれば今後業績も浮上。中期経営計画を策定。穀物価格にも注意。

【5809】 タツタ電線 紹介日:8月27日 紹介日終値:592円 紹介後高値:850円 直近終値:763円

◆スマートフォン関連として紹介。業績は足元でも好調維持。再増額修正。年初来高値を連続更新中。

【6801】 東光 紹介日:8月27日 紹介日終値:222円 紹介後高値:228円 直近終値:198円

◆スマートフォン関連銘柄として紹介。メタルアロイコイルに期待。設備投資本格化で下期以降利益上向く公算。スマートフォンへの採用はさらに伸びる見通し。iPhone5にも搭載。業績は着実に改善。

【7527】 システムソフト 紹介日:8月28日 紹介日終値:68円 紹介後高値:183円 直近終値:149円

◆パワーテクノロジー社との合併で大幅高。2013年9月期は業績大幅上ブレ。合併は来年1月1日。業績見通し発表に注目。

【6504】 富士電機 紹介日:10月3日 紹介日終値:154円 紹介後高値:175円 直近終値:170円

◆材料の宝庫。地熱発電・電力インフラ・パワー半導体など将来性のある事業が目白押し。数年に渡っての成長性に期待。

【6636】 シスウェーブHD 紹介日:11月5日 紹介日終値:4080円 紹介後高値:4300円 直近終値:4120円

◆「スーパーソルガム」のバイオエタノールに期待。来期の業績は大幅伸長の可能性。

【7148】 FPG 紹介日:11月2日 紹介日終値:995円 紹介後高値:1057円 直近終値:1048円

◆富裕層向けのリース組成が堅調。業績も上ぶれ余地が高い。東証一部上場でさらなる業容拡大へ弾み。


人気ブログランキングへ


★邪道銘柄一覧★

【6678】 テクノメディカ 紹介日:9月26日 紹介日終値:386500円 紹介後高値:478500円 直近終値:459500円

◆短期上昇期待銘柄として紹介。目下連騰中。新製品が下期から寄与し、大幅増収増益へ。目先の目標株価は50万円。

【3264】 アスコット 紹介日:10月23日 紹介日終値:81円 紹介後高値:87円 直近終値:78円

◆不動産関連の中でも来期へのジャンプ力が高い。決算見通しは控えめの印象。


人気ブログランキングへ


★その他取り上げた銘柄★

【2191】 テラ 紹介時:500円⇒紹介後高値:1119円

【4763】 クリークアンドリバー社 紹介時:28000円⇒紹介後高値:53000円

【3658】 イーブック 紹介時:1350円⇒紹介後高値:1960円

【3641】 パピレス 紹介時:3000円⇒紹介後高値:6120円

【3046】 ジェイアイエヌ 紹介時1650円⇒紹介後高値:2695円

人気ブログランキングへ




いつも株式王道会のブログを読んで頂き、ありがとうございます。

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします。

当ブログを応援してくださる方へこの場をお借り致しましてお礼申し上げます。

本日も、ありがとうございました。

株式王道会 主宰
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/25(日)相場雑感コメント

自動車が拓く未来②
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ




株式王道会よりお知らせ

11月27日(火曜日)朝に第二回無料メルマガにて、先行して【6636】シスウェーブHDの追加情報を配信いたします。メルマガの内容のブログへの掲載は12月1日(金曜日)を予定しています。

この機会に是非、株式王道会無料メルマガにご登録ください。

ご登録は⇒こちらから!

また『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!

人気ブログランキングへ





自動車が拓く未来②


昨日は自動車の未来について少し書かせていただきましたが、本日はその続きを書きたいと思います。

自動車のモジュール化、要するにパソコンのようになるという話でしたが、その流れになっていく背景としてはもう1つ、「自動車の電装化」が挙げられます。

自動車はもともとエンジンに燃料を供給しそれを燃やすことで車輪を動かすだけで、電気系統というのは殆どありませんでした。

それがパワーウィンドウがつき、カーエアコンがつき、カーナビがつき、パワーステアリングも電子制御となり・・・と次々と電子化の流れが起こってきました。

電気系統が増えれば増えるほど、やはり家電に近い形になってきます。そうなるとやはりパソコンや家電に近い方向へと進んでいきます。

例えばトヨタ系の電装品メーカーのトップである【6902】デンソーですが、トヨタとデンソーが共同で車両を電装化させていく過程では、トヨタ以外の自動車メーカーへ電装品を納入することを良しとはしていませんでした。

しかしながら、電装品が成熟し、高い安全性が確立された今となっては積極的に他の自動車メーカーへ納入する機会も与えられるようになり、デンソーの業績もそれに従って大きな伸びを示しました。

トヨタと共に歩んだ開発の歴史を武器に、他の自動車メーカーへトヨタよりも高い値段で電装品を納入することで利益を得ることができるようになったのです。

今後も自動車の電装化はさらに進みますから、デンソーにとってもさらに収益を得られる機会があると考えて良いでしょう。

また、電気自動車や燃料電池車が今後普及してもこの2種は電気でモーターを回すわけですし、電装品は間違いなく使われるのですから、デンソーにとって追い風となるに違いありません。

話は変わって、電気自動車の普及については少し見方を変えなければならないかもしれません。リチウムイオン電池の容量・耐用回数に限界が依然としてあることです。超高速で充電してもやはり10分以上かかってしまうことも問題です。さらには輪をかけて日本の充電方式である「チャデモ式」が米国で採用されなかったことも日本株にとってはネガティブな印象です。

また、当初よりも普及が遅れているということも懸念材料ではあります。

ただ、トヨタがリチウムを使わず、また走行距離もこれまでの倍以上(500キロ以上)走行可能なナトリウムイオン電池を開発するなど、電気自動車のロードマップが着実に進展してきているのは事実です。

数年前にアナリストやファンドマネージャーが思い描いた【6674】GSユアサの大相場のように、電気自動車の大相場が再び訪れるかどうか、もう少し様子を見ていく必要があるでしょう。

自動車について少しだけ2日にわたって書かせていただきましたが、今後も機会を見つけて触れていきたいと思います。

人気ブログランキングへ




いつも株式王道会のブログを読んで頂き、ありがとうございます。

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします。

当ブログを応援してくださる方へこの場をお借り致しましてお礼申し上げます。

本日も、ありがとうございました。

株式王道会 主宰
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/24(土)相場雑感コメント

自動車が​拓く未来①
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ




株式王道会よりお知らせ

11月27日(火曜日)朝に第二回無料メルマガにて、先行して【6636】シスウェーブHDの追加情報を配信いたします。メルマガの内容のブログへの掲載は12月1日(金曜日)を予定しています。

この機会に是非、株式王道会無料メルマガにご登録ください。

ご登録は⇒こちらから!

また『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!

人気ブログランキングへ





自動車が​拓く未来①


ここにきて急激な円安が進んだため、円安メリットを受けやすい自動車セクターなどの銘柄の上昇が目立ってきました。

皆様もご承知の通り、自動車産業は非常に裾野の広い産業です。円安になったお陰で恩恵を受ける企業がかなり増えてきています。

【7203】トヨタに始まり、【6902】デンソーなど、さらには【7243】シロキ工業に至るまで物色が及んできており、日本の株式市場が活性化してきていることを改めて実感しています。

株式王道会では自動車セクターについてこれまではあまり触れていなかったのですが、これを契機に少し自動車についてお話させていただきたいと思います。

まず、ものづくりの前提として自動車とパソコン・家電との違いというのは何でしょうか。

自動車は時速100キロ以上、国によっては時速200キロまでのスピードを出す乗り物です。ですから、まず第一に壊れないこと・安全性を重視しなければなりません。突然エンジンが停止する、ブレーキがかからないなどといったことがあっては命に関わります。

それに対してパソコン・家電は壊れないことも勿論重要かもしれませんが、安く大量に作れることが重要視されます。それは壊れても人が死ぬことはないので、壊れないことを最重要視することはしないのです。言い過ぎかもしれませんが、インテルのCPUを使い、DRAMとハードディスクがあればどのメーカーでもパソコンは簡単に作れてしまいます。

この2つの違いからも、トヨタは部品1点1点にこだわりを持ち、傘下企業とともに開発を行い、それによって高い品質と安全性を確保してきました。

それが少しずつ時代と共に変わってきています。自動車部品のモジュール化です。

背景としては新興国の自動車需要が非常に強いことが挙げられ、それによって高級車種ではなく、一般大衆車を安く大量に作る必要性がうまれてきています。

自動車メーカーにとって開発で最も負担がかかるのはエンジンです。そのエンジンを1車種につき1つ開発しているとどうしてもコスト競争力で負けてしまう状況になってきました。

エンジンを1つ開発したらそれを多くの車種に搭載するという流れが始まっているのは勿論で、さらにはエンジンのOEM供給も始まっています。例えばトヨタにマツダがエンジンを生産し、供給するといった形です。

この流れは今後さらに広がりを見せることは間違いなく、高い品質のエンジンを作ることが出来るメーカーに集約されると見ています。

1社だけがエンジンを作る、ということになるかはさすがに見通せませんが、パソコン業界で例えて言うならば、自動車のインテルが誕生するかもしれません。

その一環として日本の自動車メーカー内では世界でシェアを伸ばしていくために、再編が起こるのも間違いないことでしょう。

マツダや富士重工などがその対象になる日も近いかもしれません。そうなってくるとあまりに多すぎる日本の自動車メーカーも、大きなまとまりを見せ、世界と戦える力がついていくのではないかと期待しています。

明日はこの続きで電気自動車などについても触れていきたいと思います。

人気ブログランキングへ




いつも株式王道会のブログを読んで頂き、ありがとうございます。

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします。

当ブログを応援してくださる方へこの場をお借り致しましてお礼申し上げます。

本日も、ありがとうございました。

株式王道会 主宰
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/23(金)日本経済コメント

王道銘柄が上昇中
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ




株式王道会よりお知らせ

11月27日(火曜日)朝に第二回無料メルマガにて、先行して【6636】シスウェーブHDの追加情報を配信いたします。メルマガの内容のブログへの掲載は12月1日(金曜日)を予定しています。

この機会に是非、株式王道会無料メルマガにご登録ください。

ご登録は⇒こちらから!

また『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!

人気ブログランキングへ





王道銘柄が上昇中


本日の日経新聞3面に書かれた記事で、「中国政府系ファンドの日本株保有、なお高水準」というものがありました。

尖閣諸島の問題で日中関係が悪化している中でも、銘柄の入れ替えをしながら愚直に日本株への投資を続けているようです。

大型・中小型関係なく、将来的に発展の見込みがある銘柄を選んで投資活動を行っており、例えば【5602】栗本鉄工所や【3104】富士紡など、個人投資家が好みそうな材料株に投資していることも実に興味深いことです。

日本を代表するような大型株が失速する中ではこのような小さい銘柄に集中的に投資する方が効率がいいのは間違いないところです。

特に電子部品などには世界に誇れる技術がまだまだあるわけで、その技術が開花した銘柄には物色の矛先が向かいますし、その銘柄の時価総額が小さければ小さいほど大きく上昇しているというわけでしょう。

他の海外の機関投資家たちは、日本株が出遅れていることはわかっていながらも、政権が不安定であることや更なる少子高齢化の懸念などから日本株を敬遠してきました。

しかしながら、これ以上ウェイトを下げることができないくらいにまで下げてきており、今後は今回の選挙をきっかけに保有するウェイトを高めていく可能性が非常に高いと思います。既にその流れが始まっているということも言えます。

これに対して日本人はバブルのツケを未だに引きずり日本株への投資をせず、外国人投資家に振り回されていることは非常に残念なことであります。

株は博打以外の何ものでもないという固定観念が充満し、外債に逃げてしまったり、挙句の果てには金利がゼロの銀行預金しかしていない人が殆どです。

皮肉なことにみずほ銀行に預金していると金利はゼロであり、【8411】みずほフィナンシャルの株を買っていれば金利は5%近く得られるということに誰も気づいていませんし、そういう発想自体がそもそもないのが日本人なのです。

ただ、これから本当にインフレ目標を高く持って日銀が動いてくるとなると、貨幣の価値が下がるわけですから預金していたままではいられなくなります。つまり株や不動産などに資金を移していかなければ地盤沈下してしまうのです。

日本人はこれから積極的に自身のお金を守るために積極的に投資活動を行わなければならない時代がやってくるでしょう。

そのような啓蒙活動を政府や日銀、東証、マスコミなどが中心となって行うことが求められています。

この株式王道会を御覧いただいている皆様は、崇高な理念を持って投資を行っていらっしゃる方が殆どだと思いますが、そのような人が1人でも多く増えていくようにこれからも株式王道会を続けていきたいと思います。

さて、個別銘柄に関してですが、王道銘柄の1つである

【6636】シスウェーブHDが少し動意づいてきたようです。(関連記事はこちら)

冒頭でもお知らせで告知させていただきましたが、11月27日(火曜日)朝に配信予定の第二回無料メルマガにて、先行して追加の情報を書かせていただきたいと思います。

なお、メルマガの内容のブログへの掲載は12月1日(金曜日)を予定しています。

人気ブログランキングへ




いつも株式王道会のブログを読んで頂き、ありがとうございます。

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします。

当ブログを応援してくださる方へこの場をお借り致しましてお礼申し上げます。

本日も、ありがとうございました。

株式王道会 主宰
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/22(木)相場雑感コメント

木を見て森も見る
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

いつも株式王道会のブログを読んで頂き、ありがとうございます。

当ブログを応援してくださる方の、気持ちのこもったクリックにこの場をお借り致しましてお礼申し上げます。

本日も、ありがとうございました。

株式王道会 主宰

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


木を見て森も見る


昨日のNYの株式市場は、米国の住宅着工件数が発表され、改めて住宅市況の回復が鮮明になってきたこともあり、一時は大幅な上昇をみせましたが、FRBバーナンキ議長が「財政の崖」問題に対し後ろ向きな発言をしたために、引けは小幅安となりました。

このように日々の世界の経済指標、そして各企業の決算を見て、それに対応するということは勿論重要です。しかし、目先の動きに囚われすぎて「木を見て森を見ず」に陥ってしまいがちになることには注意しなければなりません。

以前の記事「長期投資こそ王道」でも書いた通り、大局観を捉えることがまず大前提になければなりません。

冷戦が終結して「世界が1つ」になってきたのはほんの20年ほど前のことです。それから中国が改革開放路線を突き進み、先進国が豊富で安い労働力を求めて生産拠点を中国に移転したことで、雇用が創出されました。そして次第に中国人も豊かになり、賃金が上昇、今では成熟し始めてきており、中国経済は曲がり角を迎えていると言われています。

かつての戦後日本でも、都心部にあった工場が豊富で安い労働力を求めて地方に工場を移転させる動きがありました。その後地方も豊かになり、賃金が上昇してきたためにさらに安くて豊富な労働力を中国等の新興国に求めたのです。

すなわち、日本国内で都心部と地方という関係で起こっていたことが、同じように先進国と新興国の間でも起こっているということです。

この流れは今後さらに世界レベルで続くわけであり、今では中国からさらに安い労働力を求めてベトナムやカンボジアなどに生産拠点を移しています。ベトナムやカンボジアが豊かになり、賃金が上昇してきて成熟し始めればまたさらに安い賃金を求めて生産拠点を移していくことになります。

そうして行き着く先はアフリカであり、アフリカ人が豊かになるまではこの流れは止まらないと見るべきです。

ここまでくれば世界中での消費が活発化するわけですから、非常に強力な需要が見込めるのは間違いありません。世界総人口が中産階級まで上り詰めるまで世界景気は大きく発展していくと考えています。

アフリカが中国のようになるまで、今後数十年くらいでしょうか、それまでは世界のGDPは上昇を続けると見ることができます。

現時点での中国の成長が鈍化しているのは、成熟期になっているからこそ対中の投資が減ってきており、他の新興国へと投資が移っている証拠なのでしょう。

中国の消費は「爆食」と言われてきましたが、あと30億人以上の潜在需要が待っています。

そう考えれば、鉄鋼メーカーや自動車メーカーなどは長期で見て非常に買い妙味も出てきます。また、資源の争奪戦も再び起こることになります。どこかのタイミングで投資していくべきであるのは間違いありません。

【5480】日本冶金工は、中国の経済成長の恩恵を受けて20円台だった株価が1700円にまで上昇しました。その大きなうねりがもう1度あるいは2度くると思っていますし、この高値を更新するポテンシャルもあるでしょう。

さらに【5406】神戸製鋼ですが、粗悪な鉄鉱石からも高級鋼板が作り出せる技術(還元法)を持っている世界で唯一の企業です。資源争奪戦が起こり、鉄鉱石の値段が猛烈に上昇した場合でも安価で劣悪な鉄鉱石で鉄を作ることによって高い価格競争力を出すことができるでしょう。また、この還元法を他の鉄鋼メーカーに技術供与することによって莫大なライセンスフィーが得られる可能性も秘めています。

今の株価水準では敵対的な買収が成されることもあるかもしれません。

株価が大きく低迷している時こそ、将来のことを見据えて投資を行う重要性があるということを今一度頭の中に入れておきましょう。「木を見て森も見る」と書きましたが、宇宙から地球を眺めるくらいの大きな視野を持つくらいの気持ちでいきたいですね。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/21(水)世界経済コメント

次期日銀総裁は?
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

いつも株式王道会のブログを読んで頂き、ありがとうございます。

当ブログを応援してくださる方の、気持ちのこもったクリックにこの場をお借り致しましてお礼申し上げます。

本日も、ありがとうございました。

株式王道会 主宰

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


次期日銀総裁は?


BRICsの生みの親でもある、ゴールドマンサックスのジム・オニール氏が「円を売る時が来た」と発言したようです。

長らく続いていた円高トレンドに終止符が打たれ今後は数年に渡り円安のトレンドが継続するとの見方をしているとのことです。

その理由として日本の国際収支が赤字に転落したことを挙げていて、一言で言えば「弱い日本」が露呈されたことが円を売る転換期となったということなのでしょう。

株式王道会ではこの点には以前から着目しており、円安トレンドへの転換の1つのきっかけになるだろうと申し上げてきました。

また次期日銀総裁のポストについても、1%以上のインフレターゲット、更なる金融緩和を目指すであろうということを安倍自民党総裁が発言する前から着目してきました。

現在のところ、内部の話では前財務事務次官の勝栄二郎氏が次期日銀総裁になるという噂で、水面下での動きが続いているようです。勝氏が日銀総裁に決まった段階では先程申し上げた更なる金融緩和、そして株高政策へと大きく舵を切っていくことになるでしょう。

正直なところ、突拍子もなく解散直後に安倍氏からこのような発言が飛び出るとは予測できず、ここまで短期的な円安、そして株高に至るということまでは当てることはできませんでした。反省しなければならないところではあります。

今後、選挙の行方を睨みながらの展開が続くことでしょうし、それについても逐一書ける事があれば書いていきたいと思います。

財政の崖の問題についても解消に向けて自信あるオバマ大統領の発言もありましたが、まだ解消されたというわけではありませんからもう少し様子を見ていく必要があるでしょう。

個別銘柄についてですが、先週金曜日にご紹介した【6218】エンシュウが昨日、直近の高値90円を抜けて引けは前日比10円高の94円となりました。ひとまず掲げさせていただいた目標株価100円が見えてきました。

また、【6924】岩崎電気についてはまだ上昇も第一段階で、押し目は積極的に狙っていきたいところであります。いちよし証券から出たレポートは以前株式王道会がご紹介した内容とほぼ変わりませんが、来期・再来期の見通しに関してはさらなる上ブレの可能性もあると見ています。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/20(火)日本経済コメント

【6924】岩崎電気​が反騰開始!
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


【6924】岩崎電気​が反騰開始!


先週土曜日に自民党関連銘柄としてご紹介させていただいた【6924】岩崎電気が暴騰しています。

自民党が政権を取った場合に使われるであろう国土強靭化計画、10年間・200兆円という金額のうちわけとしては間違いなく道路灯のLED化に使われることとなることをマーケットも織り込み始めているということでしょう。

9月4日に岩崎電気をご紹介していたわけ(詳しくはこちら→9月4日記事 国土強靭化)ですが、マーケット全体が非常に強い物色の動きを見せ始めているために、低迷を続けてきた株価が大きく反騰する可能性が高まってきています。

今まで足元の業績しか見られてこなかった銘柄でも、将来を織り込むことで株価が上昇を見せるということが起こってきていることは足元のマーケットに対して敬意を表したいと思います。

勿論ここまで上昇を続けてきた銘柄に関しても引き続き力強い動きを一部で見せているものもあります。【4763】クリークアンドリバーもアマゾンのキンドル、楽天kobo、どちらの電子書籍インフラにも対応していること、そして漫画ではなく活字の電子書籍に太いパイプを持っていることが評価され続けています。

結局のところ、銘柄の選定のうちで企業ごとに何が武器になるのか、そしてそれが時代にどのようにマッチングするかを重要視していくことが非常に重要になるのです。

「強いものは強い」ということは先般申し上げてきていましたが、どこまでも強いわけではなくその中でも特に強いものが選別されてくることでしょう。

勘違いしてはいけないのは、毎日暴騰する銘柄を売り買いできるということは全くあり得ないことであり、単なるウワサだけで売り買いすることだけはやめなければなりません。

日々次から次へと目先で動いているだけの銘柄を推奨しているような記事やブログなどが非常に多く、何の根拠もなく情報を出しっ放しにし、上がれば自慢、下がれば知らんぷりで次はこれ、といったような一方的且つ適当な情報発信を行っているものが後を絶ちません。

皆様が株式投資の王道としてまず柱として掲げなければならないことは、何故この銘柄を今買うのか、その根拠を自身の中にしっかりと植え込むことなのです。自信をもって銘柄を買うことができなければ、下がればすぐに弱気になりますし、上がったところで何の根拠もわからないわけですからすぐに売ってしまい、大きな利益を得ることもできなくなってしまいます。

株式王道会でご紹介させていただく銘柄には根拠のない銘柄はありません。根拠があるからこそ買っていけることができますし、妥当な水準で利益をあげることもできると考えています。

突き詰めて言えば、このブログに掲載している銘柄は「王道会の銘柄」ではなく、明示された根拠や相場観をよく読んでいただき「皆様自身の銘柄」として昇華させた上で自信をもって投資活動を行っていただけるように心がけている次第です。また、納得がいかない点、疑問に思う点があれば無料メルマガへメッセージを返信していただければ個別にご対応も致します。

こういった投資活動が真の株式投資であり、真の「自己責任」だと言えます。

今後も株式王道会では皆様の「自己責任」においての投資活動をサポートさせていただきたいと思います。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/19(月)王道銘柄コメント

王道銘柄・邪道銘柄一​覧
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


王道銘柄・邪道銘柄一​覧


☆王道銘柄一覧☆

【8002】 丸紅 紹介日:8月14日 紹介日終値:532円 紹介後高値:546円 直近終値:532円

◆食糧危機関連として紹介。売上高に占める資源の割合が少なく、今期の業績も安定的。過去最高益更新も射程圏。来年から買収した米国ガビロンの業績が寄与する。利益押し上げは1割ほどだが、今後市況上昇とシナジー追及でさらなる増益へ。

【6326】 クボタ 紹介日:8月14日 紹介日終値:757円 紹介後高値:843円 直近終値:835円

◆食糧危機関連として紹介。足元でも受注減速などは聞こえてこない。世界一のコメ生産国であるタイは依然として機械化が進まず。今後も増益余地を残す。機械セクターのディフェンシブ銘柄としての見方も直近で浮上。

【4996】 クミアイ化学 紹介日:8月14日 紹介日終値:401円 紹介後高値:420円 直近終値:366円

◆食糧危機関連。新剤の発売で今後は世界の農薬メーカーへ飛躍。数年間で売上300億円アップも現実に。

【6324】 ハーモニック・ドライブ・システムズ 紹介日:8月20日 紹介日終値:1584円 紹介後高値:1699円 直近終値:1422円

◆オンリーワン・ナンバーワン関連として紹介。納入先であるファナックや安川電機と連動。足元の受注は弱含んではいるが、株価水準はそれを織り込み済み。

【2056】 日本配合飼料 紹介日:8月21日 紹介日終値:113円 紹介後高値:123円 直近終値:97円

◆マグロ完全養殖関連として紹介。足元の穀物価格上昇を受けて配合飼料を値上げ。穀物価格の上昇局面では好マージン。業績には好影響も。穀物価格の動向に目先は注意。

【2286】 林兼産業 紹介日:8月21日 紹介日終値:69円 紹介後高値:71円 直近終値:69円

◆マグロ完全養殖関連として紹介。マグロの規制関連のニュースに感応度高いがそのニュースフローだけでは続かない。赤字事業を縮小し、マグロの配合飼料へ軸足。増産ペース加速すれば今後業績も浮上。中期経営計画を策定。穀物価格にも注意。

【5809】 タツタ電線 紹介日:8月27日 紹介日終値:592円 紹介後高値:850円 直近終値:737円

◆スマートフォン関連として紹介。業績は足元でも好調維持。再増額修正。年初来高値を連続更新中。

【6801】 東光 紹介日:8月27日 紹介日終値:222円 紹介後高値:228円 直近終値:190円

◆スマートフォン関連銘柄として紹介。メタルアロイコイルに期待。設備投資本格化で下期以降利益上向く公算。スマートフォンへの採用はさらに伸びる見通し。iPhone5にも搭載。業績は着実に改善。

【7527】 システムソフト 紹介日:8月28日 紹介日終値:68円 紹介後高値:183円 直近終値:131円

◆パワーテクノロジー社との合併で大幅高。2013年9月期は業績大幅上ブレ。合併は来年1月1日。業績見通し発表に注目。

【6504】 富士電機 紹介日:10月3日 紹介日終値:154円 紹介後高値:175円 直近終値:165円

◆材料の宝庫。地熱発電・電力インフラ・パワー半導体など将来性のある事業が目白押し。数年に渡っての成長性に期待。

【6636】 シスウェーブHD 紹介日:11月5日 紹介日終値:4080円 紹介後高値:4240円 直近終値:4000円

◆「スーパーソルガム」のバイオエタノールに期待。来期の業績は大幅伸長の可能性。

【7148】 FPG 紹介日:11月2日 紹介日終値:995円 紹介後高値:1033円 直近終値:1001円

◆富裕層向けのリース組成が堅調。業績も上ぶれ余地が高い。東証一部上場でさらなる業容拡大へ弾み。


★邪道銘柄一覧★

【6678】 テクノメディカ 紹介日:9月26日 紹介日終値:386500円 紹介後高値:478500円 直近終値:468000円

◆短期上昇期待銘柄として紹介。目下連騰中。新製品が下期から寄与し、大幅増収増益へ。目先の目標株価は50万円。

【3264】 アスコット 紹介日:10月23日 紹介日終値:81円 紹介後高値:87円 直近終値:77円

◆不動産関連の中でも来期へのジャンプ力が高い。決算見通しは控えめの印象。

★その他取り上げた銘柄★

【2191】 テラ 紹介時:500円⇒紹介後高値:1119円

【4763】 クリークアンドリバー社 紹介時:28000円⇒紹介後高値:50000円

【3658】 イーブック 紹介時:1350円⇒紹介後高値:1920円

【3641】 パピレス 紹介時:3000円⇒紹介後高値:6120円

【3046】 ジェイアイエヌ 紹介時1650円⇒紹介後高値:2695円


最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/18(日)その他コメント

自民党関連銘柄をピッ​クアップ
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


自民党関連銘柄をピッ​クアップ


昨日の東京の株式市場は日経平均で9000円の大台を突破し、9024円16銭となり久々の大商いを演じて取引を終了しました。

ここまで力強い上昇も新しい政権に対して過度の期待を持っていると少し思ってしまうわけで、自民党が政権をとった時には何を具体的にやってくれるのかということをもう少し精査する必要があるでしょう。

ただ、1%というインフレ目標を例えば3%といったように目標を高く持って金融政策を行うようになれば、1%という目標すら達成困難ではあるかもしれませんが、目標が高ければ高いほど打つ手は多く、また金額も多くしていかなければならないわけですから、マーケットが大きく期待することにも納得させられます。

このような期待がいつまで続くかはわかりませんが、間違いなく相場の潮目は変わってきていると思いますし、海外の冷え込みで売られる局面があれば果敢に立ち向かっていくことも必要になってきています。

そんな中で、自民党の政権奪還というテーマに従って銘柄を考えていくと、やはり復興関連でもある建設株などがやはり挙げられるでしょう。

建設株の中でもむやみやたらと道路を作るといったバラマキはそこまでできないとは思いますので、以前からテーマとなっている補修関連などに特化した方が良さそうです。

例えば【1414】ショーボンドHD。橋梁の老朽化が昨今叫ばれている中で同社の行う補修工事には定評があります。橋梁のコンクリートに流し込み強度を増加させる接着剤が非常に優秀であり、今後需要は益々増えていくことになるでしょう。

また、地盤の基礎を強化させる工事は【1926】ライト工業が最も有名です。震災後に液状化対策関連として買われましたが、これから復興の工事や液状化対策工事が本格化するため、同社も売上・利益が伸びていくことと思います。

また、以前株式王道会でも触れた【6924】岩崎電気も自民党関連として注目できそうです。依然として道路灯のLED化には遅れが目立ってきており、今後首都高速などのLED化が行われることは間違いありません。国土交通省の予算も今後大幅に伸びるのは間違いないので、どこかのタイミングで注目されることでしょう。

自民党に関連する銘柄としていくつか挙げさせていただきましたが、もう少し選挙情勢を見極めながらこれらの銘柄について深く掘り下げる機会をまた設けていきたいと思います。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/17(土)相場雑感コメント

【6218】エンシュ​ウ
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


【6218】エンシュ​ウ


衆議院の解散が決まり、自民党勝利を先回りする格好で円安が急速に進んできました。

安倍自民党総裁が無制限金融緩和やマイナス金利という発言を行ったためであり、昨日書かせていただいたように、着々と日銀が変わる礎ができつつあるようです。

以前から申し上げているように日本株上昇のトリガーとしてドル円80円以上をキープすることを挙げておりそれがかなり現実味を帯びてきたところであります。

しかしながら財政の崖問題が解消されるという結論の前に一度梯子を外すような動きがある可能性があり、実際の日経平均は9000円に満たない展開となっています。

財政の崖の解消が進めば日本特有の選挙というポジティブファクターがさらに活きてくると思いますので、それまでは待ちながらもう少し様子を見ていく必要があるかと思います。

決算も全てが出揃った段階で、これから下期から来期にかけての業績を織り込んでいく相場になります。

素直に好決算を発表した銘柄は既に買われていますが、その中でも少し下期が控えめになっている銘柄はまだ買われていません。

そういった銘柄にフォーカスして目先的に利益をあげるという方法がこれから年末にかけては効果的だと思います。

例えば【6218】のエンシュウなど、足元非常に好調ですが未だ株価には織り込まれていない印象を受けます。

相場が大きく下落しない限りは少しずつ評価されて買われる場面がくると思っていますので100円くらいをメドにして追いかけてみるのも面白いかもしれません。


最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/16(金)相場雑感コメント

総選挙の先に待ってい​るもの
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


総選挙の先に待ってい​るもの


衆議院の解散が決定し、来月16日に総選挙が行われることになりました。


民主党が大勝し政権をとった時に、某政治評論家の講演会で『これほどまでに民主党に国民が期待するということは歴史的に大きな転換期を迎えたということであり、今後20年間民主党の時代が続くことになる』と言っていたことを思い出しました。

この話を聞いたときには何をふざけたことを言っているのかと正直思いました。1994年以降に小選挙区制となった衆議院議員選挙は、1党独裁になりやすいだけで、マスコミが自民党がどうしようもない時期に漬け込んで民主党を持ち上げただけに過ぎません。

小選挙区制では1つの選挙区から1人の議員しか選ばれないため、支持率がいくら低くてもその政党が1位にさえなれば、当選してしまうことになり、2位以下の政党への民意が反映されなくなります。

要するに実際の支持率以上に民主党が大勝してしまったわけであり、国民の気が少し変われば簡単に民主党の時代などは終わりを告げるのです。

選挙後、結局国民の期待通りには事は進まず、民主党はマニフェストを殆ど実現できないどころか、かえって日本を悪い方向へと導いてきました。そんな民主党には国民はほとほと嫌気がさしていたわけで、国民の審判が思っていたよりも早く、年内に下されることになったことは非常に評価できることと思います。

民主党の議員たちはこのままの状態でいると次期の自身の地位はないでしょうから、第三極に流れる議員が大勢いることでしょう。

今後は選挙の結果を予想しながら今後の株式市場がどのようになるのかを予想していくことになります。政党が乱立して、過半数の議席を取れる政党が存在せずにますます政局は混乱を極めるとの見方もありますが、私はそこまで混乱はしないと思っています。

現在のところ自民党が支持率では1位のようで、このまま選挙が行われれば先ほど述べた小選挙区制の特徴が表れて、自民党が意外と大勝するのではないかと見ています。

あとは第二政党がどうなるかですが、第三極と言われている太陽の党・維新の会・みんなの党がどこまで票を伸ばせるかにかかっているでしょう。ある程度政策に対して自民党に注文がつけられる程度は議席を確保して欲しいものです。

自民党が勝利すれば安倍政権が発足し、そうなってくると来年3月以降の日銀の総裁は誰になるかが焦点になります。

ある関係筋によれば株価の引き上げ、円安誘導や1%というインフレ目標を引き上げる政策を積極的に行う人物が総裁の座につくと言われているようで、日本の株式市場も大きな転機をこれから迎えることになるかもしれません。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/15(木)相場雑感コメント

日立電線で相場を乗り​切る
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


日立電線で相場を乗り​切る


昨日の日経新聞一面で【5486】日立金属と【5812】日立電線の合併が報じられました。

日立グループの再編の仕上げとして両社を合併を行い、余分なコストを削減しながら国際的な競争力をつけることが狙いです。

この報道を受けて昨日は日立金属が売られ、日立電線は大きく買われました。

一昨日の終値は日立金属が680円、日立電線は107円でした。それぞれのPBR(一株純資産倍率)は約1倍と0.5倍ということですので、仮に一株純資産をベースに合併が行われるということになれば日立電線が遥かに割安ということになります。

昨日の朝は両社ともこの報道について「発表したものではなく、決定事項があれば適宜知らせる」とのコメントを発表しました。

その後日立電線株は前日比+30円の137円まで上昇する場面もありましたが、午後2時半に両社から合併の発表があった後に下落、127円で引けました。

そして今日に至ってはさらに下落し、10時現在では前日比-14円の113円まで売られています。

昨日の両社の発表では1月上旬に合併の契約を締結し、4月に正式に合併するとのことでした。

昨日から短期筋が合併比率の発表を期待して買っていた分、合併比率の発表が延びたことで見切売りが止まらない状況を生んでしまったのでしょう。

合併に伴う日立電線の妥当な株価は170円ほどは見てもいいのではないかと思います。合併の契約時期は1月上旬ということで、その頃までには合併比率が明らかになることでしょう。

まずは150円を目標にしながら、毎日少しずつ買うというのが良いかもしれません。というのも目先的には財政の崖や欧州債務懸念の問題でマーケットに少し陰りが見えているために合併という特異なファクターのある株の比率を少し引き上げた方がリスク分散に繋がるのではないかと考えたからです。

合併することが確実になった今、売りが一巡してくれば他の銘柄に比べれば比較的に安定した株価推移を辿るものと思いますし、リスクを最小限に抑えながらキャピタルゲインを得られる銘柄に変わるのではないかと思います。

100円台後半から115円くらいのレンジで少しずつ拾いながら様子を見ることが良いでしょう。

少しずつポートフォリオを調整しつつ、目先はリスク分散に努めましょう。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!v
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/14(水)相場雑感コメント

大相場を越える大相場
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


大相場を越える大相場


本日の東京の株式市場は昨日の米国株式市場が小動きだったこともあり、膠着した状況となっています。

強気と弱気が入り混じっている展開がしばらく続いてしまうために、個別の材料株に物色の矛先が向かうと共に、中間決算で特に業績が良かった銘柄が選別されているように思います。また、時価総額が大きい銘柄になればなるほど様子見のムードが漂うために大きな値動きも得られず、中小型の値動きが荒くなってしまうということも起こっています。

当然の話ですが、強気と弱気の引っ張り合いでマーケットは成り立っています。

強気が多ければ多いほど相場は上昇しますし、弱気が多ければ多いほど相場は下落します。

しかしながらここ数年、皆が強気になると1ヶ月くらい相場の上昇が続くのですが、その後大きく下落してしまっています。

毎年、年明けに集まるマーケット関係者の会合で、周囲の顔色を窺うと皆かなり血色も良く「これから大相場になる」と言う声が方々から聞こえてくるのですが、そこからもって3~4ヶ月、日経平均で1000円くらい上昇した後にひどい相場が訪れるということを毎年繰り返してきています。

アノマリーとして皆が強気になれば売り、というのが基本ではあるとは思います。

ここで私が従前申し上げている、「大相場の到来」というのは皆が強気になり、相場が天井をつけたあとに一旦は調整局面を迎えるが、その後に高値を抜いてさらに上昇波動に乗っていくということです。ライブドアショック・リーマンショック・そして東日本大地震を経て十分な休養をした今、世界の中でも割安に放置されてきた日本株が大きなパフォーマンスをあげる時が近いところまできています。

毎年、年初に大相場になると信じていた人たちが来年の初めにも同じような気持ちでいるかはわかりませんが、次に迎える「大相場」になるというメンタリティーに変わったときには大きく相場が転換していく予兆になるかもしれません。

皆が思う大相場を越える大相場、そのトリガーとなるのは衆議院の解散、そして日銀総裁の交代にあると見ています。

日銀総裁が誰になるかは今のところ言及は避けたいと思いますが、金融緩和に弾みがつき、円安へと傾斜する可能性が高まることは間違いないところです。

衆議院の解散・総選挙と合わせて、今後注意して見ていきたいと思っています。

個別の銘柄としては王道銘柄としてご紹介させていただいている【2286】林兼産業が昨日中間決算の上方修正を発表しました。


同社の業績も着実に改善してきています。株式王道会ではマグロの配合飼料について引き続き注目していく所存です。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/13(火)相場雑感コメント

来期を織り込む相場へ
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


来期を織り込む相場へ


先週土曜日の日経新聞一面に「上場企業の経常利益、今期6%増益に減速」という記事がありました。

2013年3月期の予想経常利益が期初時点では2ケタ増益が見込まれていたが、前期比6%増益に留まる見通しになったということです。

原因としては電機の下振れ、さらに中国の自動車販売減が響いたということですが、既にこの予想に関してマーケットはほぼ織り込み済みでしょう。

もともと第一四半期の決算が出た8月あたりで既に足元の受注環境に暗雲が立ち込めていたのは事実であり、米国株が順調に上昇する中でも日本株が出遅れてしまっていたわけです。

2013年3月期の下期についても受注環境が悪ければ当然業績予想を下方修正せざるを得ないので、このような記事を書いたところで投資家にとっては全くマイナス思考になる必要はないと考えます。

むしろ年末から年明けに向かって、来期の企業業績を織り込みに行く相場へと変わっていきます。過去の数字に囚われる時間があれば、将来のことを考える時間に費やしていきましょう。

今期下方修正を行い、株価が下げている銘柄の中で来期にV字回復する銘柄などを探すのも面白いでしょう。

例えば今期は研究開発費や設備投資が先行してしまい、来期にそういった先行投資が実を結ぶ企業などを探してみるというのも1つの手です。そういった銘柄は今の段階では株価はしばらく調整した状況が続くでしょうが、売りが一巡して需給が改善した時には非常に早いピッチで株価が回復することが多いと思います。

全体としては、財政の崖は解消されるにしてもそう簡単に議論が進むこともないので、議論が暗礁に乗り上げそうになる度に下落する局面もあるかと思いますので、過度の楽観は少し控えたほうがいいですが、ここから大きく突っ込む局面があれば積極的に買いに行ってもいい状況にきていると考えています。

日経平均も本日で6連敗となってますが、少しずつ押し目を拾っていきながら吹き値で利益を確定するといった対処を継続していきたいところです。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/12(月)相場雑感コメント

王道銘柄・邪道銘柄一​覧
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


王道銘柄・邪道銘柄一​覧


☆王道銘柄一覧☆

【8002】 丸紅 紹介日:8月14日 紹介日終値:532円 紹介後高値:546円 直近終値:523円

◆食糧危機関連として紹介。売上高に占める資源の割合が少なく、今期の業績も安定的。過去最高益更新も射程圏。来年から買収した米国ガビロンの業績が寄与する。利益押し上げは1割ほどだが、今後市況上昇とシナジー追及でさらなる増益へ。

【6326】 クボタ 紹介日:8月14日 紹介日終値:757円 紹介後高値:840円 直近終値:795円

◆食糧危機関連として紹介。足元でも受注減速などは聞こえてこない。世界一のコメ生産国であるタイは依然として機械化が進まず。今後も増益余地を残す。機械セクターのディフェンシブ銘柄としての見方も直近で浮上。

【4996】 クミアイ化学 紹介日:8月14日 紹介日終値:401円 紹介後高値:420円 直近終値:356円

◆食糧危機関連。新剤の発売で今後は世界の農薬メーカーへ飛躍。数年間で売上300億円アップも現実に。

【6324】 ハーモニック・ドライブ・システムズ 紹介日:8月20日 紹介日終値:1584円 紹介後高値:1699円 直近終値:1570円

◆オンリーワン・ナンバーワン関連として紹介。納入先であるファナックや安川電機と連動。足元の受注は弱含んではいるが、株価水準はそれを織り込み済み。

【2056】 日本配合飼料 紹介日:8月21日 紹介日終値:113円 紹介後高値:123円 直近終値:96円

◆マグロ完全養殖関連として紹介。足元の穀物価格上昇を受けて配合飼料を値上げ。穀物価格の上昇局面では好マージン。業績には好影響も。穀物価格の動向に目先は注意。

【2286】 林兼産業 紹介日:8月21日 紹介日終値:69円 紹介後高値:70円 直近終値:66円

◆マグロ完全養殖関連として紹介。マグロの規制関連のニュースに感応度高いがそのニュースフローだけでは続かない。赤字事業を縮小し、マグロの配合飼料へ軸足。増産ペース加速すれば今後業績も浮上。中期経営計画を策定。穀物価格にも注意。

【5809】 タツタ電線 紹介日:8月27日 紹介日終値:592円 紹介後高値:850円 直近終値:809円

◆スマートフォン関連として紹介。業績は足元でも好調維持。再増額修正。年初来高値を連続更新中。

【6801】 東光 紹介日:8月27日 紹介日終値:222円 紹介後高値:228円 直近終値:189円

◆スマートフォン関連銘柄として紹介。メタルアロイコイルに期待。設備投資本格化で下期以降利益上向く公算。スマートフォンへの採用はさらに伸びる見通し。iPhone5にも搭載。業績は着実に改善。

【7527】 システムソフト 紹介日:8月28日 紹介日終値:68円 紹介後高値:183円 直近終値:130円

◆パワーテクノロジー社との合併で大幅高。2013年9月期は業績大幅上ブレ。合併は来年1月1日。業績見通し発表に注目。

【6504】 富士電機 紹介日:10月3日 紹介日終値:154円 紹介後高値:175円 直近終値:157円

◆材料の宝庫。地熱発電・電力インフラ・パワー半導体など将来性のある事業が目白押し。数年に渡っての成長性に期待。

【6636】 シスウェーブHD 紹介日:11月5日 紹介日終値:4080円 紹介後高値:4240円 直近終値:4170円

◆「スーパーソルガム」のバイオエタノールに期待。来期の業績は大幅伸長の可能性。

【7148】 FPG 紹介日:11月2日 紹介日終値:995円 紹介後高値:1033円 直近終値:1004円

◆富裕層向けのリース組成が堅調。業績も上ぶれ余地が高い。東証一部上場でさらなる業容拡大へ弾み。


★邪道銘柄一覧★

【6678】 テクノメディカ 紹介日:9月26日 紹介日終値:386500円 紹介後高値:478500円 直近終値:444000円

◆短期上昇期待銘柄として紹介。目下連騰中。新製品が下期から寄与し、大幅増収増益へ。目先の目標株価は50万円。

【3264】 アスコット 紹介日:10月23日 紹介日終値:81円 紹介後高値:87円 直近終値:76円

◆不動産関連の中でも来期へのジャンプ力が高い。決算見通しは控えめの印象。

★その他取り上げた銘柄★

【2191】 テラ 紹介時:500円⇒紹介後高値:978円

【4763】 クリークアンドリバー社 紹介時:28000円⇒紹介後高値:49900円

【3658】 イーブック 紹介時:1350円⇒紹介後高値:1920円

【3641】 パピレス 紹介時:3000円⇒紹介後高値:6120円

【3046】 ジェイアイエヌ 紹介時1650円⇒紹介後高値:2680円


最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/11(日)相場雑感コメント

新規王道銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


新規王道銘柄


本日は今週の始めにメルマガ読者様に先行配信した新規王道銘柄をご紹介させていただきたいと思います。

【6636】シスウェーブHDです。

半導体テスト開発の受託が本業で、ルネサスエレクトロニクスなどの経営難に伴って業績が大きく下振れしているのが現状です。

ルネサスは本業が立ち行かないので、新たな開発などに資金を投入するのもままならない状態ですので、シスウェーブ自身の業績が悪くなってしまうのも当たり前です。

しかしながらルネサスも官民ファンドで救済することが決まりましたし、業績もひとまず落ち着きを取り戻すと考えています。

また、第三者割当増資および新株予約権発行を行ったために痛んでいた財務もひとまず回復に向かいました。

ここで、この取得資金の利用方法に株式王道会は注目しています。

まず「上武」を買収、これによって安定的にキャッシュフローが入ることになります。

そしてもう1つの使い道として期待している事業があります。ブログには「温めている新規事業」と書きましたが、詳しくはシスウェーブが発表しました以下のプレスリリースを御覧ください。

http://www.syswave-hd.jp/pdf/2012092712128600.pdf

さとうきびに似たソルガムという植物を猛烈な成長力となるように改良した「スーパーソルガム」を沖縄の農業ベンチャーであるアースノートと東京大学・名古屋大学・東京農工大学が共同で開発しました。

ソルガムはコーリャンと呼ばれる穀物の一種で、「スーパーソルガム」は雨水だけで4ヶ月後には高さ5メートルに育ち、切ればまたすぐに生えてくる、という非常に成長力が強い植物です。茎からは糖度の高い汁が出ます。

これほどまでに成長力が高いのでサトウキビの3倍以上も効率が良く、得られるバイオ燃料も3倍になります。現時点でのエタノール価格は80円ほどですから単純に3分の1にエタノール価格が下がれば、ガソリンよりも遥かに安価のエタノールが作れる計算になります。

現時点ではインドネシア科学院との契約を結び、実証実験を行っている段階です。実証実験の結果が良好なものになれば来年早々にも本格的に栽培を行う見込みです。

シスウェーブは「スーパーソルガム」のインドネシアでの独占販売権を持っており、来年度以降の業績が一変する可能性もあることでしょう。

数字的にいくら利益が出るかというのは今の段階で計算するのは非常に難しいのですが、営業利益で10億円ほどの寄与が来期からあるかもしれません。

そうなると一株利益では1000円以上となりますので近い将来この材料がフォーカスされた時には株価は10000円・20000円を優に超える相場となると思っています。

ただ、今の株価水準では売り物も少なく、非常に低調な商いとなってしまっています。もし、シスウェーブの将来性を評価し、読者様が実際に株を買うのであれば、以前ご紹介した【6844】新電元工業の対処法でお伝えしたように、毎日10株とか毎週100株といったように一定の株数を決めて少しずつ購入するなどしておいた方がよいと思います。

明日は銘柄一覧を更新します。

読者様にはぜひ目を通していただければと思います。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/10(土)王道銘柄コメント

新規王道銘柄を明日掲​載!
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


新規王道銘柄を明日掲​載!


オバマ政権続投が決定し、目先的に円高になるという大方の予想通りの展開になってはいます。

しかしこれまで米国の景気指標の悪化などがあった場合に大きく円高に触れていた時とは少し違ってきています。

特にこのオバマ再選というニュースはこれまでの円高を引き起こすニュースに比べたら遥かに大きい円高要因となるはずで、ドル円で78円台前半まで突っ込むくらいのインパクトがあってもおかしくはないのではないかと思います。

しかも欧州債務懸念の再燃も目下のところ再び騒がれてきている状況ですから、円買いに拍車がかかってもいい局面にあります。

事実78円を目掛けて大量に円買いを行ったヘッジファンドもいたようですが、そこまでドラスティックに為替が動かなくなってきており、かなり上値の重い展開が続いていると考えられます。

1つの原因としては日本の9月の経常収支が赤字に転落したことが挙げられるでしょう。31年半ぶりの赤字ということで、日本の円を買うということ自体に意味がなくなってきてしまっています。

このニュース自体が株価に与えるネガティブインパクトはありませんが、安易に円買いをすることに抵抗が出てきたと言ってよいと思います。

そこまで円高を恐れることはこれ以上しなくてもいいと考えています。

そして日本時間の明日未明にオバマ大統領が声明を出す予定で、これから財政の崖に対する解決策を米国が一致団結して取り組む1つの出発点となることを期待したいと思います。

財政の崖のリスク解消に伴って再び円安トレンドへと転換していくことでしょう。

リーマンショック前から始まっていた円高のトレンドも収束を迎えつつあります。欧州債務懸念の問題や財政の崖の問題で多少円高になる局面もあるかもしれませんが、一過性のものでしょうから、気を引き締めてこれからも相場に臨んでいきたいところです。

さて、今週の始めに無料メルマガ読者様向けに先行でご紹介させていただいた新規王道銘柄である

【6・・6】

を明日、このブログにて公開させていただきたいと思います。

明日のブログ更新を楽しみにお待ちください。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/09(金)相場雑感コメント

財政の崖に立ち向かう
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


財政の崖に立ち向かう


昨夜のNY株式市場は、オバマ氏が再選を果たしたことはともかくとして、米国議院のねじれが生じたこと、そして欧州の債務懸念が再燃していることで急落し、NYダウは12932ドルと大きく下落しました。

財政の崖は以前から指摘されていて、誰がどう見ても財政の崖に転落することを望むことはあり得ないわけですから、いずれは解消されるものと見るのが筋です。

落としどころが見つかるまでは、その都度マーケットが右往左往する可能性が高まってしまったことは否めません。そういう意味では非常に残念な選挙となってしまいました。

年内に決着することは困難で、まず12月までに減税の延長を3ヶ月行い、3月までに議論を重ねて上院・下院双方がある程度歩み寄る形での決着が濃厚です。

そうなってくれれば財政の崖に伴う経済指標のダウンサイドリスクは極めて少ないものとなり、従前の予想通りの展開になっていくと考えています。

NYダウが落ち着けば、為替も80円台を回復してくるでしょうし、それに伴って日経平均も上昇していくことでしょう。

日本固有の問題としては政治の問題が気がかりです。混沌とした現状を早い段階で打破し、衆議院を解散、総選挙へと進むこと、そして民主党以外が政権をとることが何より必要です。

外国人投資家は日本のだらしない政府に対してかなり嫌気がさしているようで、これが理由で日本株から離れているという人が多くいます。

政権が交代するというファクターだけでも恐らく日経平均で500円くらい上昇することでしょう。

個別の銘柄に関してはひとまず大方の中間決算が発表され、それを吟味する段階にきています。

株式王道会では今後、中間決算が出揃った段階でよく精査し、随時王道銘柄や邪道銘柄をご紹介させていただきたいと思います。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/08(木)相場雑感コメント

長期投資こそ王道
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

メルマガ読者様には王道会渾身の記事をいち早く配信させて頂きます!

ご登録は⇒こちらから!

『株式王道会が掲げる投資の三原則』をメルマガご登録時に配信していますので、ぜひご一読ください!


長期投資こそ王道


このブログを書いている午前10時現在、米国大統領選挙の行方は未だに定まっていません。

まあオバマ氏ロムニー氏どちらが勝っても目先的には株価は上昇するであろうということで、昨日のNYダウもそれを先取りして大幅に上昇しました。

既にマーケットは大統領選挙の先にある議会選挙に焦点が移っており、上院下院がねじれると財政の崖が深刻になるという話題が持ち上がってきています。

仮にねじれたとしても財政の崖を解消しない限りは米国の経済は先に進まないわけですから、この問題に対しては最終的に解決を迎えるのであろうと思います。

ただ、この話題で相場が急速に下げる可能性はあるとは思っています。まだ様子見の段階ですが、問題が表面化してくる前にタイミングを見て色々な考察を加えていきたいと思っています。

長期的には相場は大きく上昇することには間違いありませんが、財政の崖に絡んだ問題で一旦下落し、そこから大きく上昇することも考慮に入れつつ相場を見守っている次第です。

長期的に、と書きましたが、どれくらいが長期的なのか疑問に思う読者の方も多いと思います。

よく「長期投資はダメだ」ということを口にする株式評論家がいます。それはただ単に長期のビジョンを持たずに四半期毎の決算しか見ず、進捗率が良いとか月次が好調だとか、細かいところだけを見て評価している人が殆どです。

将来どうなるか、ということを考えなければ株式投資はできません。

例えば電子書籍は将来爆発的に普及するというビジョンがなければ電子書籍関連の銘柄は買うことはできないのです。【4763】クリークアンドリバー社の前日終値は48200円、今期PERは30倍近くにも達します。誰が見ても割高に映ると思います。

しかし電子書籍が爆発的に普及して、利益が来期倍になったらどうでしょうか。来期のPERで見れば15倍になります。こう考えればクリークアンドリバー社の株価は割高でもなんでもないということがおわかりいただけるかと思います。

1年先、2年先、それ以上数年先にまで将来性が評価され、それを株価が織り込みにいくことで大相場が生まれるのです。

長期投資がダメと言っている時点で長期の視点が全く欠落してしまっている証拠なのであり、そのような見方ができなければ、大相場に乗ることなどは必然的にできないと思っています。

長期の視点で物事を捉え、それに当てはまる銘柄へ落とし込んでいくという作業をしていくことが非常に大事であることは以前も書かせていただいたと思います。

自らが捕らえた長期の視点に対して他の多くの投資家は始めは気づいていないこともあるでしょう。そして他の投資家が気づいたときに初めて株価は上昇します。それは明日かもしれませんし、1年後、2年後かもしれません。

つまり長期投資というのは期間を定めないで行う投資であり、自分の思い描いたビジョンを実現させるまで粘り強く戦っていくことなのです。

他の投資家が気づく前に少しずつ株を仕込み、株価上昇を待つということが真の成功への遠回りのようで近道なのだと思う次第です。

勿論、『株式王道会が掲げる投資の三原則』でも触れた通り、短期的なトレードを併用して小銭を稼いでいくことも重要です。

ご自身の投資スタイルに合わせて、長期投資と短期投資のバランスをとりながら最適なポートフォリオを作り上げていきましょう。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/07(水)相場雑感コメント

新規王道銘柄をメルマ​ガで配信!
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

王道会渾身の記事をいち早く配信させていただきます。

ご登録は⇒こちらから!

無料メルマガ会員様からの相場に関するご質問も随時受付中ですので、ご登録お待ちしております。

バナー

新規王道銘柄をメルマ​ガで配信!

今日の東京の株式市場は、今夜から投票される米国の大統領選挙を控えて完全に膠着しています。

オバマ氏・ロムニー氏、どちらが勝つとどうなるという議論がこれまでずっと続いてきましたが、結局はどちらが勝ったとしても最終的な出口は同じで、再び強いアメリカを取り戻すという結論には変わりはありません。

選挙直後どのように動くかは非常に読みづらいですが、2~3日以内には再び落ち着きを取り戻すことでしょう。為替に関しても大きく動いたとしても大統領選挙に起因するドル円の80円割れはないと見ています。

足元での東京市場では大手電機の下落が目立っています。東京の株式市場をこれまで引っ張ってきたようなシャープやパナソニックなどがここまで下落してしまうと、物色の矛先が好業績の中小型の内需や新興企業などに移ってしまいます。

大手電機を売ってこのような銘柄に避難する動きが生じると時価総額自体が少ないために、株価は大きく吊上がってしまいます。

そのために「強いものはとことん強い、上げている銘柄はとことん上げる」という現象が起こっているのだと考えます。

大手電機への投資は、今後の打開策が見られるまではまずは様子見をしたいところです。バリュエーション上は非常に割安な水準までは落ちてきているのは確かではあります。現時点での可能性としてはまず為替が円安になることで株価底打ちのきっかけとなることはあり得ますが、もう少し時間を見ておいたほうがいいでしょう。

王道会で再三取り上げてきた【7527】システムソフト【4763】クリークアンドリバー社も本日大きく上昇しています。商いが少ない時に少しずつ仕込む、という投資行動がいかに重要であるかということを再認識しつつ次の王道銘柄を発表いたします。

新規王道銘柄は

【6・・6】です。

現在は商いが非常に低水準で、主力事業も厳しい状況が続いていますが、足元で温めている新規事業が近い将来大きく実を結ぶ可能性があります。

その新規事業は世界のエネルギー事情を大きく変えうるポテンシャルがあると考えて良いでしょう。

銘柄のコード番号・詳細についてはブログにて今週土曜日に発表させていただきますが、明日の朝配信予定の無料メルマガにて先行的に配信致します。

無料メルマガの配信登録を行っていないブログ読者様はこの機会に是非ご登録いただければ幸いと存じます。

最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/06(火)王道銘柄コメント

太陽光発電について②
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

王道会渾身の記事をいち早く配信させていただきます。

ご登録は⇒こちらから!

無料メルマガ会員様からの相場に関するご質問も随時受付中ですので、ご登録お待ちしております。

バナー

太陽光発電について②

先週末のNYダウが140ドル近く下げましたが、堅調な雇用統計を背景に為替は80円強をつけているために、本日の日経平均は比較的強い展開となっています。

常に申し上げている通り、為替がこの水準であれば個別の銘柄への物色も引き続き行われるわけです。物色の流れに乗り電子書籍の相場も大相場の様相を呈してきました。

このブログで電子書籍関連銘柄としてご紹介させていただいた、【4763】クリークアンドリバー【3641】パピレス【3658】イーブックイニシアティブジャパンが特に非常に強い動きを見せています。

キンドルの予約状況も非常に好調のようでペーパーホワイトは今予約しても年内には手元に届かないようです。

今後もキンドルが消費者の手に届いた段階で様々な話題が出てくるでしょうし、そういった意味でしばらくは話題もつきないと思っています。

それでは先週から2回お休みをいただいていた太陽光発電についての考察をさせていただきたいと思います。

前回申し上げたとおり、太陽光のパネルメーカーは先に行った設備投資が巨額であること、そしてパネル価格が中国の大増産のせいで大きく下落していることから非常に厳しい状況が続いています。

太陽光発電は、世界的に大きく伸びる産業であることは確かです。パネルメーカーが次々に破綻している中で淘汰されていく時代に突入してきており、その淘汰が済んだ段階で残存者利益を得られるようにはなると思いますが、それまでにはもう少し時間がかかることでしょう。

そのような中でここしばらく太陽光発電で儲けることができる企業は順に

施工業者>商社>付帯設備メーカー>部材メーカー>設備投資関連>パネルメーカー

となっています。施工業者については少し前回触れさせていただきました。商社以下について銘柄を羅列したいと思います。

商社に関連する銘柄は

【8007】 高島

【2761】 トシン・グループ

などが挙げられます。施工業者は中小の地域密着型の企業も多いために、電気設備を取り扱う商社にも大きな商機があると思っています。

次には付帯設備メーカーです。ここでは付帯設備メーカーの中でも太陽光発電に特に力を入れている企業を紹介します。

【6624】 田淵電機

TDKが第三者割当増資で筆頭株主になり、両社の関係が強まっているのですが、なかなか業績には反映されていないのが現状です。今後主力となる太陽光発電のパワコンの売上がどのくらい伸びるかに注目していきたいと思います。

そして部材メーカーですが、これについては太陽光パネル用のバックシートを手掛ける【7966】リンテック【5703】日軽金HD、そして太陽光発電の配線ユニットを手掛ける【5816】オーナンバに注目していますが、他の部門の業績の悪化に足を引っ張られている状況です。

これら挙げさせていただいた銘柄は太陽光発電関連銘柄として注目していますが、現時点ではマーケットでも評価されるには至っていない状況で、投資するタイミングとしてはもう少し先になると思っています。

株式王道会では太陽光発電関連の銘柄について、タイミングを見ながらそれぞれの銘柄について然るべき時に積極的に取り上げていく所存であります。


最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/05(月)相場雑感コメント

新電元工業と新規銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

王道会渾身の記事をいち早く配信させていただきます。

ご登録は⇒こちらから!

無料メルマガ会員様からの相場に関するご質問も随時受付中ですので、ご登録お待ちしております。

バナー

新電元工業と新規銘柄

本日は一昨日に特集した太陽光発電について続きを書かせていただきたかったのですが、王道銘柄として過去に2度ほど取り上げた銘柄に大きな動きがありましたので解説をさせていただきます。太陽光発電に関する記事をご期待いただいていた方には大変申し訳ありません。来週の更新を楽しみにお待ちください。

【6844】新電元工業についてです。

過去の新電元に関する記事は

9月25日の記事『ゆとりを持った投資を​!』
10月16日の記事『チャートに頼るな』をご参照ください。

9月10日に一度中間の業績見通しを下方修正した後、今度は逆に一昨日に上方修正を行いました。

新電元の業績が低迷しているのは依然としてタイの工場の被災が尾をひいているためで、下期以降は業績改善をしていくという見立てだったのですが、すでに第二四半期の時点でそれなりに業績が改善してきていることが確認できる上方修正です。

同社の主戦場は東南アジアの二輪であり、日中関係悪化による業績の下振れ懸念や中国の景気悪化懸念などのリスクは極めて少ない会社です。

そのため、中間の下方修正で大きく下げている中、中間決算発表あたりでアク抜けして上昇に転じるという見立てをしていたのですが、まさにその通りとなりご紹介後3割以上の上昇となったわけです。

もともとは主力の二輪事業に加えて新たにホンダへ四輪部品を納入することを手掛かりとしていますから、現時点での事業が業績改善していく上にこれまで研究開発が先行していた四輪事業が利益として乗ってくることになるので長期的に株価は更なる高みを望むことができると思います。長期の目標株価も500円と変更はありません。

200円を越えている現在の株価水準であれば、外部環境が悪化するなどよほど悪いことが起きない限りは200円を下支えにして安定的に推移すると考えています。

また今回は新規の銘柄をご紹介させていただきます。

【7148】 FPGです

10月22日に東証一部に指定替え。海上輸送用コンテナや航空機リースなどを組成する事業が足元で絶好調で、10月26日に発表した2012年9月期の決算売上高41%増の28億円、営業利益も39%増の14億円となりました。2013年9月期の見通しも売上高20%増の33億円、営業利益13%増の16億円と10%以上の増益を見込んでいます。

増益の角度自体が落ちているようにも思えますが、足元での組成需要が非常に旺盛ですので、さらなる利益の上積みが期待されると考えられます。要するに決算の見通しは控えめで、今後上方修正を期待してよいでしょう。

上方修正を織り込まなくてもこの成長性の中でPERは10倍弱と割安であり、さらなる成長性を見込めば1500円を目標株価としてみていくことができるでしょう。

まずは上場来高値である1125円を突破するかどうかというのが焦点に見ていきたいと思います。


最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/02(金)王道銘柄コメント

王道銘柄:システムソ​フトが大幅高!!
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

株式王道会よりお知らせ

株式王道会無料メルマガ始めました!

これから迎えるであろう大相場へ向けての準備は整いましたか?

一歩の遅れが大きな遅れとなる前に、ぜひ無料登録を!

王道会渾身の記事をいち早く配信させていただきます。

ご登録は⇒こちらから!

無料メルマガ会員様からの相場に関するご質問も随時受付中ですので、ご登録お待ちしております。

バナー

王道銘柄:システムソ​フトが大幅高!!

本日も昨日に引き続いて太陽光発電に関しての記事を掲載させていただくつもりだったのですが、株式王道会でかねてより王道銘柄としてご紹介させていただいていた【7527】システムソフトが昨日の決算発表を受けて大幅高しているため、継続フォロー記事を掲載させていただきたいと思います。

8月28日『今』面白い銘柄にてご紹介したシステムソフトの記事の詳細はこちらをご参照ください。

昨日の【7527】システムソフトの決算では終わった期である2012年9月期の決算では従前に上方修正をしていたこともあり、大きなサプライズはありませんでした。

注目しておりました今期(2013年9月期)の見通しですが、私が予想していたよりも若干控えめの数字が出ました。子会社とのシナジー自体はまだ織り込んでないとは思います。今後上ブレしていくことを期待していきたいと思う次第です。

そして、今回最もポジティブインパクトがあったのはパワーテクノロジー社との合併を発表したことであります。

自身が持つアップトゥミー社を売却する代わりにシステムソフトの第2位株主となった中島正三氏が創業したパワーテクノロジー社ともいずれは関係を持っていくのではないかという思惑が見事に的中したことになります。


合併比率は1:6.62で、利益水準や純資産ベースでみてもかなり割安にパワーテクノロジー社を合併する形になります。これによって発行済み株式数は倍増、利益については概ね3倍増となります。

また、パワーテクノロジーの大株主でもある【4293】セプテーニや【4290】プレステージ、【2389】オプト、【2497】ngiグループもシステムソフトの株主に変わるため、システムソフトを取り巻く環境は大きく変わっていくことは間違いないでしょう。

株式王道会が掲げた年内100円という目標株価も無事に到達することになりました。株式王道会ではパワーテクノロジー社との合併について今一度精査をしたいと思います。

ここから先、様々な思惑が錯綜するために株価のボラティリティも激しいものとなりますが、半分利益を確定して残りを保有し続けるなどしても良いかもしれません。勿論利食い千人力、利益を全て確定して他の王道銘柄を買い増しすることも良いでしょう。

今後も積極的に将来性のある銘柄を発掘していきたいと思います。


最後まで株式王道会のブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様のご支持があるからこそ取材も頑張れます!

面白い!と感じていただけたならぜひ一つ応援クリックをよろしくお願いします!
        ↓ ↓ ↓
     人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2012/11/01(木)王道銘柄コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。