株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

初めてブログをご覧に​なった方へ
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ



   

いつもご声援ありがとうございます!まずはランキングのクリックをお願いいたします!



初めてブログをご覧に​なった方へ

この『株式王道会』を立ち上げて早いもので半年以上が経過しました。

この半年間、毎日更新しているこのブログの中で私の将来的な世界情勢・相場の見通しや、近い将来の予測などを取り上げてきて、それが皆様に支持される形で徐々にブログランキングも上昇してきており、多くの皆様にご注目いただける存在となりました。応援いただいている皆様には本当に日々感謝致しております。

ここで最近ブログ読者になった方々にさらに王道会を深く理解していただきたいと思い、以前掲載した王道会の運営理念を今一度掲載致します。

王道会を運営していくにあたって、読者様により理解を深めていただきく、3つの約束をいたします。

『中身のない銘柄は取り上げない』

これは単にウワサや他の投資顧問などが買い煽っているような銘柄は取り上げることは殆どないということです。

「株式の売買は自己責任で」ということはどの世界でも常識であることは皆様も承知していると思います。

しかしながら、自己責任と言っても、なぜこの銘柄がいいのか、上がるのかということが明確に示すことができなければ自己責任の域を脱することは不可能でしょう。

ただ単に「○○を手掛けた筋が買っている」だとか「○○に短期資金流入観測」などと騒いでるだけのブログやHPなどとは一線を画し、明確な根拠・材料を挙げていくことが株式投資を行う上で最も必要な本質だと当会では断言します。

そういったウワサレベルの銘柄を取り上げることなく、私自身が独自に調査し、評価した銘柄が多くなることは間違いありません。

皆様が当会の記事を読み、これ以上ないレベルまで納得していただいた上で売買を行っていけるように、当会では出し惜しみをせずに銘柄に関する全ての情報を公開していくよう努力して参ります。

『取り上げた銘柄に関してのフォロー』

当会でご紹介する銘柄は将来に渡って大きく果実を実らせる銘柄を厳選したものばかりです。

そのため、目先的に大きく動く銘柄でないこともしばしばあります。

そのような銘柄ではいつ上がってもおかしくないとは思いますが、投資期間を長めに設定すべきものですから、継続的なフォローは必須です。

少なくとも四半期ごとの決算時や、株価に動きが生じた場合には速やかにフォローを行うことをお約束したいと思います。

目標株価を設定した銘柄についても、目標株価に到達した場合でも継続して見ていきたいと思います。


『相場観や銘柄選定を自らの力で行える力をつけてもらう』

日々のニュースフローで何が大事なのか、何をどのように評価して自らの思考回路へと取り込むか、その思考プロセスを大事にしていきます。

それは個別銘柄であっても相場観であっても同じことです。個人の投資家というのは本当に寂しいものです。

周囲に同胞がいると安心し、同じ銘柄を買って上がれば自分の手柄、下がれば人のせい、そういう毎日を送る人が非常に多く思えます。

そういう毎日を脱し、皆様ひとりひとりが自らの力で相場観を作り上げ、そして銘柄を選定していくことができるように、様々な形で全力でサポートを行っていく所存であります。

そして皆様が真の王道をゆく投資家になれるようにすることが当会の最終目標です。

以上の3点をここにお約束して参ります。

株式投資の王道を切り開き、真の成功を掴むその日まで共に歩んでゆきましょう。


人気ブログランキングへ







無料メルマガご登録はこちらから!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事
スポンサーサイト

2013/02/28(木)相場雑感コメント

【2286】林兼、【​2056】日配飼料、​【7148】FPGが​大幅高
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ



   

いつもご声援ありがとうございます!まずはランキングのクリックをお願いいたします!



【2286】林兼、【​2056】日配飼料、​【7148】FPGが​大幅高

昨日のNY株式市場は大幅に反発しましたが、バーナンキ議長の議会発言で金融緩和が年内に終了する可能性が多少遠のくようなことを示唆した発言、依然としてイタリア選挙に絡むリスクオフの流れから為替が円高に振れている影響で日経平均は続落して推移しています。

米国は日本よりも先んじてリーマンショック後から金融緩和を続けているから米国経済が回復してきており、だからこそその出口戦略についての議論がこれから続いていくわけで、これから米国を上回る勢いで日本が金融緩和を行うわけですから、米国が先に経済が回復している今となってはやはり相対的に日本の為替が円安に傾斜する可能性は高いと見るべきです。

目先的に円高となっていますが、やはり年末に向けて95円・100円という為替水準が見えてくると想定し、日経平均では11000円から11500円のレンジから11500円を抜け、12000円、年末までには12600円程度を目標に見ていきたいと思っています。

個別銘柄に関しては、株式王道会を立ち上げてから一貫して注目していた【2286】林兼産業、【2056】日本配合飼料が大幅に上昇しました。TPPに絡む銘柄として取り上げられていますが、これもまたこの相場の中での循環物色に乗った形と言えるもので、ここからはさらに仕手化し、一段高していくかどうかの判断は非常に難しいです。適度に利食いを入れていき、他の王道銘柄に切り替えるなどの対処をしていくのも1つの手です。

業績やマグロの養殖に関する将来性期待で今回買われたとは必ずしも言い切れず、ただ依然として将来性の期待は不変であると見ているので、適度に利食いした分、相場が終了した後にまた買い直す形をとるのもいいでしょう。

さらに王道銘柄である【7148】FPGも昨年ご紹介した当時から実に3倍近い水準にまで値を飛ばしてきています。増配などを手掛かりに直近で一段高してきましたが、これについても一部一旦利食いしつつ、他の押し目を形成している銘柄へとシフトしていくと良いと思っています。

これでまた王道銘柄のうち3銘柄が相場になりました。これからもタイミングを見て王道銘柄・邪道銘柄を随時ご紹介していきますので是非お楽しみにしていてください。


人気ブログランキングへ







無料メルマガご登録はこちらから!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/27(水)相場雑感コメント

短期注目銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ



   

いつもご声援ありがとうございます!まずはランキングのクリックをお願いいたします!



短期注目銘柄

昨日は週末の多くの好材料発表を受けて大幅に日本の株式市場は値上がりしましたが、昨日行われたイタリアの選挙で緊縮財政を標榜していた中道左派連合が下院では勝利したものの、上院では過半数の議席を確保できない見通しとなってしまい、世界的にリスクオフの流れとなったために、NYの株式市場は大幅下落、為替もドル円で一時90円台に突っ込むなど急激に冷え込む情勢となっていました。

しかしながらツイッターでも多少触れましたが、いい押し目を形成し、今日・明日で底打ちを確認すると見ています。そもそも日本はまだ日銀総裁が決定しただけでどのように具体的に政策を行うかということに関しては定かになっていない部分があること、そしてその期待感というのはこれからも根強く残っているということは間違いないところであります。

実際CMEの日経平均先物では11100円ほどとなってはいましたが、蓋をあけてみれば為替も92円台と落ち着きを取り戻しましたし、日経平均先物も寄付き直後の11340円を底にして11500円まで回復してきています。

イタリアの問題は多少尾を引くにしても、欧州を大きく揺るがすような大事になることもないと考えていますので、11500円を大きく割り込んだ水準では強気でいきたいところです。

連日上昇と下落を交互に繰り返す鯨幕相場はまだ続いていくとは思いますが、大きく押したところでは買い、大きく上昇した時は利益確定売りとしながら対処していければと思います。

為替が95円になれば11500円以上で安定的に推移するという以前の見方は基本的に変わりませんが、為替の要因を越えて日本のTPPに絡んだ農業支援策など国内固有の景気浮揚策がさらに出てくれば現在の為替水準でも11500円を越えて行き、11500円が下値抵抗ラインへと変わっていく相場になるかもしれません。

さて、連日銘柄をご紹介するのも少し気が引けるのですが、本日は少し気になった銘柄を1つご紹介させていただきたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、ペンタブレットのシステムで世界シェア8割を握る会社で、これまではプロのイラストレーターなどに向けての販売がほとんどだったものが、ギャラクシーノートに採用されたことを皮切りに、業績が足元で急拡大しています。

ギャラクシーノートが販売好調であることのみならず、10インチ、さらに8インチタブレットにも採用が決定しており、高性能なペンが搭載されたタブレットは他のタブレットPCとの差別化もあり、さらなる成長が見込まれます。

本日新高値を更新してきていますが、押し目を狙いながら1割~2割増を目標に注目していきたいと思います。王道銘柄・邪道銘柄としての掲載ではありませんが、来期以降のさらなる業績飛躍に期待したいと思います。

銘柄名については既におわかりの方もいらっしゃるかもしれませんが、いつものようにランキングバナーを応援ついでにクリックしてご確認いただけたら幸いです。

株式王道会 主宰

 ↓ 短期注目銘柄はこちらから ↓


人気ブログランキングへ







無料メルマガご登録はこちらから!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/26(火)相場雑感コメント

好材料目白押し・新規​王道銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ



   

いつもご声援ありがとうございます!まずはランキングのクリックをお願いいたします!



好材料目白押し・新規​王道銘柄

先週末行われた日米首脳会談は大成功といった様相を呈し、TPPへの道筋・金融政策の米国による評価など総じて日本株にとってはプラスとなる形で終えることができました。

さらに日銀総裁人事として黒田氏起用が示されたことで、本日の日本の株式市場は全面高となり、日経平均で節目としていた11500を大きく超えた水準で推移しています。

日米首脳会談・そして日銀総裁人事をきっかけにして今週から新たな相場が始まるという見立て通りになっており、まずは一安心といったところです。

日経平均の指数上昇が際立っているだけで、個別銘柄で新高値を更新している銘柄は200銘柄ほどと、まだまだ他の銘柄に波及していくには時間がかかることでしょう。

ここからまた新たに循環物色が始まるわけで、まず今日は証券・不動産セクターから始まり、そして次のセクターへと波及していきます。明日以降指数が大きく上昇せずとも出遅れている銘柄にも物色の矛先が向かっていきます。

先々週末に好決算で買われた後に値を下げていて、押し目を狙っていくべき銘柄としてご紹介した【6218】エンシュウも直近の高値を更新し、非常に強い値動きとなっています。

好決算の後に株価が大幅上昇したところでは飛びつかずに、地合いが悪化している時などに個人投資家が投げたところを拾っていかなければ、値幅はなかなか取りづらくなります。

【4651】サニックスに関しても連日上昇してきましたが、一旦押し目を作り再び500円を目指した動きに変わっていくと見ています。今日・明日あたりで450円~460円をボトムにして再び上昇し、新規売り停止になるまでは相場は終わることはないでしょう。

太陽光発電について1つだけ気になることを言うならば、戸建て住宅に設置した太陽光発電システムが、期待していたよりも実際には発電量が満たずに苦情が相次いでいるということです。今のところは大きな騒ぎにはなっていないようですが、もしかすると太陽光発電関連銘柄へ冷や水を浴びせる形になってしまうかもしれません。

さて、本日は来期以降に業績が急回復する銘柄を王道銘柄として1つご紹介させていただきます。自動車部品の関連銘柄で、直近で下方修正を発表して足元で少し弱含んでいますが、来期以降には業績が急回復する可能性が高い銘柄の1つです。

今期の営業利益の見通しを75億円から35億円に下方修正していますが、来期は今期に行った様々な施策が効果を発現し、100億円以上まで業績が回復すると見ています。現在の株価は先週末終値で374円、下値不安はそれほどないと見ていますが、下値目途は350円割れ、ロスカットラインは340円としておきます。目標株価は500円で注目していきたいと思います。

今すぐに大幅上昇するというような銘柄ではありませんが、来期の業績回復期待を相場が織り込み始めれば目標株価500円程度の水準までは意外と早く到達するのではないかと思っています。

銘柄名については以下のランキングバナーをクリックいただき、いつものように応援ついでにクリックいただければと思います。

株式王道会 主宰

 ↓ 新規王道銘柄はこちらから ↓


人気ブログランキングへ







無料メルマガご登録はこちらから!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/25(月)王道銘柄コメント

邪道銘柄一覧
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ



株式王道会公式ツイッター始めました





『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

ご声援ありがとうございます!まずはランキングのクリックをお願いいたします!



邪道銘柄一覧

【9743】 丹青社 紹介日:12月21日 紹介日終値:309円 紹介後高値:384円 直近終値:356円

9%アップ

大幅上方修正期待。過去最高益更新も視野に。まずは直近高値345円突破から。

【1417】 ミライトHD 紹介日:2月14日 紹介日終値:864円 紹介後高値:908円 直近終値:898円

5%アップ

決算良好。LTE設備投資関連として期待。1か月の目標株価を1200円に設定。

★これまでに取り上げた銘柄★

【2191】 テラ 紹介時:500円⇒紹介後高値:1505円 201%アップ

【4763】 クリークアンドリバー社 紹介時:28000円⇒紹介後高値:54400円 94%アップ

【3658】 イーブック 紹介時:1350円⇒紹介後高値:1960円 45%アップ

【3641】 パピレス 紹介時:3000円⇒紹介後高値:6120円 104%アップ

【3046】 ジェイアイエヌ 紹介時:1650円⇒紹介後高値:4385円 165%アップ

【6678】 テクノメディカ 紹介時:386500円⇒紹介後高値:586000円 51%アップ

【5809】 タツタ電線 紹介時:592円⇒紹介後高値:850円 43%アップ

【9132】 第一中央汽船 紹介時:85円⇒紹介後高値:95円 11.7%アップ

【8260】 井筒屋 紹介時:62円⇒紹介後高値:133円 114%アップ

【8025】 ツカモト 紹介時:138円⇒紹介後高値:184円 33%アップ

【6801】 東光 紹介時:222円⇒紹介後高値:279円 25%アップ 

【8562】 福島銀行 紹介時:66円⇒紹介後高値:107円 62%アップ

【6440】 JUKI 紹介時:134円⇒紹介後高値:181円 35%アップ

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/24(日)相場雑感コメント

王道銘柄一覧
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ



   

いつもご声援ありがとうございます!まずはランキングのクリックをお願いいたします!



王道銘柄一覧

【8002】 丸紅 紹介日:8月14日 紹介日終値:532円 紹介後高値:717円 直近終値:670円

30%アップ

◆食糧危機関連として紹介。売上高に占める資源の割合が少なく、今期の業績も安定的。過去最高益更新も射程圏。買収した米国ガビロンの業績が寄与する。利益押し上げは1割ほどだが、今後市況上昇とシナジー追及でさらなる増益へ。

【6326】 クボタ 紹介日:8月14日 紹介日終値:757円 紹介後高値:1118円 直近終値:1073円

47%アップ

◆食糧危機関連として紹介。世界一のコメ生産国であるタイは依然として機械化が進まず。農業というテーマは普遍。

【4996】 クミアイ化学 紹介日:8月14日 紹介日終値:401円 紹介後高値:565円 直近終値:533円 

40%アップ

◆食糧危機関連。新剤の発売で今後は世界の農薬メーカーへ飛躍。数年間で売上300億円アップも現実に。今期も増収増益見通しを発表。

【6324】 ハーモニック・ドライブ・システムズ 紹介日:8月20日 紹介日終値:1584円 紹介後高値:1902円 直近終値:1700円

20%アップ

◆オンリーワン・ナンバーワン関連として紹介。納入先であるファナックや安川電機と連動。リスクオンの相場では評価高。円安メリットも享受。足元業績低調で売られているが、将来性には期待。1600円台前半で押し目狙い。

【2056】 日本配合飼料 紹介日:8月21日 紹介日終値:113円 紹介後高値:127円 直近終値:116円

12%アップ

◆マグロ完全養殖関連として紹介。足元の穀物価格上昇を受けて配合飼料を値上げ。穀物価格の上昇局面では好マージン。業績には好影響も。穀物価格の動向に目先は注意。

【2286】 林兼産業 紹介日:8月21日 紹介日終値:69円 紹介後高値:87円 直近終値:79円

26%アップ

◆マグロ完全養殖関連として紹介。マグロの規制関連のニュースに感応度高いがそのニュースフローだけでは続かない。赤字事業を縮小し、マグロの配合飼料へ軸足。増産ペース加速すれば今後業績も浮上。中期経営計画を策定。穀物価格にも注意。目先円安で収益に逆ザヤが発生しているが、来期以降は平準化する見通し。

【7527】 システムソフト 紹介日:8月28日 紹介日終値:68円 紹介後高値:183円 直近終値:92円

169%アップ

◆パワーテクノロジー社との合併で大幅高。2013年9月期は業績大幅上ブレ。業績見通し発表に注目。合併相手の大株主の売り観測。下値を切り下げているが、今月中には反転と予測。

【6924】 岩崎電気 紹介日:9月3日 紹介日終値:125円 紹介後高値:243円 直近終値:210円

94%アップ

◆公共投資関連銘柄。道路灯はLEDへの置き換えが今後爆発的に伸び、恩恵大。第一段階の目標株価である200円は突破。第三四半期の決算は前年同期比悪化だが、来期以降の業績期待は変わらず。通期見通しも上方修正の期待も高く、今年のテーマとして注目。

【6844】 新電元工業 紹介日:9月25日 紹介日終値:171円 紹介後高値:378円 直近終値:331円

121%アップ

◆タイ洪水からの復興期待銘柄。ホンダ系二輪事業に強みを持つが、いよいよ四輪へも納入開始。上方修正で株価も上昇。

【6504】 富士電機 紹介日:10月3日 紹介日終値:154円 紹介後高値:269円 直近終値:255円

74%アップ

◆材料の宝庫。地熱発電・電力インフラ・パワー半導体など将来性のある事業が目白押し。数年に渡っての成長性に期待。

【6636】 シスウェーブHD 紹介日:11月5日 紹介日終値:4080円 紹介後高値:4685円 直近終値:3700円

14%アップ

◆「スーパーソルガム」のバイオエタノールに期待。来期の業績は大幅伸長の可能性。下方修正でアク抜け期待。

【7148】 FPG 紹介日:11月2日 紹介日終値:995円 紹介後高値:2188円 直近終値:2135円

119%アップ

◆富裕層向けのリース組成が堅調。業績も上ぶれ余地が高い。東証一部上場でさらなる業容拡大へ弾み。証券業への進出も注目。高進捗の第一四半期決算で大幅に上昇。一時目標株価2000円到達も、押し目拾って更なる高みへ

【7157】 ライフネット生命 紹介日:1月7日 紹介日終値:792円 紹介後高値:894円 直近終値:813円

12%アップ

◆ネット生保の草分け。参入障壁の高さを評価。目標株価は1000円としつつ、上場来高値1326円突破も視野に。黒字化達成で株価上昇に弾み。契約者数も16万人突破と好調維持。

【9437】 NTTドコモ 紹介日:2月6日 紹介日終値:136900円 紹介後高値:143900円 直近終値:142200円

5%アップ

◆iPhone採用期待から、世界進出、高配当利回りなどを根拠にご紹介。

【6440】 JUKI 紹介日:2月12日 紹介日終値:142円 紹介後高値:156円 直近終値:149円

10%アップ

◆過去の短期注目銘柄で134円⇒181円まであり、その後再注目。今期の見通し発表に期待。今期の経常利益は26億円を想定しているが、為替次第ではさらに上振れの余地あり。目標株価200円を設定。ただし、早期退職者募集のためのファイナンスの懸念も。

【5809】 タツタ電線 紹介日:2月12日 紹介日終値:637円 紹介後高値:662円 直近終値:648円

4%アップ

◆過去の王道銘柄で592円⇒850円まであり、その後再注目。iPhone減産、下方修正などを経て下落したが、今後のスマホの伸びは変わらず。エラーを拾う銘柄としてご紹介。

日々の応援クリックありがとうございます。

明日は邪道銘柄の一覧を更新しますのでよろしくお願いいたします。







無料メルマガご登録はこちらから!
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/23(土)相場雑感コメント

日米首脳会談を控えて
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ



株式王道会公式ツイッター始めました





『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

ご声援ありがとうございます!まずはランキングのクリックをお願いいたします!



日米首脳会談を控えて

米国株が足元で調整を続けている影響でリスクオフの動きが明確になってきており、それにつられる形で本日の日本の株式市場も日経平均で100円以上の下落となっています。

週末行われる日米首脳会談の様子見ムードも相まっており、先週末のG20に引き続きこのところ週末に大きなイベントがあるために厳しい相場局面をまたがなければならない状況になっています。

明確に為替がドル円で95円を抜けない限りは11000円から11500円のボックス圏に推移しているという見方を先日お示ししましたが、そのボックス圏の下限まで再び下がってきました。

11000円から11500円の水準で推移している間に、日経平均の25日線が再びキャッチアップしてきています。11100円ほどを底として為替が95円を抜けてくるキッカケを待つべき時であると考えます。

そのキッカケとなるのは日米首脳会談であり、そして日銀の総裁人事であると期待しています。日米首脳会談でも為替に関する発言も恐らくは過度の円安であるということは勿論言われることもなく、今後行われる政府・日銀の政策に関しても為替介入という批判もあり得ないでしょう。そういったことからも再び今日来週初を底とした上昇に期待が持てると見ています。

個別銘柄の対処法についていくつか申し上げると、まず先日ご紹介した王道銘柄の【9672】東京都競馬ですが、もし先日のブログをお読みいただいて都競馬の将来性について私と同様の思いを抱くことができたとすれば、ご紹介した時にも言及はしましたが少しずつ買いながら、上昇を待つという対処で良いと思っています。大きく下げた時には少し多めに買うといった形が良いでしょう。

また【6924】岩崎電気や【6440】JUKIなども同様の対処法で良いと思っています。

このような地合いの時には内需の好業績企業が買われる流れがあるために王道銘柄の【7148】FPGや邪道銘柄の【1417】ミライトHDが比較的しっかりした展開になっています。【4651】サニックスもしかりで、こういった銘柄を持っていることがリスクヘッジにも繋がります。内需・外需や成長株・ディフェンシブ株などとある程度バランスを取りつつ、その保有比率を相場の流れに応じて切り替えていくことが短期的な売買を行う際には重要になっていきます。

そして本日から株式王道会でTwitterを開始しました。日々値動きをウォッチしながらつぶやいていきます。もしご興味がありましたら是非フォローしていただければと思います。

株式王道会 主宰
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/22(金)相場雑感コメント

短期割切り銘柄・FO​MC議事録
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

短期割切り銘柄・FO​MC議事録

昨日のNY株式市場は、1月末に行われたFOMCの議事録が公開され、金融緩和の規模を縮小させるような意見が出たことからマーケットがネガティブに反応し、NYダウは108ドル安の13927ドルで引けました。

リーマンショック後、資産購入を行ってFRBはバランスシートを膨らませてきました。リーマンショック直後に1兆ドルに満たなかった資産は足元で3兆ドルを突破し、この膨張に伴って株価も上昇し、現在では史上最高値へあと一歩という水準まできています。

資産の膨張と株価上昇に強い相関関係を見出し、資産を圧縮することは現状では株価にとってネガティブと捉えていることが非常に多いですが、実はそんなことはないと思います。

FRBの資産と株価の推移に相関関係があるのはリーマンショック後からのことであり、それまでは米国・欧州の好景気、そして中国の目覚ましい成長を背景として株価が上昇しました。この株価上昇には相関関係はもちろんありません。

量的緩和でここまで株価が上昇したと考えるのは1つの要因としては間違いではありませんが、米国企業の業績の好転に伴って株価が上昇しているのが実態なのです。

株価上昇の「拠り所」を1つ失うことになったしても必要以上に憂うこともないと思います。

以前書いたことと重複するのですが、労働市場が著しい改善を見せるまでは量的緩和を続けるというスタンスが大きく変わる可能性が出てきたとしても、その労働市場の著しい改善は13年末には達成されるのではないかと見ており、FOMC議事録に書かれた2013年末には資産購入を緩める可能性があるということと丁度一致します。

現時点では資産購入の早期縮小がネガティブファクターとして見られていますが、年末になれば縮小をしても構わない、本当の「強いアメリカ」を取り戻していけるものと考えます。

耐えることのない流入人口、シェールガス革命による製造業の米国回帰など米国が復活する要素はまだまだ沢山あることを忘れてはならないでしょう。

今日はシェールガス革命の関連銘柄として短期割り切りで銘柄をご紹介したいと思います。

王道銘柄・邪道銘柄には掲げませんが、直近で【6369】トーヨーカネツや【1976】明星工業などの上昇からシェールガス関連として注目されている向きがあるようです。

銘柄名については以下のランキングバナーを応援ついでにクリックしていただき、ご確認いただけたらと思います。

株式王道会 主宰

短期割切り銘柄はこちらから 


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/21(木)相場雑感コメント

太陽光発電について
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

太陽光発電について

太陽光発電関連銘柄として以前ご紹介した【4651】サニックスがこのところ連騰しており、とうとう本日、年初につけた高値392円を抜けて非常に強い動きとなっています。

第三四半期の決算発表で大幅な上方修正を行ったことがきっかけではありますが、さらにそれに輪をかけて米国での太陽光発電関連銘柄が足元で急上昇していることが追い風になっています。

もともと日本固有の現象として太陽光発電の買い取り価格が42円(税込)という非常に好採算の状況で決定したこと、そして世界ではパネル価格が下落していることで仕入価格も割安になっていることを背景に太陽光発電に関連する施工業者は大きな恩恵を受けるとして注目してきました。

昨年10月に読者様からご質問いただいた【6890】フェローテックの銘柄分析についてのご説明の折に太陽光発電関連銘柄について書かせていただきましたので、詳しくは以下をご参照ください。

過去の太陽光発電関連銘柄に関する記事はこちらから

 → → → 10月30日フェローテックの銘柄​診断

 → → → 10月31日太陽光発電について①

 → → → 11月5日太陽光発電について②

さきほど米国の太陽光発電関連銘柄が上昇していると述べましたが、特に目を見張るのは太陽光パネルメーカーであるサンパワーの株価上昇で、昨年11月頃に4ドル台であった株価は直近で12ドルを越える水準があるなど、太陽光発電関連企業の業績回復期待が足元で膨らんでいる形になっています。

供給過剰となっていた原料のシリコンにも底打ちが見られてきており、破綻したドイツのQセルズなど大きな傷跡を残しながら徐々に需給が引き締まってきているように感じます。

日本でも【5002】昭和シェルが手掛けるソーラーフロンティアがようやく黒字に転換し、いよいよ今期から離陸といったところになっており、太陽光発電関連銘柄が相場を形成していく段階が近づいてきているように思います。

関連銘柄の筆頭格としていた施工業者である

【1407】ウエストHD

【4651】サニックス

【1972】三晃金属工業

を皮切りに、ドミノ倒しのように様々なパワコン、バックシート、コネクタなどのメーカーや部材商社などの関連銘柄の業績が改善していく可能性が高くなってきていることを想定できる時期に差し掛かってきています。

ぜひ今一度過去の記事を読み返していただき太陽光関連銘柄のチェックをしていただけたらと思います。

株式王道会 主宰


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/20(水)相場雑感コメント

【9672】東京都競​馬
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

【9672】東京都競​馬

本日は昨日王道銘柄としてご紹介しました【9672】東京都競馬について解説させていただきます。

よく含み資産関連株の筆頭として取り上げられることが多いのですが、その中身については何も語られずにいることが多い銘柄です。どういう点で注目できるのかを明らかにしていきたいと思います。

まず含み資産関連が注目できる理由としては足元から続くアベノミクスが挙げられます。現金で資産を保有する時代は今や終わりを告げ、株式や不動産を保有しなければ自らの資産を守ることはできません。

そんな中で土地の価値を正当にマーケットが評価しておらず、安いままに放置されている都競馬は注目に値すると見ています。

同社の純資産は終わった期で516億円、BPS(一株純資産)では180円ほどになっています。しかしながら、同社の持つ大井競馬場をはじめとした土地の価値は著しく低い価格で見積もられています。

同社は品川区の勝島にある大井競馬場や配送センター、平和島倉庫、そしてあきる野市にある東京サマーランドを資産として保有しています。

いつの時代に算定した土地の価格なのかは今となっては定かではありませんが、遠い昔に評価した価額からそのままになっているため今の価格に直すという作業を行えば、同社の価値の高さが分かります。

具体的には大井競馬場は38万平米という広大な敷地で、帳簿価額は45億円。平米あたりの単価に直すと11780円になります。現在の価値(公示地価)では安く見積もっても平米あたり60万円は下らないと見られます。すなわち、大井競馬場の資産価値だけで、2300億円ほどになります。

また、あきる野市の東京サマーランドは130万平米とさらに巨大であり、これは帳簿価格16億円で1平米あたり1230円。これも現在の価値では10万円ほどであり、資産価値は1300億円と見ることができます。

同様に伊勢崎オートレース場、競走馬を育成する小林牧場などについても合計で100億円以上の上乗せが可能です。

これらをすべて合計すると東京都競馬の企業価値は4500億円と見ることができ、BPSに直せば1565円ということになります。つまりPBRにすると昨日の終値ベースで0.13倍というような考えられない数値がはじき出されることになります。

ならばPBR1倍まで同社を評価すべきなのかと言えばそういうことではなく、ここまで安く同社が評価されていることには様々な理由があります。

競馬場や遊園地といった特殊な土地の活用を行っているために他の活用法が見出せず、業績の伸びしろがないということがまず第一の原因だとは思います。

しかしながら土地そのものには大きな収益を上げることができるポテンシャルを持っているということを常に考慮しなければなりません。例えばサマーランドの土地130万平米を全て太陽光発電に換算した場合には、65メガワットの発電が可能であり、現在の売電価格に引き直せば年間26億円の売電収入を得ることができます。

この金額はサマーランドの売り上げとほぼ同等ですが、得られる営業利益はサマーランドが1.5億円程度であり、償却負担を差し引いた売電収益の方が断然上の水準であることは間違いありません。

更地にして太陽光発電にした方がよっぽと収益が上がるというのは同社自体が残念であるわけですが、そこに土地活用のポテンシャルがまだまだ残っているということを評価すべきであるということです。

カジノ構想や羽田空港の更なる国際線増便など結びつけることができるのも、同社の土地活用への期待感があるからだと思います。

同社の筆頭株主は良くも悪くも東京都であります。27%という保有比率であり、手放す可能性が低いこと、公営色の強い業態であるために買い進むようなファンドも存在していないのが現状ですが、今後東京都が売却する可能性が出てきたりあるいは土地の価値に着目してこれから買収提案を行うような不動産ファンドが出てくることがあれば同社の評価が一変することもあるかもしれません。

このような観点で東京都競馬を分析すると実に面白い銘柄であると言えるのではないでしょうか。

株式王道会 主宰

新規王道銘柄はこちらから 


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/19(火)相場雑感コメント

新規王道銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

新規王道銘柄

G20を控えて円高傾向のために売られていた先週の日本の株式市場も、G20で名指しでの為替政策を指摘されることもなく無事に通過し、為替は再び円安方向へ、それに合わせて日経平均も大きく上昇しています。

為替次第でマーケットが上下するという動きにはなんら変わりはなく、1月に日経平均が10500円から11000円のレンジで推移していた時には為替で90円を挟んだ値動きとなっており、次は95円を抜けるかどうかで11500円を睨んだ展開となっています。11500円を抜けていくにはやはり為替は95円が必要であり、そのトリガーとなるのは日銀総裁人事となることでしょう。

株式王道会ではかねてから日銀総裁人事にフォーカスしていましたが、いよいよ新しい日本のかじ取りのメンバーが全て決定するわけで、為替100円に向けた動きとなることを期待しています。

個人的には誰が総裁になったとしても、自民党政権の傀儡であることには変わりなく、年内に為替が100円に向けた動きとなるのは間違いないところだと思っていますが、武藤氏が総裁に就いた場合には目先的には厳しい局面を迎えるかもしれません。

それらを踏まえて、内需で好業績の銘柄に少しウェイトをかけるような方策が目先的には必要になります。新規邪道銘柄として先週ご紹介した【1417】ミライトHDや同じく邪道銘柄の【9743】丹青社などが注目できると思います。

さらに本日はそういった時流にも乗ると考えられる新規王道銘柄を1銘柄追加させていただきます。以前から先週末に決算発表を行い、決算そのものは当たり障りなく、業績に注目してご紹介するような銘柄ではないのですが、将来的に同社の評価が変わる可能性が非常に高いと見ている銘柄です。

詳細については明日のブログ更新で掲載させていただく予定です。対処法としてはこれまでの下落を帳消しにする形で本日は上昇していますが、200円台の押し目を少しずつ拾っていくイメージが良いでしょう。目標株価はまずは直近の高値253円更新としておきたいと思います。

銘柄名についてはいつものようにランキングバナーに掲載しましたので、応援ついでにクリックしてご確認いただければと思います。

株式王道会 主宰

新規王道銘柄はこちらから 


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/18(月)王道銘柄コメント

邪道銘柄一覧
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。

本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

邪道銘柄一覧

【9743】 丹青社 紹介日:12月21日 紹介日終値:309円 紹介後高値:384円 直近終値:338円

9%アップ

大幅上方修正期待。過去最高益更新も視野に。まずは直近高値345円突破から。

【1417】 ミライトHD 紹介日:2月14日 紹介日終値:864円 紹介後高値:893円 直近終値:851円

1%アップ

決算良好。LTE設備投資関連として期待。1か月の目標株価を1200円に設定。

★これまでに取り上げた銘柄★

【2191】 テラ 紹介時:500円⇒紹介後高値:1505円 201%アップ

【4763】 クリークアンドリバー社 紹介時:28000円⇒紹介後高値:54400円 94%アップ

【3658】 イーブック 紹介時:1350円⇒紹介後高値:1960円 45%アップ

【3641】 パピレス 紹介時:3000円⇒紹介後高値:6120円 104%アップ

【3046】 ジェイアイエヌ 紹介時:1650円⇒紹介後高値:3995円 142%アップ

【6678】 テクノメディカ 紹介時:386500円⇒紹介後高値:586000円 51%アップ

【5809】 タツタ電線 紹介時:592円⇒紹介後高値:850円 43%アップ

【9132】 第一中央汽船 紹介時:85円⇒紹介後高値:95円 11.7%アップ

【8260】 井筒屋 紹介時:62円⇒紹介後高値:133円 114%アップ

【8025】 ツカモト 紹介時:138円⇒紹介後高値:184円 33%アップ

【6801】 東光 紹介時:222円⇒紹介後高値:279円 25%アップ 

【8562】 福島銀行 紹介時:66円⇒紹介後高値:107円 62%アップ

【6440】 JUKI 紹介時:134円⇒紹介後高値:181円 35%アップ


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/17(日)相場雑感コメント

王道銘柄一覧
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

王道銘柄一覧

【8002】 丸紅 紹介日:8月14日 紹介日終値:532円 紹介後高値:717円 直近終値:678円

30%アップ

◆食糧危機関連として紹介。売上高に占める資源の割合が少なく、今期の業績も安定的。過去最高益更新も射程圏。買収した米国ガビロンの業績が寄与する。利益押し上げは1割ほどだが、今後市況上昇とシナジー追及でさらなる増益へ。

【6326】 クボタ 紹介日:8月14日 紹介日終値:757円 紹介後高値:1118円 直近終値:1040円

47%アップ

◆食糧危機関連として紹介。世界一のコメ生産国であるタイは依然として機械化が進まず。農業というテーマは普遍。

【4996】 クミアイ化学 紹介日:8月14日 紹介日終値:401円 紹介後高値:565円 直近終値:468円 

40%アップ

◆食糧危機関連。新剤の発売で今後は世界の農薬メーカーへ飛躍。数年間で売上300億円アップも現実に。今期も増収増益見通しを発表。

【6324】 ハーモニック・ドライブ・システムズ 紹介日:8月20日 紹介日終値:1584円 紹介後高値:1902円 直近終値:1730円

20%アップ

◆オンリーワン・ナンバーワン関連として紹介。納入先であるファナックや安川電機と連動。リスクオンの相場では評価高。円安メリットも享受。足元業績低調で売られているが、将来性には期待。1600円台前半で押し目狙い。

【2056】 日本配合飼料 紹介日:8月21日 紹介日終値:113円 紹介後高値:127円 直近終値:106円

12%アップ

◆マグロ完全養殖関連として紹介。足元の穀物価格上昇を受けて配合飼料を値上げ。穀物価格の上昇局面では好マージン。業績には好影響も。穀物価格の動向に目先は注意。

【2286】 林兼産業 紹介日:8月21日 紹介日終値:69円 紹介後高値:87円 直近終値:72円

26%アップ

◆マグロ完全養殖関連として紹介。マグロの規制関連のニュースに感応度高いがそのニュースフローだけでは続かない。赤字事業を縮小し、マグロの配合飼料へ軸足。増産ペース加速すれば今後業績も浮上。中期経営計画を策定。穀物価格にも注意。目先円安で収益に逆ザヤが発生しているが、来期以降は平準化する見通し。

【7527】 システムソフト 紹介日:8月28日 紹介日終値:68円 紹介後高値:183円 直近終値:72円

169%アップ

◆パワーテクノロジー社との合併で大幅高。2013年9月期は業績大幅上ブレ。業績見通し発表に注目。合併相手の大株主の売り観測。下値を切り下げているが、今月中には反転と予測。

【6924】 岩崎電気 紹介日:9月3日 紹介日終値:125円 紹介後高値:243円 直近終値:179円

94%アップ

◆公共投資関連銘柄。道路灯はLEDへの置き換えが今後爆発的に伸び、恩恵大。第一段階の目標株価である200円は突破。第三四半期の決算は前年同期比悪化だが、来期以降の業績期待は変わらず。通期見通しも上方修正の期待も高く、今年のテーマとして注目。

【6844】 新電元工業 紹介日:9月25日 紹介日終値:171円 紹介後高値:378円 直近終値:318円

121%アップ

◆タイ洪水からの復興期待銘柄。ホンダ系二輪事業に強みを持つが、いよいよ四輪へも納入開始。上方修正で株価も上昇。

【6504】 富士電機 紹介日:10月3日 紹介日終値:154円 紹介後高値:269円 直近終値:248円

74%アップ

◆材料の宝庫。地熱発電・電力インフラ・パワー半導体など将来性のある事業が目白押し。数年に渡っての成長性に期待。

【6636】 シスウェーブHD 紹介日:11月5日 紹介日終値:4080円 紹介後高値:4685円 直近終値:3850円

14%アップ

◆「スーパーソルガム」のバイオエタノールに期待。来期の業績は大幅伸長の可能性。下方修正でアク抜け期待。

【7148】 FPG 紹介日:11月2日 紹介日終値:995円 紹介後高値:2010円 直近終値:1746円

102%アップ

◆富裕層向けのリース組成が堅調。業績も上ぶれ余地が高い。東証一部上場でさらなる業容拡大へ弾み。証券業への進出も注目。高進捗の第一四半期決算で大幅に上昇。一時目標株価2000円到達も、押し目拾って更なる高みへ

【7157】 ライフネット生命 紹介日:1月7日 紹介日終値:792円 紹介後高値:894円 直近終値:787円

12%アップ

◆ネット生保の草分け。参入障壁の高さを評価。目標株価は1000円としつつ、上場来高値1326円突破も視野に。黒字化達成で株価上昇に弾み。契約者数も16万人突破と好調維持。

【9437】 NTTドコモ 紹介日:2月6日 紹介日終値:136900円 紹介後高値:139700円 直近終値:137000円

1%アップ

◆iPhone採用期待から、世界進出、高配当利回りなどを根拠にご紹介。

【6440】 JUKI 紹介日:2月12日 紹介日終値:142円 紹介後高値:149円 直近終値:134円

1%アップ

◆過去の短期注目銘柄で134円⇒181円まであり、その後再注目。今期の見通し発表に期待。今期の経常利益は26億円を想定しているが、為替次第ではさらに上振れの余地あり。目標株価200円を設定。ただし、早期退職者募集のためのファイナンスの懸念も。

【5809】 タツタ電線 紹介日:2月12日 紹介日終値:637円 紹介後高値:654円 直近終値:627円

1%アップ

◆過去の王道銘柄で592円⇒850円まであり、その後再注目。iPhone減産、下方修正などを経て下落したが、今後のスマホの伸びは変わらず。エラーを拾う銘柄としてご紹介。

日々の応援クリックありがとうございます。

明日は邪道銘柄の一覧を更新しますのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/16(土)相場雑感コメント

今週末、来週初には中​小型底打ち
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

今週末、来週初には中​小型底打ち

本日の日本の株式市場はG20開催を控えて為替市場に警戒感が膨らみ、それにつられて全体も大きく値下がりしています。

特に中小型株や新興株の下落が指数以上にひどい状況で、個人投資家の高値で掴んだ玉が市場に放出されてきており、目先的には投げが加速していくように見られます。

好決算を出した【6218】エンシュウや【8260】井筒屋などにも売りが膨らんでいるなど、業績には全く関係なく一様に売られている光景が広がっています。

為替に関する言及がG20でどのようになるのか注目したいと思いますが、過度の円安政策に対して他国が注文をつけても、国内政策に起因する物価目標2%という大義名分がある以上、他国以上に金融緩和を行うという流れは止めることができないと考えています。

日銀総裁が交代し、政府と協力して金融政策を行うことで長い目でみてドル円で100円まで円安に振れるという見方は不変であるということでしょう。

来週初めには円高に瞬間触れる局面があるかもしれませんが、そこを起点として為替が落ち着きを取り戻せば次期日銀総裁が行う様々な政策に期待がかかっていきます。

さて昨日ご紹介した【1417】ミライトHDもご多分に漏れず下落してきているわけですが、良い決算内容と来期以降の業績への期待などがある銘柄から順に戻していくと考えています。対処としてはここから少しずつ買い下がりながら上昇を待つという形で対応していきたいところです。

そもそも11月から始まった上昇相場はまず中小型株から上昇を始め、日経平均・TOPIXをアウトパフォームする形で1月末まできました。それの後を追うように大型株が上昇し、直近で日経平均が高値をつけました。大型株が高値を付ける前にはすでに中小型株は調整を始めており、最終的なセリングクライマックスに近づいてきたところで下落幅が非常にきつくなっていると分析しています。

今日の引けから来週初めにかけて中小型株が底打ちして反転していくと見ています。好決算で取り組みもよいなかで大きく下落している銘柄にフォーカスして買い下がるという形で対処していくことが必要でしょう。

王道銘柄である 【6844】新電元、また先ほど挙げた【6218】エンシュウなどもねらい目でしょう。投げが加速したところで「エラーを拾う」という対処ができていければこの難局は乗り越えていけると見ています。


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/15(金)相場雑感コメント

東光をTOBと新規邪​道銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

東光をTOBと新規邪​道銘柄

昨日、村田製作所が東光にTOBを行い子会社化すると発表がありました。上場は維持する見通しで、買い付け株数は50%、価格は300円ということです。

王道銘柄として今後伸びるであろうメタルアロイコイルに注目し、それがいよいよ羽ばたき、株価数倍への初動が近いうちに来るという時にTOBというのは少々残念ではありますが、このメタルアロイコイルがスマートフォン・タブレット・サーバーをはじめとしたコイル市場を席巻するという見方が当たったことは素直に喜ぶべきと考えています。

TOBのその先にはさらに業績が良くなってTOB価格を越えていくということも想定していますが、TOBが終了するまで一旦王道銘柄から除外させていただきたいと思います。

なにはともあれまた1つの王道銘柄が羽ばたいたということで、ブログ読者の皆様には素直におめでとうございます、と申し上げます。

さて、もう1つの王道銘柄である【6636】シスウェーブも第三四半期の決算を発表しました。想定通りの下方修正が発表され、ここでアク抜けすることを期待していきたいと思っています。

足元の本業は非常に弱いことが露呈されたわけですが、来期以降に売り上げ・利益が見込めるインドネシア事業の進捗などが発表されるにつれて同社の評価が徐々に変わっていくという見方には今のところ変更はありません。

今後また動きがありましたらその都度コメントをさせていただきたいと思います。

そして、本日は新規邪道銘柄を追加したいと思います。今回の邪道銘柄は以前短期勝負銘柄として10月10日に644円でご紹介し、その後940円まで駆け上がった銘柄です。

決算も非常に良好な通信関連の企業で、大規模な統合をした後のシナジーがまだ完全には織り込まれていない状況にあります。キャリアのLTE投資が今後本格化すること、そしてWi-Fiの投資についてもさらに伸びていくことでしょう。

まずは1か月ほどでの目標株価を1200円ほどに設定します。

銘柄名についてはいつものように応援ついでに下のランキングバナーをクリックしていただけると幸いです。

株式王道会 主宰


新規邪道銘柄はこちらから 



人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/14(木)相場雑感コメント

頭を切り替える時
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

頭を切り替える時

全体の相場は週末のG20や日銀の金融政策決定会合などで膠着感を増してきていますが、その中でもこれまで上昇してきた中小型株の下落が非常にきつい状況になっています。

信用取引の評価損益率がプラス5%というこれまでに見たことがないほど個人の投資家が好調なトレードを行い、調子に乗りすぎて高値で掴んだ玉が大量に市場に放出されているように見えます。

決算で余程の数字を出さなければ一気に売られてしまい、それによって需給が悪化し、さらにまた売られるという負のスパイラルに陥っている銘柄が多くなってきています。

以前から申し上げていた通り、これまで一本調子に上昇してきた相場が調整局面を迎えるきっかけとして決算が影響するのではないかという悪い予感が的中してしまった形となりました。

ただし、将来的な先高期待というものについては変わらず持ち続けていくべきであり、持ちきれずに売られた銘柄を積極的に拾っていくべきと思っています。決算前に少し軽くしておきつつ、下がったところで買い下がるという手法をいよいよ実践すべき時にきたと考えています。

具体的にどのような銘柄が先に下げ止まりそして上昇に転じていくのかを考えるに当たっては、セクターなどでこれまでの値動きを見ていけばそのヒントがあります。

例えば1月4日に高値をつけた証券セクターですが、その後決算を挟んで大幅に上昇してきています。株高により最も業績が改善しやすいというわかりやすいシナリオというのも背景にありますが、王道会でもご紹介した【8622】水戸証券や【8614】東洋証券などは連日商いを伴って急上昇してきました。

全体相場は1月4日以降も上昇を続けてきましたが、先に証券セクターが調整し、休養十分として足元で上昇をしてきたわけです。次に上昇するのは1月中旬あたりから調整をはじめて下がってきた銘柄の中で将来性が期待できるもの、足元の決算も比較的好調であるもの、あるいは足元で非常に速いピッチで下落してきたものなどを選別していけば値幅はとれていけるということになるでしょう。

そういった観点で銘柄を見た時に1つ浮き上がったのが【1518】三井松島産業でした。決算自体は好調だと感じたのですが、決算前にそれを過度に期待した向きもありながらさらにK氏が手掛けているという噂もあったようで、高値から3割近い値下がりとなってきました。今後の業績を期待していれば再び上昇トレンドに向かうのではと個人的に思います。第四四半期の決算予想が非常に弱く出ていますが、取り立てて弱気になるような材料もなく、決算の悲観から上方修正の期待、そして来期への業績期待へとマーケットの評価が変わるのではないかと思っています。

明日、三井松島産業以外で調整を終えて上昇が見込めるであろう銘柄をピックアップしたいと思います。

株式王道会 主宰


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/13(水)相場雑感コメント

タツタ電線の分析とそ​の他決算銘柄分析
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

タツタ電線の分析とそ​の他決算銘柄分析

昨日本ブログで掲載しました王道銘柄について、読者の方から以下のようなご質問をいただきましたので回答させていただきます。

『王道銘柄について

いつも有意義な情報の発信をありがとうございます。
ひとつ気になったことがありますのでコメント記入させていただきます。

2/11の王道銘柄一覧にタツタ電線 【5809】が、
以前は、記載してあったのですが、王道銘柄としてありません。
決算の内容から除外でしょうか?
同スマートフォン銘柄の東光【6801】はあります。

決算で売られたため、エラーを拾えのスタンスで拾いました。
誠に勝手ですが、貴殿の見解をいただけたら幸甚です。

以上』

いつも株式王道会を応援いただきありがとうございます。早速ですが【5809】タツタ電線についての分析をさせていただきたいと思います。

【5809】タツタ電線は昨年の8月下旬に592円でご紹介し、その後上方修正を繰り返して850円まで上昇しました。

過去のタツタ電線に関する記事はこちらから

 → → → 8月27日スマートフォン市場と王道銘柄

iPhoneをはじめとしたスマートフォンに使われる電磁波シールド材が期待材料であり、8割とも言われる世界シェアを持つことから非常に高いマージンを保っているために業績が大きく伸びるであろうということを申し上げました。

その後上方修正を繰り返しながら株価も大きく値上がりしたのですが、足元でiPhoneの減産などに伴って株価が下落しました。決算期待から一度株価は持ち直したのですが、投資家の期待に反して下方修正を発表し、現在は650円で推移しています。

まず王道銘柄から一度外した経緯から申し上げると、上方修正による業績上伸以上に株価の上昇ピッチが早かったために一旦見送りの方向にした方が良いと判断したためです。

どうしても毎日一回のブログ更新ですとコメントにも限界があるためにこのことについてはお話を控えていました。王道銘柄一覧に書かずに過去紹介銘柄一覧に振り替えた経緯のお話を割愛しました。

その状況下で一度買っても痛手が少ない株価まで下がってきたので、読者様が仰るように「エラーを拾え」という対処は非常に有用のように思います。以下にその理由を挙げたいと思います。

①電磁波シールドフィルムは確かに受注が足元で下振れており、さらに増産などの設備投資のために行っている工場移転の費用がかさむ関係で第四四半期は客観的には非常に悪い数字のように見えているが、会社側が想定しているほどの悪化はしていない。

②生産量について4割ほど減少を見ているようだが、それよりも直近足元ではそれよりも受注は回復している。

③スマートフォン・タブレットは今後も2割以上の世界成長を見込む。現在は今後新たなiPhone発売に向けた端境期であり、来期以降再び業績が上向いていくという期待は持つことが可能。

と考えています。単価の下落や他社にシェアを奪われたなどといった目立ったネガティブ内容は見受けられないために、株価の回復も見込めるものと思っています。

いつものことで、同社は非常に堅めの決算予想を出して後から上方修正をするという投資家泣かせの企業です。対処としては今期の決算を上方修正した段階で売却し、上方修正が出ずとも決算までには期待で上昇していると思いますのでその際には売却し、5月末から6月上旬に発表されるであろう本決算発表時にはまた堅めの決算予想を出してくると考えられるために、決算が出たあとにある程度ほとぼりが冷めた段階で買い直すといった対処が良いと思っています。

来期でもまた第一四半期や中間決算で上方修正をすることでしょう。年内にはこれまでにつけた高値850円も更新すると考えていますし、それを裏付けるような業績内容も今後示されることでしょう。

そういった観点で、今の株価は割安と判断されますので、再び王道銘柄として取り扱っていくことにします。

株価の下値メドは600円台前半と見ています。少し様子を見ながら買っていくといいかもしれません。

それと、先週末発表された【6440】JUKIについてのコメントをさせていただきます。

今回の決算では第四四半期で営業黒字化を達成し、業績はわずかながら少しずつ良くなっていると感じました。ただやはり今期の見通しは出ませんでした。今期の見通しは早期退職者の募集動向がどうなるかによって発表されるということで、もう少し時間がかかるようです。それによって今期の期待が剥落したようで、本日は大幅に下落して始まっています。

日経新聞には今期の見通しが示され、売上高820億円、経常利益26億円、純利益10億円でEPSは7.7円、配当予想は0~3円とのことでした。この数字自体は早期退職者募集の中身を織り込んでいいないようです。為替79円をベースにした同社の中期経営計画に沿った形となっており、為替を90円以上で評価すれば経常利益に関してはさらに上ブレする可能性もあります。

以上の見方は先日から変わっておらず、これから行われる業績見通しの発表次第では同社の業績回復見通しが評価されて株価が再び上昇に転じると考えています。

まさにこれについても『エラーを拾え』として、本日から王道銘柄として注目していきたいと考えています。

株式王道会 主宰




人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/12(火)相場雑感コメント

王道銘柄一覧
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

王道銘柄一覧

王道銘柄一覧

【8002】 丸紅 紹介日:8月14日 紹介日終値:532円 紹介後高値:695円 直近終値:692円

30%アップ

◆食糧危機関連として紹介。売上高に占める資源の割合が少なく、今期の業績も安定的。過去最高益更新も射程圏。買収した米国ガビロンの業績が寄与する。利益押し上げは1割ほどだが、今後市況上昇とシナジー追及でさらなる増益へ。

【6326】 クボタ 紹介日:8月14日 紹介日終値:757円 紹介後高値:1118円 直近終値:1026円

47%アップ 

◆食糧危機関連として紹介。世界一のコメ生産国であるタイは依然として機械化が進まず。農業というテーマは普遍。

【4996】 クミアイ化学 紹介日:8月14日 紹介日終値:401円 紹介後高値:565円 直近終値:497円 

40%アップ

◆食糧危機関連。新剤の発売で今後は世界の農薬メーカーへ飛躍。数年間で売上300億円アップも現実に。今期も増収増益見通しを発表。

【6324】 ハーモニック・ドライブ・システムズ 紹介日:8月20日 紹介日終値:1584円 紹介後高値:1902円 直近終値:1680円

20%アップ

◆オンリーワン・ナンバーワン関連として紹介。納入先であるファナックや安川電機と連動。リスクオンの相場では評価高。円安メリットも享受。足元業績低調で売られているが、将来性には期待。1600円台前半で押し目狙い。

【2056】 日本配合飼料 紹介日:8月21日 紹介日終値:113円 紹介後高値:127円 直近終値:115円

12%アップ

◆マグロ完全養殖関連として紹介。足元の穀物価格上昇を受けて配合飼料を値上げ。穀物価格の上昇局面では好マージン。業績には好影響も。穀物価格の動向に目先は注意。

【2286】 林兼産業 紹介日:8月21日 紹介日終値:69円 紹介後高値:87円 直近終値:83円

26%アップ

◆マグロ完全養殖関連として紹介。マグロの規制関連のニュースに感応度高いがそのニュースフローだけでは続かない。赤字事業を縮小し、マグロの配合飼料へ軸足。増産ペース加速すれば今後業績も浮上。中期経営計画を策定。穀物価格にも注意。上期業績を上方修正。通期の業績見通しも期待。

【6801】 東光 紹介日:8月27日 紹介日終値:222円 紹介後高値:240円 直近終値:222円

8%アップ

◆スマートフォン関連銘柄として紹介。メタルアロイコイルに期待。設備投資本格化で下期以降利益上向く公算。スマートフォンへの採用はさらに伸びる見通し。iPhone5にも搭載。業績は着実に改善。循環物色の流れが来る可能性も。

【7527】 システムソフト 紹介日:8月28日 紹介日終値:68円 紹介後高値:183円 直近終値:97円

169%アップ

◆パワーテクノロジー社との合併で大幅高。2013年9月期は業績大幅上ブレ。業績見通し発表に注目。合併相手の大株主の売り観測も。95~105円のレンジで拾う対処で。

【6924】 岩崎電気 紹介日:9月3日 紹介日終値:125円 紹介後高値:243円 直近終値:199円

92%アップ

◆公共投資関連銘柄。道路灯はLEDへの置き換えが今後爆発的に伸び、恩恵大。第一段階の目標株価である200円は突破。第三四半期の決算は前年同期比悪化だが、来期以降の業績期待は変わらず。200円前後での押し目買いで対処。

【6844】 新電元工業 紹介日:9月25日 紹介日終値:171円 紹介後高値:378円 直近終値:355円

121%アップ

◆タイ洪水からの復興期待銘柄。ホンダ系二輪事業に強みを持つが、いよいよ四輪へも納入開始。上方修正で株価も上昇。

【6504】 富士電機 紹介日:10月3日 紹介日終値:154円 紹介後高値:268円 直近終値:210円

74%アップ

◆材料の宝庫。地熱発電・電力インフラ・パワー半導体など将来性のある事業が目白押し。数年に渡っての成長性に期待。直近の高値を更新中。

【6636】 シスウェーブHD 紹介日:11月5日 紹介日終値:4080円 紹介後高値:4685円 直近終値:4010円

14%アップ

◆「スーパーソルガム」のバイオエタノールに期待。来期の業績は大幅伸長の可能性。

【7148】 FPG 紹介日:11月2日 紹介日終値:995円 紹介後高値:1223円 直近終値:1195円

22%アップ

◆富裕層向けのリース組成が堅調。業績も上ぶれ余地が高い。東証一部上場でさらなる業容拡大へ弾み。証券業への進出も注目。高進捗の第一四半期決算で大幅に上昇

【7157】 ライフネット生命 紹介日:1月7日 紹介日終値:792円 紹介後高値:853円 直近終値:810円

7%アップ

◆ネット生保の草分け。参入障壁の高さを評価。目標株価は1000円としつつ、上場来高値1326円突破も視野に。黒字化達成で株価上昇に弾み。

【9437】 NTTドコモ 紹介日:2月6日 紹介日終値:136900円 紹介後高値:138400円 直近終値:136900円

1%アップ

◆iPhone採用期待から、世界進出、高配当利回りなどを根拠にご紹介。



人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/11(月)王道銘柄コメント

鉄は冷えたのか
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

鉄は冷えたのか

本日は3連休の初日ということで、長い長い、5年先・10年先のお話をさせていただきたいと思います。

先日、昨年の世界粗鋼生産量が発表されました。世界全体では15億4780万トンとなり、前年比では1.2%増でした。

リーマンショック時に大きく下振れた生産量が回復し、2010年から3年連続で過去最高を更新しました。しかしながら伸び率は鈍化傾向にあり、さらには中国が設備投資を行っている関係で稼働率は78.8%と世界全体で4億~5億トンの能力過剰となっており、足元では回復に向かっているものの鋼材価格が上がらない原因にもなっています。

それでは本当にこれから世界の粗鋼生産量は頭打ちになり、鉄鋼業の未来は暗いものとなるのでしょうか?

結論から申し上げると全くそんなことはなく、むしろこれまでの鋼材需要とは比べ物にならないほど逼迫した状況になると思っています。

高度な経済成長を遂げる時によくある参考指標として各国の一人当たりの年間粗鋼消費量があります。経済成長の過程では交通インフラや住宅、自動車など鋼材が多く使われるようになるのは当然のことなのですが、それを指標として捉えた場合にどのような軌跡を辿るのか、ということを考えてみることが今後の世界の粗鋼需要を見るうえで必要になってきます。

日本の一人当たりの鋼材消費量は高度経済成長を始める1955年頃に100キログラムを突破し、その後1977年頃に800キログラムまで駆け上がりました。隣国の韓国は1973年頃に100キログラムを突破、その後は1997年に900キロまで上昇しました。

どの国でも一人当たりの鋼材消費量が100キログラムを超えたところから急激に消費量が伸びていき、ピークでは800キロくらいまで上昇するということが見られます。

現在の中国の状況は2000年頃に100キログラムを突破し、現時点では500キログラムの水準まで到達しています。成熟期を迎えてきてはいますが、まだ300キログラムくらいの伸びしろが残っています。そうすると、中国の人口13億4000万人に300キログラムを掛け合わせれば4億トンの鋼材需要が今後発生すると見られ、現在の粗鋼生産の稼働率を100%にさせるだけの可能性があるということがわかると思います。

さらには、インドは現在52キログラム、インドネシアは35キロなどとまだまだ本格的な成長が始まったとは言えない状況にある国が山ほどあります。新興国、途上国が今後成長していくという「30億人中流層」というビジョンがありますが、これから中国以外の国々に流れが波及すればざっくり計算で15億人が今後400キログラムの鋼材需要が発生するとして実に6億トンの潜在需要が残っているということになるのです。

先ほど述べた中国の4億トンとを足せば10億トンの潜在需要が残っているということになり、昨年の粗鋼生産量15億トンから25億トンへと増加するという見方ができることになります。今後10年間でここまで増加するとすれば、相当な設備投資がこれから必要になってきます。

現在は足踏み状態となっている世界の鋼材需要ですが、一度回復に転じていけばすぐさま需給がひっ迫し、鋼材価格や鉄鉱石・石炭などの資源価格が暴騰する局面が出てくるのではないかと思っています。

そういった視点から、資源銘柄や鉄鋼関連銘柄などを見ていくと非常に投資妙味に溢れていると日々感じている次第です。

また時を改めてそういった関連株についてのコメントをさせていただければと思います。

それでは充実した3連休をお過ごしください。

株式王道会 主宰


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/09(土)相場雑感コメント

短期注目銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

短期注目銘柄

本日の日本の株式市場は一昨日の大幅な上昇を帳消しにする形で大きく下落しています。

連休前ということもあり、ここまで非常に強い相場上昇をしてきた影響でかなりキツいボラティリティとなってしまっており目先的にはもう少し警戒せざるを得ない状況になっています。

日経平均で25日線がキャッチアップするまでは11000円~11300円くらいのレンジで揉みあう形となると思います。大きく下げたところでは好決算銘柄の押し目を拾うような対処で臨めればと思います。

そのような観点で、決算がよく、今後の業績の伸びが期待できる銘柄を今日のブログランキングのページに掲載しましたので是非応援ついでにクリックしてご確認いただければ幸いです。

銘柄についての根拠を以下に簡単に挙げておきます。

まず、同社の受注が足元で非常に好調であることです。人工衛星などを駆使した航空測量に強みを持っていますが、震災の影響で防災対策のための測量などが国内で伸びながら、ブラジルなどにおいても受注が増加しています。

特に海外においては円高の影響を受けて受注環境が厳しい状況にさらされていましたが、今後は好転していくことを期待していいでしょう。

日本では復興関連、そして世界では公共インフラ投資関連として注目しています。まずは昨年来高値332円を抜け、350円ほどを目標株価として設定したいと思います。

銘柄名については以下のランキングバナーをクリックしていただければと思います。

株式王道会 主宰


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/08(金)相場雑感コメント

新電元が暴騰!
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

新電元が暴騰!

昨日発表された決算で、王道銘柄としてご紹介してきた【6844】新電元工業が上方修正を発表し、大幅な上昇を見せています。

新電元工業に関する過去の記事はこちら

 → → → 9月25日ゆとりを持った投資を​!

 → → → 10月16日チャートに頼るな

 → → → 11月2日新電元工業と新規銘柄

 → → → 1月11日短期注目銘柄

ようやくタイの洪水による最悪期を脱し、もとの巡航速度に戻ったことが高い評価を受けています。これまでホンダの二輪車の電装品が中心だった同社の事業が来期以降四輪にも手掛けていくという将来性を加味して、さらなる高みを期待していきたいと思います。国内での太陽光発電の事業も堅調に推移しているようです。

まずはご紹介した時点での株価から丁度2倍の水準になったことは大変喜ばしいことです。さらなる高みを目指してまずは好調なスタートを切れたと実感している次第です。

また、邪道銘柄としてご紹介していた【6440】JUKIも昨日、ソニーとの半導体実装装置事業の統合を発表しました。JUKIが3分の2以上の株式を保有する新会社を設立するようです。

半導体を基板に実装する装置(チップマウンタ)には高速機から低速機まで幅広いものが市場にはあるのですが、JUKIの強みは中速機と低速機、ソニーの強みは高速機ということで、住み分けができており競合する機種は極めて少ないとのことです。今後両社が抱える顧客に相互で販売していくことや研究開発費を抑えてより高品位のチップマウンタを生産することになり、シナジーを追及しながらこれまで厳しかった環境に対応すべく大きく前進していくものと期待できます。株価もこれを評価して一時直近の高値を上回る水準まで上昇しました。

JUKIに期待していることは昨年11月に発表した人員削減、そして中期経営計画の中身です。中期経営計画は2012年12月期の売上規模でも利益が出せるように損益分岐点を大きく引き下げるということがミソになっており、2013年12月期に経常利益26億円から2015年12月期には57億円となるような計画を打ち出しています。

すなわち計画を打ち出した当時の為替79円を前提とした計画となっているわけで、現在の為替93円を前提とすれば同社の売り上げ・利益を見積もればさらに高い売り上げ・利益を予測できると思っています。

今週末に発表される予定の決算発表で、どのような為替前提でくるか、そしてチップマウンタ事業の統合をどのように業績に織り込むのか、さらには早期退職者の募集でどれだけの特別損失を織り込むのかは正直読みづらいものではあります。

特損などを排除して同社の実力ベースでのEPSをはじき出すとするならば、最終利益20億円強、一株利益(EPS)は18円ほどを見ても良いとは思っています。そこから妥当な株価を考えれば200円という数字も視野に入ってくると思っています。ただ、そのタイミングが決算で現実のものとなるかどうかについては少々博打に近いような気がします。

リスクを選好するかどうかはご自身の判断で、投資活動を行っていただきたいと思いますが、長い目で見れば同社の目標株価は現在の水準よりははるかに上であるのではないかという考えを今は抱いています。

株式王道会 主宰


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/07(木)相場雑感コメント

新規王道銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

新規王道銘柄

本日の日本の株式市場は昨日のNY株式市場の大幅な上昇を受けて大きく上昇して始まりました。

白川日銀総裁の早期辞任を受けて為替も大幅に円安へ傾斜してきており、非常に強い相場展開になっています。

既にリーマンショック後につけた高値を上回る水準まできており、上にも下にも非常に荒いです。日々交代交代で値上がり銘柄が入れ替わる中で、上手にトレードを行うというのは相当な腕が必要であり、うまく乗り切れなければ高値で掴まされて売らざるを得ない状況に何度も見舞われているという方も多いのではないでしょうか。

上昇している銘柄を何度も回転させて売買したとしても、2~3円抜きで利益を上げながら最後の最後に数十円やられるということが多いように思います。しっかりとした根拠で将来性を見据えて地に足をつけた投資を行いながら、短期的な売買を行うことが投資の王道であります。

王道銘柄としてご紹介してきた【8002】丸紅や【6504】富士電機、【6924】岩崎電気などを現物でしっかり種玉として保有しつつ、大きく下落した局面で買い増しを行い、また上昇の巡航速度へ戻った時に押し目で買った銘柄を売却して利益をあげる、という方法をとっていくべきだと思います。

岩崎電気の種玉の取得単価が100円~200円の間であれば、下落した局面で拾っても簿価はそこまで高い水準にはならないため精神衛生上も強い気持ちで対処できることでしょう。

今からご紹介する王道銘柄などでもこういった対処法はできると思います。もし、記事を読んでいただき、この銘柄についての将来性を評価した場合にはこのような投資手法で臨んでいただけたらと思います。

さて、本日ご紹介させていただく銘柄は王道中の王道、【9437】NTTドコモです。

NTTドコモと書かれてがっくりされた読者の方も多いかと思いますが、超長期的な視点に立って考えてのご紹介であり、目標株価は敢えて設定しませんが、これから数年間で数倍規模で大きく上昇してもいい銘柄ではないかと考えています。

足元でのドコモの業績は正直言ってお世辞にも良いとは言えません。iPhone5をライバルのKDDI、ソフトバンクが取り扱っている影響で加入者の流出が収まらず、業績が低迷しつつあります。

また、これまで海外に投資を行ってきた案件でも失敗が多く、なかなか思うような成果も挙げられないのが現状です。

しかしながらこれからお話しするいくつかのファクターが実を結ぶことになればNTTドコモの将来は明るいものとなると予想します。

①まずは国内ですが、1つ注目できるのはこれまで採用を見送っていたiPhoneを採用する可能性が出てきたことです。アップル自体にも世界的にiPhoneの減速感が出てきており、ドコモの販売によってテコ入れを図る可能性が出ていると思います。また、ソフトバンクやKDDIは採用が決まった時にはアップルに非常に有利な条件での契約が行われましたが、ドコモとアップルの契約ではそれほど厳しい条件にはなる可能性が低いと考えています。いずれにせよ、ドコモが取り扱うラインナップが増えることで契約者数が再び伸びていくものと想定されます。

②次にドコモのコンテンツの充実にも期待しています。動画配信や音楽配信、そしてゲーム配信などでドコモが有するプラットフォームが最大限に生かせる施策が次々と出てきています。それによって端末一台あたりから得られる収益も上昇してきています。スマートフォンが普及する中でインターネットもパソコンでやらずにスマートフォンで行う人が増え、それによって携帯端末を触る時間も増えています。そういったことを背景として様々な財・サービスを提供できる機会がドコモにとっても増えてきているということを頭に入れなければなりません。

そういった観点では以前お話をしたかもしれませんが、JR東日本にも注目できます。東京駅をはじめとした駅構内には多くの人々が行き交います。多くの人々の目に触れるその場所は様々な財・サービスを提供する機会に溢れている、ということに価値を見出すことは重要です。実際、国鉄から民営化されたのち、これまでに駅ナカ、駅ビルなどと銘打って収益機会をモノにしてきました。それと同じことがNTTドコモでも起こりうるということを忘れないようにしたいところです。

③そして国外についてのお話をしますが、いよいよ世界基準のLTEが各国で立ち上がります。これまでの日本の通信規格はガラパゴス化しており、日本の技術が世界に移管されることは殆どありませんでした。世界のLTE化が本格化することで、ドコモにとってのチャンスが広がります。「キャリア」は今後世界で淘汰が進みます。LTEへの設備投資は膨大な費用がかかり、財務が健全な企業でなければなかなか進めることは厳しいです。ソフトバンクによるスプリントネクステルの買収ではありませんが、NTTドコモも世界へと手を広げる時期にきていると見ています。LTEの設備投資、通信の安定性や様々なコンテンツの供与などを世界に広めていくものと期待したいと思います。

④そして最後に配当利回りです。現時点での配当利回りは4%と非常に高いです。機関投資家に選好して買われる可能性が高いと見ています。iPhone5の発売から苦戦を強いられて株価が回復してはきていますが、依然として出遅れている感は否めないでしょう。そういった観点からも長期的に見て面白い銘柄と言えそうです。

今日も更新が遅くなってしまいました。明日以降はいつものように正午に更新させていただく予定です。

株式王道会 主宰


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/06(水)王道銘柄コメント

今年のテーマ株
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

今年のテーマ株

昨日のNYの株式市場はスペインやイタリアを中心とした欧州債務懸念の台頭を受けたことや、NYダウが14000ドルを越えていたことから利益確定の売りが膨らみ反落して引けました。

本日の日本の株式市場でもこれを受けて安く始まっており、幅広い銘柄に売りが膨らんでいます。

目先的にはこれまでの上値の節目となっていた11000円が下値の節目になるかどうかを見極めなければならないと思っています。今週中に11000円で留まればしっかりとした相場展開が期待できると見ています。11000円を挟んでもみ合う展開であれば再び循環物色の流れが起こりますのでその波に乗りながら回転重視で対処していきたいところです。

銘柄としては例えば、このところお休みしていた【9672】東京都競馬などが良いかもしれません。含み資産の相場は安倍政権下ではまだまだ始まったばかりです。

カジノの期待感も含めて、土地の有効活用の期待が起こっていけば再び上昇トレンドを描いていくと考えています。決算の数字そのものにはあまり株価に影響を及ぼさないとは見ていますが、2月15日に予定されている決算を通過した後にエントリーしても遅くはないでしょう。いずれにせよ値動きを見ながらまたこのブログでコメントをさせていただきたいと思います。

そして昨日に決算発表した【6924】岩崎電気についてのコメントをさせていただきます。

第三四半期だけの決算数字は営業利益ベースで黒字に転換していますが、多少インパクトに欠けた感じがします。もともと同社は官需の比率が非常に高いため、第四四半期に大きく利益をあげる習性がありますし、通期の決算予想も達成することは十分可能な状況であります。

来期以降の利益成長への期待は不変でありますし、今年のテーマ株に発展するという見方は変わりません。全体の地合いが足元で非常に悪いために大きく売られていますが、200円を挟んだところで少しずつ買っていければと思っています。

本日はどうしても時間がとれずに更新が遅れてしまいました。明日は長期的な視野に立った銘柄選定についてのお話をさせていただきます。

株式王道会 主宰


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/06(水)相場雑感コメント

円安で日本の設備投資​が活発化する
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

円安で日本の設備投資​が活発化する

先週末に発表された米国の雇用統計は事前予想の数字を大きく上回り、NYの株式市場は大幅に上昇、NYダウは14000ドルの大台を突破し史上最高値まであと少しという状況になりました。

財政の崖の問題がまた期日を迎える中での堅調すぎる経済指標に少々驚きを隠せません。年内堅調にNYの株式市場が推移していくとは見ていますが、ここまでピッチが早いとどこかで一旦きつい調整が入る可能性もあります。シェールガス革命によって世界に出て行った米国の製造業が回帰してくるという見解を以前お示ししましたが、それによる米国の経済成長は来年以降に急加速していくと考えています。

日本の株式市場では、これら米国の動きを受けて円安が進行、それに合わせて株価も全体的に上昇しています。

このところ決算発表を済ませた銘柄の中で、第三四半期で業績のモメンタムが上昇しているものの株価上昇が目立ってきています。

【6752】パナソニックなどがその典型であり、大型株でこれまで動きが非常に重かったものもアク抜けすればここまでの上昇を見せるのであるというお手本のような値動きとなっています。

投資家心理としても決算前に買うのではなく、非常に悪い決算でなければ決算さえ出れば安心して買うことができるというのがこのところの大勢になっています。

1日1回のブログ更新ではその都度の決算コメントなどがなかなかしづらい状況ですが、この地合いの中では機動力を最優先していくべきであるのでなるべく更新頻度を上げながら、またメルマガを活用しつつ積極的にコメントしていきたいと思います。

さて、本日の日経新聞の3面に「設備投資 円安が促す」という記事がありました。

円安になってくれば日本の多くの企業が海外の工場を引き上げて日本へと回帰するということを以前書きました。

詳しくはこちら → → → 11月29日円安トレンドが導く日​本の未来

本格的に回帰するにはまだまだ為替水準や電力を始めとしたエネルギー問題なども解決しなければならないことが山積みではありますが、このように一歩ずつ日本の国力が強くなりつつあるということは頭の中に入れておかなければなりません。

これから日本の製造業には大きなチャンスが巡ってきます。そのような観点から銘柄を見つけていくことが重要であり、今後株式王道会でご紹介していきたいと思います。

そして、今週はどこかのタイミングで王道銘柄・邪道銘柄をご紹介したいと思いますのでお楽しみにしていてください。

株式王道会 主宰


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/04(月)相場雑感コメント

【6815】ユニデン
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

【6815】ユニデン

本日は昨日ご紹介した【6815】ユニデンについての詳細を書かせていただきます。

ユニデンは無線通信に強みを持つ会社で、米国では非常に強いブランド力を持っています。歴史的には米国で大昔にトラックのドライバー同士で交通違反の取り締まりの情報をやり取りするのに無線機を使っていて、ユニデンの無線通信機が音もハッキリ聞こえるという信頼を受けて非常に売れ行きを伸ばしたなどの経緯があるようです。

もともとは日本で工場を持っていたのですが、円の固定レート360円が終わりを告げて1970年代以降に起こった猛烈な円高を受けてどの製造業よりも先んじて台湾へと工場を移管しました。

その後は人件費の安い中国、そしてベトナムへと移り、現在はベトナムでの生産が主になっています。日本においては工場は一切なく、研究開発が行われています。決済はすべてドル建てで行っている会社です。

現在はこれまでの無線技術を生かして家庭用のコードレスホンが同社の売り上げの主力となっており、さらにその大部分が米国での売り上げになっています。

米国の家庭用コードレスホンは日本の家庭とは異なって家の面積が広いために電波が家の中に届くようにするためにも、ユニデンのコードレスホンが必要不可欠になっています。

リーマンショック前までは同社製の家庭用コードレスホンが米国で売れ行きを伸ばし、莫大な利益を上げました。

その後リーマンショックと共に売り上げが大幅に縮小、さらには円高が追い打ちをかけ、営業損失もさることながら膨大な金額の為替差損を計上しました。2006年度には18億円、2007年度には60億円、2008年度には29億円、2010年度も28億円を計上しました。

これまでの円高の影響で、保有している資産ほとんどがドル建てなのでここまで同社の資産価値が下落しこれまで猛烈に稼いできた貯金が半減しました。

それでも一株純資産は依然として500円以上あるためPBRは0.5倍以下、さらに足元の円安局面を受けて同社の企業価値が上昇してきていると思っています。

本業については、第二四半期まで赤字だったものが第三四半期に黒字化してきており、さらには営業外の部分で為替差益が発生するために最終利益も押し上がると見ています。

日経新聞には営業利益1.5億円で前年同期比9割減益という書き方をしていましたが、中間期から比べて2.5億円以上営業利益が改善を見せており、そこまで悪い記事ではないと感じていたのですが、250円台の高値圏で株価が推移している時にこの記事が出てからここまで下落してきました。

営業外の為替に関する数字自体は記事になっておらず、しかも前年同期での比較だけで記事になっていたためにネガティブな記事という映り方にしかならなかったと思っています。

第三四半期末の為替レートは86円そこそこと現在の為替よりも依然円高の状態であるために大きな為替差益が出るとは思いませんが、足元の為替を加味すれば同社の通期の最終損益については期待が持てる水準になることでしょう。

また、中国からベトナムへの工場移管が思うようにいかずに非常に悪い歩留まりをこれまで出してきましたが、ここにきて生産効率も上がってきているのではないかと思います。

為替に関する期待感を加味して、まずは直近の高値の更新を目標株価に設定したいと思います。為替差損の出方次第では足元の為替動向からさらに利益が膨らむ可能性もあるので、決算の数字を見てからまたコメントをさせていただく次第です。

これまで営業利益100億円を稼いできた会社の復活はもう少し時間がかかるかもしれませんが、世界に誇るユニデンブランドの復活を期待したいと思います。

株式王道会 主宰


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/02(土)相場雑感コメント

為替差益期待銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

『株式王道会が掲げる投資の三原則』

無料メルマガご登録で即配信中!

この機会に是非無料メルマガへのご登録を!

ご登録は⇒こちらから!

また、いつも応援クリックありがとうございます。


本日も下のバナーからお願い致します。


人気ブログランキングへ

為替差益期待銘柄

本日は為替差益が期待できる銘柄のご紹介をさせていただきたいと思うのですが、その前に王道銘柄の中で昨日発表された決算についてのお話をさせていただきたいと思います。

昨日、【7527】システムソフトの第一四半期の決算が発表されました。その決算内容についてコメントをさせていただきます。

ちなみにシステムソフトについてご紹介した際の記事はこちら→8月28日『今』面白い銘柄をご参照ください。

システムソフトは60円台でご紹介し、その後183円まで上昇しましたが、その後1月1日のパワーテクノロジー社との合併を経たのち、パワーテクノロジー社の既存株主と思われる売りに押されて100円台まで下落しました。

その際に対処法として95~105円くらいの押し目を拾いながら決算発表に期待していきたいとコメントをさせていただき、大量の売りをこなしながらも決算に向けてここまで順調に上昇をしてきました。

昨日発表された決算では新生システムソフトとしての新たな船出と評価するにふさわしい決算が出たと感じました。この決算内容をマーケットも評価して、本日の寄付きも一時10%を超える上昇を見せました。しかしながら、依然として大口の売りが出てきているようです。

また振り出しに戻ってしまった形となりましたが、システムソフト・アップトゥミー・パワーテクノロジーの3社のシナジーなどを考えていけば将来性は期待できると思っています。

今の株価でも将来性を加味すれば割安に映りますし、少しずつ拾っていけば長い目で見て利幅が取れると思います。前場の出来高から言っても相当売りが一巡してきているとは見ていますが、またチャンスが巡ってくると思いますので、タイミングを見計らいながらまたこのブログに書かせていただきたいと思います。

さて、今日は昨日予告させていただいた通り、為替差益の計上が期待できる銘柄をご紹介させていただきたいと思います。

銘柄の詳細については明日土曜日のブログにてお話しさせていただくことにして、取り急ぎ銘柄名をランキングバナーに掲載したいと思います。

毎度毎度で恐縮ですが、応援ついでにランキングバナーをクリックしていただければ嬉しいです。

株式王道会 主宰


人気ブログランキングへ
プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



関連記事

2013/02/01(金)相場雑感コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。