株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

メルマガ限定の新規邪道銘柄は大幅高!
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

メルマガ限定の新規邪道銘柄は大幅高!

無料メルマガ配信のご登録はこちらから

本日の日本の株式市場は7~9月のGDP速報値が非常に悪い結果となったことを受けて大幅に値下がりをしています。

ここまで悪い数字が出てきてしまえばどう考えても消費増税は先送りせざるを得ません。

消費増税の是非を問うための選挙などとというような悠長なことを言っているような場合ではないわけで、早期に景気対策を政府も国会も行わなければならないところまできているように思います。

ただ追加緩和を行ったことによる効果が出てくるのはまだ先の話で、消費増税が延期されることも正式に決まり、また景気対策がしっかりと講じられることによって全体相場の下落は結果的には限定的になると思います。

<<< ランキングを見る

景気指標が悪いことによるショックはあるにせよ、それを挽回するだけの手立てと言うのはまだあるわけで、こうした期待に働きかけることが株価にとっては重要となってくる局面であるでしょう。そうしたプラスの要素を今後汲み取っていきながら、引き続き大きく押したところでは買いつつ吹き値で売っていくといったスタンスで良いものと考えています。

本日は新規邪道銘柄として先週木曜日ご紹介した銘柄について、第2四半期決算についての解説をメルマガにて配信致しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※無料メルマガを配信しました。
購読者様で無料メルマガが届いていない場合再送させて頂きますので下記アドレスまでご連絡ください。

info@oudoukai.net


設定方法に関してはこちら <<< http://oudoukai.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の決算で上方修正が発表され、営業利益は通期で上振れる可能性が非常に高くなったことから、全体地合いで大きく下げる場面がない限りは押し目も限定的になるものと思います。また為替差益の計上も第3四半期・第4四半期に向けて為替差損から一気に好転していきます。

第3四半期は9月末時点での為替水準が反映されるためほぼ確定、第4四半期もこの水準で12月末を迎えれば大幅な為替差益が発生するものと思います。

週末の決算発表を受けて本日は前引け10%を越える上昇、高値では20%の上昇率となりました。

<<< ランキングを見る

ひとまず中期狙いでここから買い増しを行う場合には250円台から、少しずつ買い増しを行っていくと良いのではないかと考えています。

早くも読者の皆様から第3四半期決算においては持ち越すのが妥当か、というご質問があったのですが、目標株価を400円と設定している点において、もしも短期的にこの水準まで上昇すれば持ち越すことなく利益を確定させれば良いと思いますし、そうでなければ持越しをすればよいのではないでしょうか。

3か月後に向けてどのような推移を辿っていくかは詳細に予測できませんが、本業が好調なうえで為替差益が計上されることが確定的となった以上は下げる要素は見当たらないので、強気に対応して良いと考えています。

もう1つの邪道銘柄、【3853】インフォテリアは主力製品の「ASTERIA」のライセンス収入がここまで第2四半期で落ち込むとは正直想定していませんでした。

売上が伸びた分だけ利益に直結するという業種である分、第1四半期損益トントンであったところから売り上げが越えた分だけ利益にはなってはいたのですが、私自身が予測していた売上規模にまでは残念ながら届かずで、4200万円という少額とはいえ特損計上したことが響き、最終赤字、見た目の連結決算は非常に悪いことが嫌気されて大幅に値を下げてしまいました。

<<< ランキングを見る

非常に厳しい展開が目先的には続きますが、今後も「ASTERIA」は足元4633件という採用社数から1万・2万件と伸ばしていくと社長が説明会の席でも語っていましたし、また「Handbook」の売上、サポート事業の売上についても堅調に伸び、その伸びた分が利益に直結する環境が整いつつあります。

こうした期待が前期よりも膨らんでいることからしてもそこまで大幅に下落することなく、また下期の業績改善への期待に繋がっていくものと思います。

これからも同社の株価動向や業績に関しては積極的にコメントを加えていく所存です。

株式王道会 主宰

応援クリックはこちらから!


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

こちらのランキングもチェック!

注目銘柄
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2014/11/17(月)相場雑感コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。