株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

【3528】プロスペクトが大幅高!
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

【3528】プロスペクトが大幅高!

今年も応援クリックのご協力をお願いいたします!
<<< 株式王道会のランキングをチェック!

昨日のNY株式市場は原油価格がさらに下げたことが不安視され、大幅に続落して取引を終えました。引けにかけては値を戻す場面もあったのですが、結局NYダウは100ドルを越える下げとなりました。

原油価格の下落にはシェールオイルの増産影響や、OPECが減産をする気配が全くないことによるもので、また今年の世界全体の需要見通しも下ブレするリスクが高いことも影響しています。

まず原油価格そのものについて考えて、どの程度で下げ止まるかという点について予測するのは非常に難しいところではありますが、まず需給が締まることが確認されることが必要であるでしょう。

需給が締まるには供給が減るか、需要が伸びることが条件になります。

供給面から考えて、既に米国のシェールオイルのリグ(掘削機)の稼働が止まっているところもあり、11月末に急落したところから供給自体が大幅に増える方向性は徐々に弱まってきていると思います。

需要についても、OPECが今年の石油需要見通しを下方修正したことが発端となってここまで価格も下落してきたわけですが、原油に割安感が出てくればその分消費が喚起される可能性も出てきます。

<<< 株式王道会のランキングをチェック!

そうした2つの点から見ても、30ドルまで原油が下がるような不安を煽るようなレポートや報道なども出てきてはいますが、その水準まで下げることもなく遅かれ早かれどこかで収束するのではないかと思います。

次に原油価格下落に伴う世界経済への影響については、ロシアやベネズエラなど大きな影響を受ける可能性がありますが、総じてみればプラスに働く部分の方が大きいという考え方は変わりありません。

物価の下押し要因としては懸念もあるのですが、米国のみならず石油消費国の多くで他の消費活動への刺激も起こり得るわけですから、特別過大な見方をせずとも良いのではないかと思うところです。

本日の日本の株式市場では昨日の米国株安を受けて、寄り付きは下げて始まったものの、昨日大きく下げたこともあって、前引け段階ではプラスに転じて取引を終えました。

ひとまずは一旦下げ止まり、といったところで今夜の米国株式市場でADP雇用統計やFOMC議事要旨などの発表次第で戻りを試す展開となるかどうか注目していきたいと思うところです。

個別銘柄については邪道銘柄の【3528】プロスペクトが昨日上方修正を発表し、100円を越える大幅高となりました。

アセットマネジメント事業が昨年、年間を通じて好調であったことからの上方修正となったことがサプライズとなりました。

機動建設の業績なども上ブレればさらに上方修正をする可能性もあり、また豊商事のTOBが成立すれば負ののれん計上、そして来期業績への期待も高まってくるものと思います。

出来高としては前場段階で7000万株越えと、後場の出来高次第では145円を付けた12月8日の出来高を抜く大商いとなっています。

これによって高値をつけた際にできたしこりが完全に払しょくされるかどうかの判断は非常に難しいところではありますが、同社の業態の大きな変化に対する評価・期待がさらに高まれば年初来高値145円を越える可能性も見えてくるものと思います。

<<< 株式王道会のランキングをチェック!

これまで上値追いは割切りとしていましたが、引き続き上値追いは割切りとしつつ、また大きな動きがあれば解説を行っていく次第です。

【7992】マミヤオーピーについてはなかなか明確な反発の兆しも見えないまま250円まで戻したものの再び230円台前半まで下落してきました。

信用買い残が多くなってしまったことによる戻りの鈍さが出ているようで、何らかの材料が追加で出てくるなどのきっかけ待ちといったところであるかと思います。

これから始まる通常国会でのカジノ法案可決に対する期待や、自律走行ロボットの今後の技術供与を増やすなど、期待できる材料は多くあることから言っても反発する期待も持てると考えています。

商いを伴って上昇することで買い残がほぐれるまでのきっかけ待ちとなってはいますが、材料株物色の循環を待ちながら引き続き注視していきたいと考えています。

株式王道会 主宰

株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

こちらのランキングもチェック!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目銘柄
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2015/01/07(水)相場雑感コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。