株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

全体は難地合い続くが・・・
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

全体は難地合い続くが・・・

今年も応援クリックのご協力をお願いいたします!
<<< 株式王道会のランキングをチェック!

昨日のNY株式市場は、昨年12月末の米国主要企業決算の初めとなるアルコアの決算が好調であったことから買い先行で始まりましたが、原油安が重石となり引けにかけては上げ幅を縮めて取引を終えました。

これを受けて本日の日本の株式市場は為替がふたたび円高になったことから、昨日の安値から戻して引けた分を完全に帳消しにして前場の取引を終えました。

石油価格の下落に輪をかけて、他の商品の下落にも拍車がかかり、銅価格やニッケル価格などの下落などから鉱業セクターに売りが膨らんでいるようで、こうした価格下落が止まることがまず待たれるところではあります。

さて、本日は短期注目銘柄を朝方、ブログランキングページにてご紹介しました。

<<< 短期注目銘柄をチェック!

非常に難地合いではあるのですが、直近で子会社【6634】ネクスの上昇に合わせて3連騰後、調整局面でのタイミングでご紹介しました。

ネクスはデータ通信用機器等の開発・販売が主な事業で、足元ではM2M(Machine to Machine)が主力事業となりつつある企業です。

M2Mとは機器間のデータのやり取りを行う技術のことで、家電や自動車などありとあらゆる機器間を繋いで情報をやり取りするのに必要不可欠な技術です。

株式王道会でも今年のテーマとして注目している、ありとあらゆるモノがインターネットに接続するという「IoT」(インターネットオブシングス)とも、非常に親和性の高い技術です。

【3727】APLIXなどもM2M技術で株式市場で高い評価を受けましたが、同様の考え方・期待はネクスにもできると考えています。

ZMPとの業務提携、および昨日発表された子会社の株式公開計画など、さらに高い将来性が付け加えられ、また介護ロボットをヴィストン社と共同で開発するなど材料性に事欠かない企業です。

ヴィストン社はロボット工学の第一人者でもある大阪大学の石黒浩氏を最高技術顧問に置くロボット関連企業として非常に注目されている企業の1つであります。

こうした点からも今後ネクスの業績自体に期待する部分も多いのですが、ZMPとの提携から大きく株価が上昇したことから、その上昇の恩恵を受ける親会社をご紹介しました。

<<< 株式王道会のランキングをチェック!

同社は株式情報の配信が主力でありながら、日本の株式市場が長らく低迷したことから同社の業績・株価も低迷していたのですが、新たな資本が入りM&Aで業容を拡大しつつ、またアベノミクスによる株高で主力事業も大きく回復してきました。

そして、同社および子会社ネクスを中心とした、2014年を初年度とした中期経営計画ではネクスのM2Mの伸長をメインとして非常に高い目標を打ち立てましたが、為替ヘッジにより為替差益を計上したものの、急速な円安や期ズレなどで初年度の営業利益は大幅な未達での着地を余儀なくされています。

そこから期待が剥落しているものの、期ズレによる下落である部分は1月19日に発表を予定している決算ではプラスに働くうえに、為替についても今後大きく変動しなければしっかりとした収益に結び付くものと考えています。

<<< 株式王道会のランキングをチェック!

ネクスの決算そのものが売上から経常利益までは100%、純利益では50%が親会社に加算される期待から言えば親会社の株価も今後評価に繋がるのではないかと考えています。

まずネクスの大幅高による投資成果の評価が第一点、そして今後発表を予定している決算による業績面での評価が第二点として注目していきたいと思います。

相場は軟地合いではありますので、押し目買いをしつつ、1月19日決算を待っていきたいと考えています。

株式王道会 主宰

株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

こちらのランキングもチェック!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目銘柄
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2015/01/14(水)相場雑感コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。