株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

新規邪道銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

新規邪道銘柄

本日も応援クリックのご協力をお願いいたします!
<<< 株式王道会のランキングをチェック!

※四季報関連銘柄を配信しました。
購読者様で無料メルマガが届いていない場合再送させて頂きますので下記アドレスまでご連絡ください。
info@oudoukai.net


また、本日新規王道銘柄を配信しますのでご登録はお早めに!

無料メルマガの登録はこちら!

設定方法に関してはこちら <<< http://oudoukai.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

昨日のNY株式市場は方向感が定まらない展開で、上下に振れる展開となり、結局下落して取引を終えました。

日本の株式市場もこれを受けて方向感の定まらない展開で、それがために中小型材料株の一角が上昇をしていたりする一方で全般では軟調に推移しているといった印象を受けます。

中小型の材料株物色は、今後旺盛になることが予想される一方で、何か新しいテーマなどを相場が渇望しているようで、これまで材料株として上昇していた銘柄に資金が入るよりも手垢がついていない、長期的に株価が低迷しているような銘柄が取り上げられる可能性が高いとも思えます。

ただそれによって手詰まりであるといったわけではなく、例えば自動運転技術であるとか、ロボットといった関連銘柄も日を追うごとに需給がタイト化し、上昇する期待はあると考えられるので引き続き様々なテーマに則して銘柄を見続けていく必要があると言えるでしょう。

<<< 株式王道会のランキングをチェック!

さて、昨日のブログでも触れたように新規王道銘柄を今夜メルマガにて配信いたします。

長期的な業績回復期待に加えて短期的にも手掛かり材料視される期待も持てる銘柄でありますので、是非この機会にメルマガのご登録をしていただければ幸いです。

一方、今朝の株価材料ピックアップにおいてご紹介した【1992】神田通信機ですが、下方修正を発表した分、来期の日神電子の買収に対する期待部分が市場内では剥落してしまっているように思います。

これまで神田通信機が40%を保有、日立国際電気が40%を保有、あとは日神電子が自社株として20%を保有していました。この日立国際電気保有分のうち10%を神田通信機が4600万円で買い取り、残り30%を日神電子が自社株として取得します。

これによって神田通信機が50%、日神電子が自社株50%、という比率になり、神田通信機が日神電子を完全子会社化したということになります。買収予定は4月1日、来期から業績がフルに寄与する予定です。

日神電子の業績は開示された情報においては前期17.7億円、営業利益は1.4億円と非常に優良で、これが来期業績に加えられるとすれば神田通信機にとっては大きな業績インパクトになることでしょう。純資産も6.8億円あるため負ののれんが発生する期待が持てることも加えて注目できると考えています。

今後オリンピックに向けてセキュリティを高める必要性からも、日神電子が手掛ける監視カメラ等の需要も旺盛になると見込まれればまた業績も今期を底にV字回復となり得ることと思います。

<<< 株式王道会のランキングをチェック!

神田通信機は日神電子の株式を40%(議決権ベースでは50%)を保有していながら持分法適用会社にはしていないようで、日神電子からの受取配当金だけを損益計算書に計上しています。

つまり売上高・営業利益・経常利益・純利益までこれまでゼロであったところから、フルに連結する形となるのでそれだけでざっくり一株利益が12円ほど押し上げることになります。

さらに来期業績が神田通信機自体が復調すること、そして日神電子のフル連結化及び両社のシナジー、さらに負ののれん計上によって一株利益は30~40円ほど見込めると考えられます。

こうした点が評価されればまずは昨年来高値の265円も本決算発表まで、あるいは本決算発表後に見えてくるかもしれません。少なくとも230円程度を目標株価として設定します。

以上から【1992】神田通信機を今夜配信予定の王道銘柄とは別に新規邪道銘柄として取扱いたいと思います。

このような考え方をどれだけの市場参加者がしているかどうかはわかりませんが、確度の高い来期業績期待銘柄であると思うところであります。

株式王道会 主宰

株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

こちらのランキングもチェック!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目銘柄
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2015/03/25(水)相場雑感コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。