株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

【3111】オーミケンシを読み解く
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

【3111】オーミケンシを読み解く

株式王道会のメルマガは全て無料です。 ⇒ ⇒ ⇒ 無料メルマガの登録はこちら!

今日の注目銘柄は・・・? ⇒ ⇒ ⇒ 株式王道会のランキングをチェック!

昨日のNY株式市場は日本の株式市場がしっかりと推移したことや中国株式市場が落ち着きを取り戻したことなどから反発して取引を終えました。

雇用統計を含め様々な指標・イベントなども相次いでいる中で、それなりに強気で推移している点は、利上げに伴う耐性が十分と言えるほどに出来上がったということも言えるのではないかと思います。

一方で日本の株式市場は昨日20000円を引け際に突破して取引を終えたものの、本日はここから上を買い上がるほどの環境にはまだないことから前場は反落していましたが、それでもザラ場中は力強い押し目買いに支えられて前引け間際に再び20000円をつけました。

自動運転やバイオの一角の上昇が非常に目立ってはいるものの、その裏で中小型株が非常に好調にしっかりと推移してきているのもまた目立つ印象です。

時価総額の大きい銘柄が組み入れられている日経平均に比べてこのところ東証一部全体の指数を示すTOPIXの上げが目立つのもこうして幅広い銘柄が買われていることが表れています。

つまりは大型株が一服しているために、中小型株への資金シフトがより鮮明になってきた格好で、直近でご紹介している邪道銘柄も出遅れの不動産株としてしっかりの展開となっています。

【4960】ケミプロ化成は【5216】倉元製作所などの大幅高もあって一時ストップ高目前まで上昇する場面がありました。こうして材料株が大きく上昇する場面が、今後立て続けに起こっていくことと思いますので、日々のニュースフローの中身をよく精査しつつ、機動力を上げて相場に向き合っていくべきでありましょう。

今朝方の株価材料ピックアップでご紹介した【3111】オーミケンシは、買い気配から80円で寄り付いた後、75円で前場の取引を終えました。

高寄りは割切りとしていたところ、実際多くの買いを寄り付きで集めたわけですがここから現値前後であればリスクは比較的少ないものと思います。

同社は古くからレーヨンを主体とし、東レやクラレ、帝人などと祖業は同じである中で、これらのレーヨン会社はその後様々な機能性材料を開発して羽ばたいた一方で、未だに新たな事業がなく、完全に水をあけられているのが現状です。

しかしながら、木材パルプを加工してレーヨンを作り出す製法を活かして、新たな機能性食品を開発した点は非常に画期的であると考えています。

麺や米など様々な食品の代替製品として用いられるという期待があれば、早期に達成を視野に入れている400トンという年間の生産規模もさらに拡大していくこととなると思います。

同社の今の利益の源泉はレーヨンではなく、売り上げの僅か10%を占める賃貸収入にあります。

ここで注目すべきはレーヨンそのものは現状赤字であり、これの黒字化を達成することが急務になるわけですが、レーヨンの製造方法を応用しているためにこの機能性食品が軌道に乗った際は赤字体質であったレーヨン部門全体に対して好影響を与えることに繋がり部門全体が大きくプラスに転じる可能性が高いといえます。

つまりは全く新たな事業を始めるというよりは既存の事業から新たな収益源を生み出した、という点でさらに高い評価を与えても良いものと考えられるわけです。

日経産業新聞では100gあたり数百円での販売を見込んでいるとのことなので、仮に100g400~500円とした場合には年間で16億円~20億円規模の売上高と算定できます。

同社の売上高は150億円程度でありますから少なくとも10%~15%ほどの売上増のインパクトが近い将来見込めるうえに、さらに増産が進めば同社の成長ドライバーとなっていく可能性が大いにあると言えます。

付け加えておくと、11月中旬のブルームバーグの記事では月産30トンの生産規模を早期に確立して、需要に応じてこれを3倍に引き上げるとしています。すなわち400トンという日経産業の記事から、さらに3倍にまで伸びしろがあるとも言えますので将来性はより高いとも言えるでしょう。

こうした考え方から、新たな材料株として同社を組み入れつつ、短中期的に90円程度を目標株価として押し目買いをしていくと良いのではないかと思う次第です。

結局こうした新聞記事などからどのように将来性を読み解いていくのか、という点がいつも大事で、具体的には将来的に売り上げがどのように伸びるか、その数字を参考にしながらさらに企業全体の業績にどのようにインパクトを与えるか、といったことを読み解いていくということが必要になってくると言えます。

また同社についての動きがあった際にはまたブログに書いていくこととします。

株式王道会 主宰

株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

こちらのランキングもチェック!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目銘柄
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2015/12/02(水)相場雑感コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。