株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

四季報注目銘柄
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

四季報注目銘柄

株式王道会のメルマガは全て無料です。 ⇒ ⇒ ⇒ 無料メルマガの登録はこちら!

今日の注目銘柄は・・・? ⇒ ⇒ ⇒ 株式王道会のランキングをチェック!

先週末のNY株式市場は原油価格がさらに下落したことに加えて一部の債券投信の換金停止などが嫌気されて大幅に値下がりしました。

原油価格の売り崩しがさらに行われたことにより、コモディティ全般の価格の先安観なども再び強まり、これが株式相場の重石となりました。

これを受けた本日の日本の株式市場は主力大型株を中心に売られる展開は免れられず、為替が120円台半ばまで円高が進んだことに伴ってザラ場中に一時日経平均が18600円を割り込む場面も見られました。

しかしながら、個別の材料株・中小型株は全般的に下げ幅が大きくはなく、体感温度としてはそれほどの暴落にはなっていないように思います。

実際マザーズ指数は1%程度の下落に留まっており、このところ強含みで推移している地合いが続いているものと捉えることもできるのではないかと思います。

今回の全体相場の下落で、再び8月9月のような状況に陥るような見方も出てはいるものの、そうなる可能性は現時点で極めて低いと考えます。

それはその当時と比較してみればわかることで、8月9月は中国株式市場の大幅な下落に伴う世界的な株安が原因となった一方で、今回は中国株の下落は止まっており、下げの主要因はまずECB理事会による金融緩和が市場が期待していたよりも小規模であったこと、そして足元の原油価格の下落、さらにFOMCによる利上げを目前に控えた警戒感によるものです。

為替が一旦は円高に振れる可能性がある点は指摘をしてきましたが、それに輪をかけて原油価格が下落し、株安を誘発したことでリスクオフの状況となったものの、中国株式市場が派手に下げさえしなければ世界的な株安は一定程度に収まるものと思います。

ひとまずFOMCで利上げペースが極めて緩やかである点が確認されればマーケットも次第に落ち着きを取り戻すと現時点では考えておけば良いのではないかと見ています。

本日は四季報2016年新春号が発売されました。

毎回四季報の中から業績の伸びが期待できる銘柄をピックアップして読者様にお伝えしているわけですが、今回はひとまず以下の2銘柄を取り上げます。

【6172】 メタップス

【8704】 トレイダーズHD

メタップスは今期の業績見通しを会社側では売上高予想のみを発表しています。売上高は90億円と前期比で2倍以上の増収見通しで、これだけ売上規模が大きくなれば黒字化は十分期待できます。

四季報予想では控え目に売上高を70億円、一株利益は28.4円と予想していますが、同社の主力サービスの伸びに加え韓国企業の買収効果が発現すれば更なる伸びも期待できることでしょう。

同社は上場後株価はなかなか冴えない展開となっていましたが、来年以降さらにテーマ性が高くなる「フィンテック」関連銘柄の中心として注目されていく可能性が高いと思っています。

特に「SPIKE」はクレジットカードの決済手数料がゼロ、SPIKE内での通貨が年間1%の割合で増えるとしている点からユーザー数を大きく増やしています。

このポイントは、決済した通過をSPIKE内になるべく滞留させることでひとつの巨大な経済圏を作っていくことに同社の目論見があるのではないかと思います。

こうした中長期的な見方、考え方がマーケットにおいてできる投資家が増えてくれば、恐らくは同社の株価は全く居所を変えることになる、と考えています。

一方トレイダーズHDは従前から解説をしていた通り、2社を株式交換によって完全子会社化した効果が来期よりフル寄与する予定です。

それによる来期売上高(営業収益)・営業利益利益見通しはそれぞれ50億円、10億円と業績変化率が非常に大きい点が市場で評価される可能性があるものと見ています。

為替がこのところ動きが激しい点も本業のFX事業にとってはプラスとなるために、現状不安要素が見当たらないといった印象を受けます。

来期業績が株価に織り込まれるタイミングは年末からという前提に立てば、直近の高値140円を超える場面も近いうちに期待できるかもしれません。

以上2銘柄を四季報関連銘柄として注目しつつ、また四季報の中から注目銘柄をピックアップし、随時ご紹介していくことと致します。

株式王道会 主宰

株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目銘柄
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2015/12/14(月)相場雑感コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。