株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

01/01 02:13

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

大納会を迎えて
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

大納会を迎えて

株式王道会のメルマガは全て無料です。 ⇒ ⇒ ⇒ 無料メルマガの登録はこちら!

今日の注目銘柄は・・・? ⇒ ⇒ ⇒ 株式王道会のランキングをチェック!

昨日のNY株式市場は原油価格が比較的落ち着いていたこともあり、大幅に値上がりして取引を終了しました。

為替も120円台中盤まで多少ではあるものの円安に進んだため、本日の日本の株式市場は全般的にしっかりとした展開となっています。

とはいえ今年最後の取引日、大納会を迎えて、休暇に入っている投資家も多く閑散商いの様相が強いために、やはり個別の材料株・テーマ株が引き続き物色されているのが目立ちます。

特にフィンテック関連銘柄については【3778】さくらインターネットがストップ高したことを皮切りに邪道銘柄【3853】インフォテリアをはじめ、多くの銘柄が引き続き大幅に値を飛ばしています。

今朝方の株価材料ピックアップでも触れたようにリキッドがイオン銀行と提携し、指紋認証によるATM取引を実現するという旨の記事が日経新聞に掲載され、関連銘柄の【8704】トレイダーズHDが大幅高、一昨日の高値を更新するといったように全般的に話題に事欠かない状況となっている点もまたフィンテック関連銘柄には追い風となったことでしょう。

指紋認証は、他の手のひら静脈認証、目の虹彩認証なども含めて、これらを生体認証と呼ばれますが、個々人の情報を一致・特定するには処理に時間がかかったり、正確に読み取るための精度技術にも問題がありなかなか普及が進まなかったという難点がありました。

生体情報だけで個人を認証する時に、認証エラーとなってATMから金銭を引き出せないといったデメリットが低確率でも一定程度出てしまえばシステムとしてはやはり普及はできないということです。

考えてみれば、キャッシュカードをATMに入れ、さらに指紋や静脈などの認証をするという二重の認証方式ということ自体が利便性を欠いているわけです。本来ならば指紋だけで個人を認証し、キャッシュカードや暗証番号といった認証方式はいらないはずです。

指紋などの生体認証だけで60億人を越える世界人口の中から1人を迅速かつ正確に特定できるようにようやくなってきたので、将来的にはカードも財布もポイントカードも持たない世の中が訪れるのかもしれません。

これもまた金融とITの融合「フィンテック」と言えるわけで今後もこうした動きには期待できることだと思います。

さて、直近メルマガでご紹介した邪道銘柄がご紹介時点の終値、そして高値も大きく超え、本日は10%を越える値上がりとなっています。

ご紹介後には節税対策による売りなどあって下落する場面もありましたが、これでようやくご紹介後のどの高値で買われた読者様も最低10%ほどの利が乗った状況になったと言えます。おめでとうございます。

1月4日に買収の完了を予定し、連結開始後は業態が大きく変化することになります。ただそれに合わせて株式交換によって増加する株式を速やかに売却する旨の開示もあったことから、素直に大幅に値を飛ばすかどうかは未知数といったところですが、以前ブログでも言ったようにひとまず買収完了後のプレスリリースを見ながら解説を行っていきたいと思います。

本日は大納会です。今年一年を振り返ってみると、非常に大きな波に翻弄された一年であったように思います。

8月の中国の株価暴落に起因した世界的な株安、そして年末の米国の利上げといったように世界の中でも景気の強弱が色濃く出て、その度に世界マーケット全体が揺さぶられました。

以前から申し上げているように、冷戦終結から25年あまりかけて、世界の経済は1つになってきたということがより明確になってきたとも言えると思います。

中国の景気減速が世界の株式市場にショックを与えるほどの経済規模になったということも勿論ありますが、それ以上にやはり国際間での取引がこれまで以上に活発化したこと、世界が一大経済圏を作り上げたことによるものだと言えるのではないでしょうか。

来年以降ますますその傾向が強まっていくのは間違いないところですから、こうした点に注意を払い、常に世界情勢を見ていかなければなりません。

年明けのブログではこの点を踏まえながら、また世界でどのようなことが起こり、そしてどのようなテーマがフォーカスされるかを予測し、2016年の相場展望を書いていきたいと思います。

今年も数多くの読者様に支えられ、大納会を迎えることができました。メールでのご質問や叱咤激励、ご意見等も沢山いただきました。

はっと気づかされること、勉強させていただくことも沢山ありました。

これらを肥やしに、また読者様との関係をこれからも宝としながら、来年の株式王道会が更なる飛躍を遂げることができるように努めて参ります。

2016年の株式王道会は少しこれまでよりもさらに情報量を増やし、正確性を高めていきますので是非ご期待ください。

長くなりましたが、本年も株式王道会を応援いただきありがとうございました。

株式王道会の読者の皆様の株式投資における真の成功を心よりお祈り致しております。

来年も株式王道会をよろしくお願い致します。

株式王道会 主宰


株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目銘柄
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2015/12/30(水)相場雑感コメント

01/01 02:13

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。