株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

株式王道会02/23 15:37

「ブログランキングページ」に紹介されている銘柄の見方を説明致します。

①株式王道会記事内の「ブログランキングページ」もしくは「ブログランキングのバナー」をクリック。

②ブログランキングにて「株式王道会」を見つけます。(現在10位から20位の間です)

③「株式王道会」のすぐ下に「銘柄6●●● ●●に短期割切り注目」と記載されておりますのでそちらをご確認くださいませ。

株式王道会運営

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

為替112円を巡る攻防
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

為替112円を巡る攻防

 昨日のNY株式市場は原油高を背景として大幅に値上がりしました。

 その一方で為替は113円割れの状況が続き、これについては日本の株式市場においては多少ダウンサイドリスクとして注視しなければならない部分ではあったのですが、寄付きからドル円が113円台を回復する場面もあって前場中ごろまでは堅調に推移していました。

 しかしながら為替が一時112円を割り込むなど急速に円高が進んだことから日経平均は前引けにかけて伸び悩みました。

 為替が円高に振れた点について何も材料が見当たらず、ただずるずると円高に向かっていく状況は、少々気味が悪いというか漠然とした警戒心は持っておかなければならない部分ではあると思います。

 為替の動向に比べて日経平均はそれなりに底堅いとも言えるのですが、輸出関連株を中心とした主力株が買えない状況は続くため、個別材料株・テーマ株物色が引き続くものと考えられます。

 ただ、日中の値動きについてはやはり日経平均をはじめとした指数に連動することは否定ができず、やはり日経平均が伸び悩んだタイミングでは朝から高かった銘柄の多くが上値の重い展開となっています。

 そうした中で昨日にみずほ証券から目標株価1660円のレポートが出された王道銘柄【4593】ヘリオスは朝高後売られたところから再び復調の兆しを見せている点は市場内でも目立つ存在となっているように思います。

 今回のレポートについては、アサーシス社との提携を発表した内容が非常にポジティブであり、それを基に2019年にマルチステムの上市、2020年には黒字化を予想しています。

 iPS細胞を用いた加齢黄斑変性症薬については国内では順調に進み、2020年の上市を目指している点は評価をしているものの、海外展開についてはこのレポートにおける予測はしていません。

 海外においてはアステラス製薬が昨年に完全子会社化を発表したOcata社がES細胞を用いて網膜色素上皮細胞を作製する臨床試験が第Ⅱ相まで進んでおり、これと競合する点を憂慮した上で、現時点での業績予想には織り込まずに進捗を見守るというスタンスです。

 要はES細胞とiPS細胞、どちらが再生医療においてイニシアティブをとるのかという大きなテーマにもなり得ることです。ここで日本が最先端を走るiPS細胞が先んじてくれば、みずほが行った目標株価に大きな上乗せが期待できることとなります。

 結論としては、やはりアサーシスとの提携によって得たマルチステムの国内での販売はヘリオスにとってはとても大きい内容であることが明らかとなり、発表が待たれる海外企業とのアライアンスで1660円からさらに高い株価が期待できるということになるでしょう。

 1660円という目標株価は将来性などから言っても割り負けしていると言わざるを得ない部分がありますが、海外での展開を加味しなければこの程度の株価であるとは思います。

 結局、株式市場で様々な銘柄に対する強気・弱気の考え方があって、それが激しくぶつかり合っているからこそ株価は成立するものです。どちらがエラーになるかは蓋を開けてみなければ客観的にはわかりません。

 蓋を開けたその時にまた目標株価引き上げがあるものと考えて引き続き注目をしていくこととします。

 今回のレポートで、また他の証券会社も追随してくる可能性がありますが、様々な意見を見ることはとても勉強になりますので、他の王道・邪道銘柄も含めてレポートが出た銘柄についての解説も今後行っていきたいと考えています。

 株式王道会ではアサーシスとの提携内容が発表された後、無料メルマガで解説を行いました。マルチステムの将来性に加えこれを元にして早期の黒字化が見込めることを解説したわけですが、ようやく証券各社でも評価される動きとなってきました。

 これが1つのきっかけとなって市場で再評価へと繋がる期待を持ちつつ継続してフォローを続けて参ります。

 さて、本日は短期割切り注目銘柄ブログランキングページでご紹介しました。フィンテック事業へと舵を切るプレスリリースをし、それが将来に繋がる材料として期待をしていたのですが、寄付きが大幅に値上がったことや先述のように個別材料株が全体地合いの下落に合わせて寄付きから値下がりする展開となっています。

 また直近で行った第三者割当増資・新株予約権の発行なども重石となっている可能性もあると思います。

 大幅高で寄り付いた後にはさらに割切りとしていたものの、120円前後の株価水準であれば比較的リスクはないものと思います。

 日経平均が16000円を割り込む水準になれば、同社の株価にも影響が出てくるものとして注意は必要な部分はありますが120円割れから段階的に押し目を拾っていくと良いと思う次第です。

株式王道会 主宰

株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は
下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ

関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2016/02/23(火)相場雑感コメント

株式王道会02/23 15:37

「ブログランキングページ」に紹介されている銘柄の見方を説明致します。

①株式王道会記事内の「ブログランキングページ」もしくは「ブログランキングのバナー」をクリック。

②ブログランキングにて「株式王道会」を見つけます。(現在10位から20位の間です)

③「株式王道会」のすぐ下に「銘柄6●●● ●●に短期割切り注目」と記載されておりますのでそちらをご確認くださいませ。

株式王道会運営

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。