株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

運も実力のうち
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

2016-10-04 (火)

運も実力のうち

 本日の株式市場は為替が102円を突破したこともあり、総じて堅調に推移しました。

 これで日経平均は2日続伸となりましたが、これも約1か月ぶりということで、これまでいかに方向感がなかったか、ということが言えると思います。

 そうした中において、マザーズの構成銘柄をご紹介し卒業ができたのも、丁度良い相場の流れを掴んでこれたと言って良いでしょう。

 為替に多少の方向感が出てきたことで、日本の株式市場にとっては大きな追い風ともなり得、また明日以降の動きに繋がっていくものと考えています。

 ただ、今週末には米国雇用統計を控えているのが少し厄介で、これが悪い数字であれば恐らくは利上げが遠のくとして、為替が円高に振れやすくなる一方で米国の株式市場は上昇するものと思います。

 一方で良い数字が出た場合には12月利上げが改めて意識され、これに伴って米国株が売られることになり、為替は円安に働くことでしょう。

 つまりはどちらに転んでも日本株にとっては差引ゼロ、ということになります。このところの動きから言えば米国の株価に連動しやすいため、先述のパターンから言えば前者、つまりは悪い雇用統計が出た方が良いということが言えるのですが、今月もこの動きを踏襲するかは未知数ではあります。

 現状のスタンスとしてはニュートラルとしつつ、日経平均に左右されにくい銘柄、すなわち個別の材料株などに特化しておいた方が良いとやはり考えます。

 個別銘柄の動向については、今朝方のブログにも書いた通り、昨日ノーベル医学・生理学賞にオートファジーの仕組みを解明した東工大栄誉教授の大隅氏が受賞したことで、ブログで挙げた【4557】医学生物学研究所【3386】コスモバイオがストップ高貼り付きの値つかずとなりました。

 こうしたノーベル賞関連の銘柄というのは数ある受賞候補の中から選べるわけですから、いわば「運」とも言えます。

 引き当てればそれで大きな利益が待っている一方で、外せば残念ながら期待で買われた分は剥落するということでもあります。

 そしてこのようにノーベル賞の第一弾の受賞候補が日本人に決まれば、医学生物学研究所やコスモバイオの気配を指をくわえて見ているわけにはいかず、二匹目のどじょうを狙うべく、今日の物理学賞、明日の化学賞、また経済学賞や文学賞などの受賞候補の関連銘柄も軒並み上昇しました。

 文学賞では村上春樹氏が毎年受賞候補に挙がり、そのたびに【9978】文教堂などが値上がり率ランキングに登場するわけですが、今年はいつもよりも株価に織り込まれる期待値が高いと今日の相場を見ていて思いました。

 私が思うのは株式投資には「運」が必要です。特に短期投資であれば尚更なのですが、運を引き寄せることがとても大切であります。

 ただし、運を引き寄せると言っても日ごろの行いをよくしろ、とか毎日お参りにいくべき、と言いたいわけではありません。

 勿論株式投資にはメンタル面が必要であるため、ご自身の気持ちが安らいだり、また気持ちに余裕が出てくるのであれば是非行っていただきたいことではあります。

 ここでいう「運」とは、良いと思える銘柄が本当に良いのであればそれは自然と良い方向に向かい、いずれ将来材料が出てくるということであります。

 例えばある銘柄が高い技術力を持っていて、また将来性がある、ということをご自身で調べて気づいたとします。

 しかし業績も悪く、株価は低迷している、そんな銘柄は株式市場にはいくらでもあります。

 しかしながら、高い技術力があれば恐らくはどこか大手の企業が手を差し伸べるはずであり、提携、あるいは買収などが必ず出てくるものと思います。それが「材料」であり、ご自身の分析力が運を引き寄せる結果を招くと思っています。

 王道銘柄としてご紹介しているとある銘柄は、高い技術力を持つ点を挙げたのですが、実際に大手の企業との資本業務提携を発表し、ご紹介から現状2割以上上昇しています。

 これはご紹介してすぐに発表があったために純粋な運もあったとは思いますが、それ以上に高い技術力を見出した結果であるでしょう。

 「運も実力のうち」という言葉ありますが、株式王道会はその「運」を皆様の手元に引き寄せるべく、常に分析力を高めて、銘柄をしっかりとご紹介して参りたいと考えています。

株式王道会 主宰

2016-10-04 (火)

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2016/10/04(火)相場雑感コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。