株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

株式王道会で利益を出しながら投資力もつける
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

2016-10-19 (水)

株式王道会で利益を出しながら投資力もつける

 日経平均はやはり連日のように小動きで、殆ど動きがないまま取引を終えました。

 引けにかけてはしっかり、という言い方もできるのですが、それでも日中に全く値幅がないため、主力大型株への投資妙味というのは全く薄らいでいるように思います。

 こうした状況は何かのきっかけが起こらなければ大きな変化はないのですが、その変化を待つ間は、個別材料株が上がりやすいという環境は続いていくことでしょう。

 その何かのきっかけ、そして大きな変化、についてはその兆しが出てきた時にでもまた今度ブログでお話をすることとします。

 それまでは今を楽しむことができるような銘柄を次々とご紹介していくことにしつつ、どこかのタイミングである程度時価総額が大きい銘柄をご紹介していかなければならないとも思っています。

 大型株の中から、王道銘柄・邪道銘柄などの紹介をするご要望を一部のプレミアム会員様からもいただきます。

 しかしながら大型株の難しいのは、現在アルゴリズム取引とも言われる超高速取引がに伴って値動きの予測ができないということ、また多くのアナリストがカバレッジし、その目標株価・レーティングの上げ下げに伴って株価が変動するなど、余計なバイアスが多くかかることにあります。

 明確なエラーだとしてもそれらのバイアスという呪縛を解くのに時間がかかったり、必要以上に売られたりということもあるためにご紹介のタイミングがとても難しいわけです。

 例えば、大型株ではありませんが、8月下旬ごろにプレミアムサイトでご紹介した王道銘柄は今や株価が2倍になったのですが、同社の株価はその2か月前、上場来安値をつけるまで株価が低迷していました。

 その原因にはその前に発表された決算で業績が赤字であったということもあるのですが、大きな要因は某証券会社のレポートでした。

 目標株価を大きく引き下げ、将来見通しを引き下げた「売り」のレポートを出したことで売りに拍車がかかったことにあります。1社しか目標株価を出していなかったこともマイナスインパクトを与えたのではないかと思います。

 それが結局エラーとなったのはわかったのですが、何かしらのきっかけを待ちながらご紹介のタイミングを図りつつ、きっかけがあったときに取材をすぐに行って王道銘柄としてご紹介をしました。

 結局それが絶好のタイミングとなり、その後株価は上昇を続けて2か月足らずで2倍まで上昇したということになります。

 こうしたエラーがある銘柄はいくつも存在します。ただし、エラーが出てから長らく低迷してしまう銘柄も多くあります。

 個人投資家の皆様の最大の武器は「時間を味方につけられること」であるとよく言われます。将来性が高くとも、目先的に先行投資がかさんで利益水準が悪化したり、ひどい時には赤字になっている企業もあります。

 昨日のブログでは将来性が高い銘柄、大化けする銘柄はPERというモノサシが壊れて大化けするということをお話しました。

 昨日のブログはこちら→「大化け株の生まれ方」 http://oudoukai.blog.fc2.com/blog-entry-2300.html

 目先の赤字で売られた場面では自信を持って買えるという銘柄を見つけられたのであれば常に監視し、何かのきっかけを待ちつつ丹念に時間をかけて買って良いと思います。

 黒字化する、あるいはそのあとに大きな変化が起こるという銘柄は大化けする素地があります。

 そこにテーマに乗っているか、あるいはオンリーワン・ナンバーワンであるかなどの要素を加えていくと、さらに上昇幅が上乗せされていきます。

 そうした要素の中には、「個人の投資家にとって、とてもわかりやすい」銘柄がよく上がる、ということを言う株式評論家もいます。

 イメージが沸きやすい、専門用語なども必要ない、事前の知識・業界用語を知らない銘柄の方が良いということが言われるのですが、この要素については確かにそう言える場合もあるのですが、決して一概には言えないと私は思っています。

 一般投資家、個人投資家でもわかりやすい銘柄であれば、誰もが知っている・あるいは知り得ることであって、誰も知らない状況で安値放置されている方が実は値幅は大きくとれるとおもっているからです。

 先日卒業した【6531】リファインバースについても、中身をよく知っているのと知らないのとでは大きな違いがあったと思います。

 さすがに6000円を越えるとは思っていませんでしたが、4000円程度まではある、と思って2000円強からご紹介しました。

 ご紹介のポイントは

1、タイルカーペットのリサイクルではオンリーワンであるということ、

2、まだ首都圏しか行ってないこと、世界展開も視野に入ること

3、オフィスのリフォーム業者から処理費用を受け取れること(原料仕入れの時点で売上が立つこと)

4、リサイクルした塩化ビニールの樹脂販売では石油由来に対し圧倒的な価格競争力を持つこと(原油・ナフサ価格などに振り回されないこと)

5、タイルカーペットの表面のナイロン樹脂もリサイクルも今後行うこと

6、3・4・5のポイントから同社は将来的にトリプルインカムが実現すること。

7、オフィス移転需要があればタイルカーペットの廃棄・リサイクルが行われ、景気後退場面でもオフィスの縮小移転があるため景気に左右されないこと。

などが挙げられます。

 これらのポイントも、個人の投資家にわかりやすいことかと言えばわかりにくい話だと思います。

 つまりはわからないものほど株価は安い分、低迷し、リファインバースの場合は上場後公募価格スレスレであったわけで、AIやIoTといったマジックワードのテーマに乗るような、誰もがわかりやすい、という銘柄なわけではなかったわけです。

 株式王道会の使命は難しいことをわかりやすく説明することであり、その説明をもって、「人に言われたから買う」とか「勧められたから買う」といったような理由で株を買うのではなく、ご自身の判断で良いと思って買えるようにすることであります。

 プレミアムサイトのレポートを読み続けることによって、ご自身で銘柄を見つけることができる、つまり投資力がつくようになっていくことと思います。

 資産も飛躍的に増え、投資脳も飛躍的に高めるできるのが株式王道会、と言っていただけるようこれからも努力して参ります。

株式王道会 主宰

2016-10-19 (水)

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2016/10/19(水)相場雑感コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。