株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

【6016】神戸発動機は仕手株か?
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

2016-11-21 (月)

【6016】神戸発動機は仕手株か?

 為替が依然としてドル高基調であることを背景として、全般的に強い地合いで大引けを迎えました。

 非常に良好な相場だと言えるのは、プレミアムサイトでご紹介している銘柄が日々代わる代わる上昇・小幅調整を繰り返している点です。

 株式市場全体が底上げしている状況になると往々にして起こり得ることで、このブログでもまたプレミアムサイトでも何度も予告をしてきました。

 それが現実となっていますが、その中でもやはり材料性が高い銘柄は買いが集まりやすく、ご紹介している銘柄の多くも強い上昇・戻りが出ています。

 日曜日にブログを更新した際にも申し上げたのですが、直近でご紹介し、既に卒業した【6016】神戸発動機が今日大幅に切り返し、高いところでは前日比+38%、終値でも+25%超、全市場の上昇率ランキングでは3位となりました。

 一部で仕手化した、というような話を市場関係者からも聞かれたのですが、「仕手化」というのとは少しニュアンスが異なるというか、定義としては間違っているように思います。

 仕手株とはある特定の投資家集団が何の根拠もなく買い上げたり、また株価操縦を行うような銘柄を仕手株、と言います。

 つまりは材料や将来性はともかくとして、株価が吊り上がっているとそれをもてはやして買う人や空売りをする人を呼び込んで大相場を作っていくようなものです。

 ここでのポイントは材料・将来性がないのに株価が上がる、ということですが株式市場に上場している以上、規模はともかくモノ・サービスを売って売り上げを出していることからすれば何かしらの材料や将来性は全くないということはないとは思っています。

 だとするならば仕手株そのものは存在しないということにはなるのですが、やはり異常に期待値を膨らませて株価上昇を目論むことは往々にして存在します。それを「仕手株」と定義するのであればまた仕手株は存在するということになります。

 結局は株が上がるか下がるかの予想をどれだけ正確にできるか、また材料性の高さをどうモノサシで測っていくかということだけであり、そのポテンシャルが大きいと判断されれば、バリュエーションという垣根を大きく飛び越えて「大化け」という現象が起こります。

 その時に、何故上がっているのかわからない投資家は「仕手株」と呼ぶことになり、その噂・話が独り歩きして「仕手株」扱いをされてしまうという結果を招くのであろうと私は考えています。

 かつての仕手株、往年の仕手株と言われていたような銘柄群は実際には中身が伴っていなかった、とも言えるのですが、それほど中身が全くないというわけでもなく、空売り残が多いという需給状況を突いた取り上げ方をした点は多少ではありますが一定の根拠があったようにも思います。

 では、【6016】神戸発動機は仕手株か、といえばそんなことはなく、先々週に発表した材料自体が時間をかけて咀嚼され、株式市場で評価されたという結論に尽きます。

 あとは東証1部でも【6218】エンシュウが大幅高となったり、また東証2部の低位株も動きが活発化してきたことなど、株式市場全体の環境変化もあったことと思います。

 何故上がっているかよくわからない銘柄、あるいは上げるはずがないと強く思っている銘柄のことを投資家は「仕手株」と呼びたがるだけで、もっと細かく調べたりまたさらに注意深く材料を精査すれば、銘柄に対する別の視点が見つかり評価も変わるかもしれません。

 株式市場では「仕手株」と揶揄されても、実は上昇する揺るぎない根拠があった、と後になって言われるような銘柄を数多くご紹介して参りたいと思っています。

株式王道会 主宰

2016-11-21 (月)

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2016/11/21(月)相場雑感コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。