株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

12/10 11:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

石炭価格は下がるのか(資源関連銘柄の解説)
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

2016-12-09 (金)

石炭価格は下がるのか(資源関連銘柄の解説)

 日経平均は一時19000円越え、またマザーズ指数も久しぶりの大幅な上昇となりました。

 ただし「全面高」というほどのものでもなく、マザーズ指数も【4565】そーせいの上昇が寄与したり、日経平均も前日の【9984】ソフトバンクほどではないにせよ、【9983】ファーストリテイリングなど指数寄与度の高い銘柄の上昇が寄与した面もありました。

 とはいえ、マザーズの構成銘柄がしっかりとしたことは非常に好感ができる動きであり、来週以降に年末要因での売りをこなしつつ上昇をする期待を持つことができたと言えます。

 さて、株式王道会では2017年の株式市場のテーマとして「資源が大幅に上昇する」という見立てをしていると、数日前のブログで書きました。

 参考記事→2017年の株式テーマ その1 「資源バブルがやってくる」

 資源バブルがやってくると言えるかどうか、その検証をするために各資源価格をチェックしたり日経新聞の資源価格に関する話題をチェックしていく必要があるのですが、今朝の日経新聞朝刊の9面(国際欄)に面白い記事がありましたのでご紹介します。

 「中国 石炭増産へ 長期売買契約で価格抑制 政府主導」というタイトルです。

 日経新聞をご購読されている方は記事を直接記事をお読みいただければ良いのですが、記事内容を簡単にまとめると以下の通りです。

1、中国の石炭大手と電力大手が燃料用石炭の長期売買契約を結んだ。期間は1年以上で市場価格よりも1割安いトン当たり535元。総計5億トン超で中国の年間需要の15%。

2、理由はこれまで政府が石炭の生産能力削減目標を掲げ、それを達成したがそのせいで石炭価格が急激に上昇した(11月初旬に607元がピーク、7月は400元ほどとこの数か月で5割上昇)。

3、増産にカジを切ったことや長期売買契約価格が市場価格より1割安い水準のため、直近で598元まで下落した。

 これを読んで何を感じるか、ということをまず皆様にお聞きします。

 もはやこれで石炭価格は下がると感じたでしょうか。

 読んで私が出した答えは「石炭価格は下がらない」です。

 7月につけた400元から一気に607元までほんの4か月余りで一気に5割も上昇し、その価格のわずか1割安い値段で1年以上もの長期的な契約を政府が結ばせた、ということは少なくともこの長期供給契約価格535元をこの1年間は割り込むことはまず考えられないと見るべきです。

 535元の価格がいわば下支えとなるわけであり、上値は需給バランスで供給を更に絞った場合には上昇する可能性がありますが、下値には非常に大きな抵抗ラインができた、と判断できます。

 もしも民間同士での長期売買契約であれば市況価格に左右されるために下落する可能性が需給バランスによって生じます。

 しかしながら石炭の中国国内価格は政府が主体となって生産量を削減するなどして需給バランスの調整を行っていること、また世界で最も石炭を利用する中国の動向によって世界の石炭価格も決定します。

 以上から考えてこの記事を読んだ時に、「石炭価格がこれ以上下がらないということについて、中国政府からお墨付きをもらった」と考えるべきではないでしょうか。

 中国政府はゆくゆくさらに中国国内の石炭生産量を絞るとしています。今年の春からあふれ出る石炭生産の蛇口を少し締めただけなのに、大幅に価格が上昇しました。

 それを考えればさらに蛇口を締めたら、値上がりが顕著になるのではないか、という予測もできます。資源価格が値上がればまた海運市況も上昇する、その相乗効果もまだまだ続く可能性もあります。

 勿論これだけが資源価格上昇の要因ではありませんが、日々のニュースフローを読み解くとき、客観的な事象のみを抽出し、先を読むのは自らの考えで行わなければならないという典型的な例としておけば良いと思います。

 石炭の輸入や販売を行う上場企業としては以下のような企業があります。投資の参考として見ていただければ幸いです。

 これ以外の企業で、最も上昇する期待が持てる銘柄を邪道銘柄としてプレミアムサイトでご紹介をしていますのでご興味があればご入会を検討していただければと思う次第です。

 【8058】 三菱商事

 【1518】 三井松島産業

 【1514】 住石HD

 【9675】 常磐興産

 【8835】 太平洋興発



株式王道会 主宰

2016-12-09 (金)

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2016/12/09(金)2017年のテーマコメント

12/10 11:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。