株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

2017年の株式テーマ その3 過去のバブル相場とIoT勃興
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

2017-01-05 (木)

2017年の株式テーマ その3 過去のバブル相場とIoT勃興

 今朝の株価材料ピックアップに円高には警戒を、と書いてはいたのですが、実際に取引時間中に円高が進み、引け後116円台前半だったところから16時現在では115円70銭台まで円高が進んでいます。

 目先的な調整であり、円高が進むことによってこれまでそれほど押さなかった主力大型株に良い押し目をもたらし、その一方で中小型株や新興株へ物色の矛先が向かってくるものと考えています。

 こうした動きを反映した面もあって、今日もマザーズ指数は大幅続伸、26ポイント高の981ポイントで取引を終えているところにも表れているのではないかと思うところです。

 ただこの動きに拍車をかけている理由というのがあると言えるのではないかと考えています。

 それがテーマ株物色が世界的に起こっているということであります。

 その中核にいるのが米国のNVIDIA(エヌビディア)であり、昨年初から株価は3.6倍上昇した自動運転・AI関連銘柄として注目を集めている点にあります。

 そもそもAI、IoT、自動運転といったテーマはITの技術を派生させたものであるがために、その関連企業はマザーズに集中している、それが目下のところ見直されてきているといった流れであると言えるのではないでしょうか。

 NVIDIA(エヌビディア)の自動運転やAI、またソフトバンクが買収したARMのIoTなどこれから世界を変えていくような世界のトップ企業が時代の先を見据えて買われている、という事実自体が、小さなマザーズ市場でも正当なバリュエーション、すなわち妥当なPERというような垣根を飛び越えて買われる可能性が出てくるかもしれません。

 それはITバブル時にも起こっていたことでした。恐らくその当時を知らない方には想像がつかないほどの水準までIT関連銘柄は買われていました。

 情報・通信セクターという業種であればまず無尽蔵に買い上げられました。

 そして更に驚くべきは時価総額が200億円を越えれば、当時はIT関連銘柄の組み入れを中心とするファンドが買うことができる水準に達する(時価総額が低すぎると買えない)ため、あえて時価総額200億円を突破するまで買い上げるということもありました。

 200億を越えればファンドの組入れが行われるため、時価総額が200億円突破した時が実は相場のスタートで更に上昇していく、といったことがいわば「当たり前」でありました。

 IoTなどは今すでに、「第4次産業革命」と言われています。世の中を変えるイノベーションであるという証であり、これが本当に現実に向かって動き始めるとなれば、ITバブルに似たような相場展開も視野に入ってくるかもしれません。

 IoTと名の付くものは全て買い上げられる、それに付随するAI、また自動運転も含めて相互に関連性が深いものですから、ありとあらゆる銘柄が注目銘柄として変わっていく可能性もある、と見ておいた方が良いでしょう。

 株式相場というのは夢を見るものだと思います。それは平成バブルしかり、そしてITバブルしかり、どちらにしても大風呂敷を広げるということも時には必要であるでしょう。

 それは株式投資の成功を夢見て足を踏み入れた多くの人が忘れてしまっていることです。

 経験を積めば積むほど現実を直視し、そして忘れていくのでしょう。

 しかしこのような「大風呂敷を広げること」や「夢を見ること」は常に心のどこかに必ず置いておくべきです。

 絶対にバブルが到来する、と言い切っているわけではありませんしそう思う必要もありません。

 バブルが到来するかもしれないと思っておくだけがベストです。決めてかからず、「かもしれない」と思っておくだけで、驚くほど上昇した時にも柔軟に対応できます。

 株式王道会では夢を見ることを忘れず、これからも株式相場の最前線に居ながら最も美しく輝くダイヤの原石を探し続けて参ります。

株式王道会 主宰

2017-01-05 (木)

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2017/01/05(木)2017年のテーマコメント

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。