株式王道会FAQ(よくある質問)
初めての訪問者様用
株式王道会とは?
無料メルマガ会員様用
メールが届きません
プレミアム会員様用
プレミアム会員様からのご質問
株式王道会無料メルマガ登録
ご登録はこちらから↓

登録 解除

メールが届かない場合はこちらをご確認ください
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
株式王道会メイン掲示板
プレミアム会員限定掲示板
IDとパスワードが必要です!
株式王道会交流掲示板
プレミアム会員限定交流掲示板
IDとパスワードが必要です!
Twitter


ツイッターも好評配信中!フォローお願いします!

検索フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



--/--/--(--)スポンサー広告コメント

01/09 20:10

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

2017年のテーマ番外編 「大きなテーマが細分化されていく」
皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!⇒⇒⇒ 株式 ブログランキングへ

2016-01-09 (月)

2017年のテーマ番外編 「大きなテーマが細分化されていく」

下記のブログ記事は2016年1月3日に株式王道会無料メルマガ会員様向けに配信されたものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 いつも株式王道会無料メルマガをご購読いただきありがとうございます。 

 いよいよ明日から2017年相場入り、今年はトランプ相場への期待による買いが現実のものとなるかが大きな分かれ目になりそうです。

 年明けの相場は、米国で今後巻き起こる減税に期待をして、年末にはあまり売りを出さなかったという観測もあって、その分の売りが出てくる可能性があります。また、トランプ大統領の就任が1月20日であり、そこで期待感がなくなり出尽くしとなって下がる、といったような見方も出てきています。

 しかしながらそういった懸念が膨らんで事前に売っておくといったような動きがあればあるほど実は逆にイベントを通過した後に値を戻すということも期待ができるのではないかと考えています。

 これは市場心理利用した、アルゴリズムの取引などが非常に活発化している面もあると考えられます。

 昨年6月の英国国民投票後の動き、そして11月の米国大統領選挙後の動き、これらは瞬間的に誰もがその方向に向かうと思った心理に便乗して売りが浴びせられ、その後一気に買戻しに入ったという動きとなったのは読者の皆様も深く記憶されていることと思います。

 心理的に懸念、不透明、そして下がる、というような見立てが市場に蔓延している時こそ逆の方向に向かうというような形が今後も多く出てくるとするならば、やはり皆が思っているようなこととは逆の発想で対応しなければならない面がある、ということを考えておいた方が良いことでしょう。

 それはまた、日々のブログで相場観をお示ししながら、どのように立ち回れば良いかを綴って参りたいと思います。

 さて、本日は従前から申し上げていたように、2017年のテーマについてお話を致します。

 テーマ株、というのは2017年に新たなものが生まれる可能性は大いにあります。生まれる兆しというのは特に今はないのですが、また何かの「きっかけ」が生み出すものであり、生み出されたテーマを他の投資家よりも先に関連銘柄を拾い上げ、積極的に投資を行うというのが最も効率的です。

 テーマの「芽」というものをいち早く摘んでいく取り組みは株式王道会の得意な分野であります。常に株式相場のみならず様々なニュースフローに目を配りながら、大きなテーマ株の発掘をして参りたいと考えています。

 今回特に取り上げたいテーマというのは、特別これ、といったものではなく、これまで取り上げられたテーマが細分化されていくということをテーマとして挙げたいと思います。

 特に私自身が有望であると思っているテーマは「人工知能(AI)」、「フィンテック」、「IoT」です。

 フィンテックに関しては、先日のブログでも取り上げたので以下の記事をご参照ください。

 「2017年の株式テーマ その2 『フィンテックの細分化』」

 このフィンテックの記事にも大きくリンクするのですが、AI・フィンテック・IoTというのはそれぞれが複雑に絡み合い、それほど大きな垣根がないというのがまず特徴として挙げられます。また「自動運転」というテーマも同様に上記3つのテーマと関係が深いものと思っています。

 しかもこれらは一昨年頃から株式市場でもテーマとして取り上げられており、そのたびに相場を形成してきたのは読者の皆様もお分かりいただけるものと思います。

 しかし実際、どのテーマも雲を掴むような話であって、我々の身近なモノ・サービスとして成り立っているとは言えません。

 より身近なものとして実感していくのが2017年からである、と思っています。実際にAI・フィンテック・IoTを元にしたサービスなどが次々と開始し、その反響が出てくることで、売上・利益を実際に得ていく企業が次々と現れるというのが私の見立てです。

 そして各々のテーマがより具体的になっていくことでテーマの細分化が起こってきます。

 例えばフィンテックに関して言えばビットコイン、ブロックチェーン、フィンテックに特化したAIなどへと派生をしてきています。

 さらにそれがよりはっきりとした形で細分化されていき、加えて新たなフィンテックに絡んだサービスも2017年に開始されていくものと思います。

 その1つとして大きなテーマと思っているのが、「小口投資、少額投資」です。

 お金の在り方を変える企業が大きく化けるということを先日のブログでも取り上げたわけですが、中でも「小口投資、小額投資」というキーワードは頭の中に入れておいて良いでしょう。

 これは1つの投資のヒントであり、ご自身で是非探してみてください。

 まだ精査の途中の段階であるので注目銘柄としてご紹介するのは多少先にはなるかもしれませんが、近い将来にプレミアムサイトでご紹介できるかと思います。

 以上のようにテーマ株の中で、優良な銘柄を見つけていく場合には単にIoT関連とかAI関連とか、といったような漠然としたくくりではなく、さらに細分化させたうえでより伸びていくテーマに絞り込んで銘柄の分析をしていくべき時が来たと言えます。

 株式王道会では「テーマの細分化」を今年の最も大きなテーマの1つとして、さらに一歩踏み込んだ分析を行った上で、プレミアムサイトで注目銘柄を取り上げて参りたいと考えています。

 残りのテーマ、AI、IoTについてもまた追って無料メルマガやブログにて取り上げて参りたいと思いますので楽しみにお待ちください。

 読者の皆様の株式投資における真の成功を心よりお祈り致しております。

 本年も株式王道会をよろしくお願い致します。

株式王道会 主宰

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


2016-01-09 (月)

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。株式王道会の記事が少しでもお役にたったという方は下の株式人気ブログランキングのバナーのクリックをお願いします!



株式 ブログランキングへ
関連記事

プレミアム会員限定掲示板IDとパスワードが必要です!
⇓⇓⇓⇓⇓



2017/01/09(月)2017年のテーマコメント

01/09 20:10

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。